営業を「学問」として体系的に学ぶ

MENU

営業のビジネスマナー 記事一覧

営業,基本,マナー,コツ,お客様,

営業マンが身だしなみを考えるとき、必ず守らなければいけないマナーがあります。それは、自分が着たいと思う服装ではなく、お客様に好まれる身だしなみを選ぶというルールです。例えば、個性を主張しようと、派手な柄のネクタイをする人がいます。ただ、営業職であればこれはやってはいけません。お客様によっては嫌味に感じる人をいるからです。あなたの趣味嗜好ではなく、「お客様に好感を持たれる服装」という観点で身だしなみ...

営業,基本,マナー,コツ,お客様,

社会人の服装で重要なことは、TPOに合わせることです。とくに女性の場合は、スーツ1着で事が足りる男性と違ってスーツに多様性があります。だからといって、女性の身だしなみにファッション性が求められている訳ではありません。ビジネスに相応しい、清潔感と信頼感がある服装を心がける必要があります。さらに、営業職であれば男性のスーツと同様に、「お客様にどのように見られるか」という視点も重要になります。そこで、こ...

営業,基本,マナー,コツ,お客様,

営業職の身だしなみで毎朝、気を使わなければいけないのでワイシャツです。シャツの雰囲気によって、その営業マンの印象は大きく左右されます。もちろん、汚れやシワがなく清潔な状態で着こなすのが基本です。そして、ビジネスに適した良質なシャツを選ぶことで、営業職としての信頼感を演出することができます。ここでは、ワイシャツを選ぶときのポイントについて解説していきます。営業職にとってのワイシャツ最初に認識して欲し...

hair

営業職の身だしなみの中でも、お客様に与える影響が大きいのが髪型・ヘアスタイルです。営業マンの表情や雰囲気は、ヘアスタイルによって大きく変わるからです。とくに女性はヘアスタイルによって、顔の印象が大きく左右されます。また、男性は短めの髪型が好ましいですが、それだけに乱れていると非常に目立つものです。いずれも、お客様に不快を与えない清潔で信頼感のあるヘアスタイルが基本です。ここでは、営業職(男性・女性...

営業,基本,マナー,コツ,お客様,

身だしなみを整えるのは、ビジネスマナーの基本です。その季節にあった、社会人に相応しい着こなしが必要です。そして、夏の暑い時期に、社会人の服装として推奨されるのが「クールビズ」です。クールビズとは、冷房による電気エネルギーを節約することを目的に、ネクタイや上着(ジャケット)を着用せずに働くことです。それでは、営業職はこのクールビズをどのように受けとめれば良いのでしょうか。ここでは、営業活動に最適な夏...

営業学

営業職の身だしなみで男性が一番気を使うのがネクタイです。ネクタイの結び目やスーツとのコディネートは、その営業マンの印象を大きく左右します。ネクタイは清潔感があり、お客様に信頼感を与える外見を演出するのが営業職の基本です。そのためには、ネクタイの選び方と結び方の基本を理解しておく必要があります。そこで、ここでは営業マンが必ず覚えるべきネクタイの選び方と結び方の基本について解説していきます。営業職のネ...

営業職の持ち物で最もコストをかけたいのがビジネスバッグです。外出することが多い営業マンが、常に持ち歩くアイテムだからです。また、お客様に見られる物でもあり、スーツや身だしなみと同様に清潔で信頼感を損ねないバックを選ばなければいけません。だからといって、高級なビジネスバッグを購入する必要はありません。しっかりとポイントを抑えて、営業職に相応しい鞄を選べば良いのです。そこで、ここでは営業職がビジネスバ...

営業職が持ち歩くアイテムのなかで、多少の個性を演出できるのが腕時計や手帳、そして名刺入れです。スーツやビジネスバッグと違って、そのバリエーションが多く、ファッション性も豊かだからです。もちろん、ビジネスシーンに相応しい物を選ばなければいけませんが、その中でオシャレを楽しむことができます。例えば、自分が好きなブランドで手帳や名刺入れを揃えてみます。ビジネスアイテムがお気に入りの物だと、自然と仕事に対...

営業マンは常に外出している仕事です。そのため、外出先でも必要になるアイテムは持ち歩かなければなりません。例えば、携帯の充電器や予備の名刺などです。そして、ビジネスマナーとして常備しておきたいのが、折り畳み傘や制汗剤、そして歯ブラシです。ここでは、営業活動をスムーズに進めるために必要となる3つのビジネスアイテムについて話をしていきます。営業職の持ち物・アイテム小物1、 折り畳み傘外回りの多い営業マン...

営業学

一流のビジネスマンは、相手の靴を見てその人を判断すると言われています。事実、多くの経営者はスーツや時計よりも、最初にどのような靴を履いているかを確認するといいます。これは、靴そのものを見ているわけではありません。靴の手入れができているかを確認しているのです。なぜなら、ビジネスシューズの手入というのは、とても面倒です。その面倒な作業がしっかりとできている人であれば、ビジネスもキチンとこなす人だろうと...

営業マンの「見た目」はとても大切です。なぜなら、外見がお客様に与える影響は大きいからです。例えば、清潔なワイシャツにネクタイという服装は、お客様に安心感を与えます。身なりのきちんとした営業マンと、服装に乱れのある営業マンでは、どちらが数字を残せるかは明白です。そこで、ここでは営業マンに必要とされる外見に対する心構えについて解説します。商談前のちょっとした対策でお客様に好印象を与える私がIT業界で法...

営業学

営業マンにとって名刺交換は、お客様と初めて接点を持つことになる重要な行為です。ビジネスマナーを踏まえた対応をすることで、初対面で好印象を与えることができます。しかし、一方でマナーに反した作法よってお客様に不快感を与えてしまうと、今後の営業に大きく影響します。基本的なビジネスマナーができない営業マンと、積極的に取引を行いたいと考えるお客様はいません。つまり、営業マンにとって名刺交換は、営業活動の成果...

名刺交換におけるマナーは、営業マンにとって重要です。お客様と交わす最初のコミュニケーションであり、営業マンに対する第一印象を決める要素になるからです。しかし、営業マンであれば、マナーどおりに名刺を交換するだけでは物足りません。その後の商談を有利に進めていくためには、初対面で確認をしなければならない事項も存在するからです。その中でも重要な項目が、苗字の正確な読み方を確認することです。名前の読み方を確...

お客様との面談で、複数人の担当者とお会いすることがあります。このとき、お互いが初対面であれば、何人もの方と名刺交換を行うことになります。とくに法人営業であれば、珍しいことではありません。そして、複数のお客様と名刺交換をしたとき、顔と名前を一度に覚えるのは簡単ではありません。しかし、次に会ったときにお客様の名前を覚えていないのは非常に失礼です。自分の名前を覚えていない営業マンを、お客様が信用するはず...

営業活動で商談を行っていると、複数のお客様と名刺交換を行うことがあります。特に法人営業であれば、企業の担当者が何名も打ち合わせに顔を出すことがあります。ただ、複数の担当者と名刺を交換したとき、その場で顔と名前を覚えるのは難しいです。さらに、役職などの上下関係を一度に把握することは簡単ではありません。しかし、これらの基本事項を頭に入れておかないと、提案を進めていくことは出来ません。そこで、数のお客様...

社会人として仕事をするとき、マナーを守ることは大切です。上司や同僚への挨拶や言葉使いなど、組織で働くうえでは欠かせない要素です。もちろん、営業職も例外ではありません。お客様と直接、顔を合わせることが多い営業マンにとってビジネスマナーは必須です。名刺交換や電話のかけ方など、お客様に好印象を持ってもらうためにも正しいマナーを身につけておかなければいけません。そして、お客様と一緒にエレベーターに乗るとき...

お客様先に商談で訪問したとき、その振る舞いはとても大切です。営業マンは会社の代表として訪れているからです。あなたの言動が、そのまま会社としての評価に繋がると認識してください。そして、訪問先での失礼をなくすには、社会人としての礼儀作法を身につける必要があります。そのため、正しいマナーを学ぶことを営業マンは怠ってはいけません。そこで、ここではお客様先に訪問したときに、営業マンが守らなければいけないビジ...

お客様先に訪問して打ち合わせを行うとき、お茶やコーヒーなどを出していただくことがあります。この飲み物に対する対応の仕方にも、営業マンは十分に気を使う必要があります。なぜなら、お客様はあなたの対応をしっかりと見ているからです。そこで、商談でお客様に飲み物を出されたときに、営業マンが守るべき「3つの気遣い」について解説していきます。1、心を込めてお礼を言う持ってきてくれた人に顔を向けて、ハッキリとお礼...

営業職として仕事をしている間は、お客様と常に連絡を取れる状態が望ましいです。いつでもコンタクトが取れることで、お客様の信頼にも繋がります。ただ、自分が仕事を休んでいるときは、当然お客様は連絡を取ることはできません。そのため、長期に渡って休みに入るときは、事前案内や代理の営業をつけるなどの対策を取らなければいけません。これは、営業職のみならず、お客様に対してのビジネスマナーだと考えてください。そこで...

現在ではネットが普及して、ほとんどの企業が自社のホームページを持つようになりました。また、SNSを使って広報活動を行う企業も少なくなりありません。さらに、営業マンであればSNSを使ってお客様と連絡を取ることもあるでしょう。しかし、便利である反面、使い方には十分に注意しなければいけません。あなたの一つの投稿で、会社としての信用を失ってしまうこともあるのです。そこで、ここでは営業がSNSを利用するとき...

ビジネス会話というと、多くの人は敬語をイメージします。しかし、必要なマナーは敬語だけではありません。お客様の話を聞くときの姿勢や、話の進め方にもビジネスマナーは存在します。そして、ビジネス会話のマナーを守ることで、商談におけるお客様の反応は良くなります。そのため、営業マンは聞き方や話し方の基本マナーを身につけなければいけません。そこで、ここでは営業マンが必ず身につけるべきビジネス会話の基本を解説し...

多くの営業マンは、お客様と顔をあわせているときだけ気を使います。しかし、そのときだけ態度を取りつくろっても、その営業マンの人間性は簡単に見抜かれてしまいます。それは、態度や姿勢、服装などから感じ取っているからです。この中でも、最も顕著であるのが「言葉遣い」です。敬語の使い方を理解する例えば、オフィスでの「今日こそ契約を取ってくる」という言葉です。営業マンであれば、日常的に使う表現です。しかし、営業...

お客様に商品を薦める立場の営業マンにとって、正しい敬語を使いこなすことは大切です。どれほど優れた製品でも言葉使いが間違っていれば、お客様の信頼を得ることはできません。そして、間違えた敬語で会話を続けられると、お客様は不快感を抱きます。特に年輩の方は、若者の言葉使いが非常に気になる傾向があります。正しい敬語を使うことは、営業マンにとって必須となるビジネスマナーです。そして、普段から正しい敬語を使うこ...

多くの営業マンは正しい敬語を使えていません。使い方や言い回しが間違っているために、話が伝わりにくくなることがあります。正しい敬語は、営業マンの会話の基本です。そして、言葉はコミュニケーションにおいて重要な役割を担っています。正しい言葉使いをすることは、お客様との信頼関係を構築するうえでも重要です。ここでは、営業マンに必要な正しい敬語の使い方について話をしていきます。敬語の基本を理解する敬語とは相手...

営業マンにとって、正しい敬語を身につけることは必須です。敬語というビジネスマナーの基礎ができない営業マンが、お客様から信頼されるはずはありません。そして、敬語と同様に営業マンが身につけたいのが「クッション言葉」です。クッション言葉とは、相手に依頼を行うときや断りを入れるときに添える言葉です。ここでは、お客様との会話をスムーズにするクッション言葉について学んでいきます。クッション言葉の基本を学ぶクッ...

お客様と会話を行うときは、尊敬語や丁寧語に注意しなければいけません。正しい敬語を使うことでお客様に好印象を与えることができます。そして、会話で好印象を与えるのに役に立つのが「美化語」です。美化語とは、お客様に対する敬意ではなく、表現を美しくするために使われる敬語です。美化語には「お」「ご」をつけたものや、言葉自体を言い換える表現があります。具体的な例が以下になります。・「お」をつけた美化語の例通常...

お客様と会話をするときに、営業マンが敬語を意識するのは当たり前です。しかし、社内や就業後というように、お客様と顔を合わせないときでもビジネスマナーを守らなければいけません。マナーというのは習慣です。そのため、お客様の前にいるときだけ守ろうとしても、マナーを徹底することはできないのです。常日頃から、社会人としての常識を意識して仕事に取り組むことが求められます。ここでは、事務所や社外にいるときに営業マ...

ビジネス会話のマナーというと、多くの人は「敬語」を真っ先に思い浮かべるでしょう。正しい尊敬語や丁寧語を使いこなすことは、社会人としての常識です。しかし、正しい言葉使いを身につけるだけでは十分ではありません。会話をしているときの表情や態度・姿勢にも守らなければいけないビジネスマナーは存在します。そこで、ここではビジネス会話における言葉以外のマナーについて解説していきます。態度で示す会話のビジネスマナ...

お客様と電話で話をするときは、営業マンは十分にマナーに気を配らなければいけません。なぜなら、電話では相手の状況が見えないために、細かな配慮が必要になるからです。電話応対のマナーは、営業マンにとって必須となるスキルです。しかし、多くの営業マンは、この電話応対のマナーについて無関心です。そこで、ここでは「電話をかけるとき」「電話を受けるとき」のビジネスマナーについてそれぞれ解説していきます。電話をかけ...

営業活動をしていると、至急でお客様に連絡をしなければならないときがあります。このような場合、お客様が所有している携帯電話に直接かけることが最も確実です。現在では社員ひとりに一台の携帯電話、もしくは直通の外線番号を持っています。通信インフラの発達によって、非常に便利な世の中になりました。ただ、便利になったからといっても、もちろんマナーは存在します。とくに電話は相手の状況が見えないため、かけるときには...

新卒として入社すると、ビジネスにおける基本的なマナーを研修で教わります。例えば、名刺交換やメールの書き方などの基本動作です。お客様からの電話を受けることがある業務であれば、言葉使いや取り次ぎのやり方なども学びます。しかし、自分自身ではなく、周囲にいる同僚が電話を受けているときのマナーを教える企業は少ないです。世の中にはビジネスマナーを専門にしている研修講師もいますが、これを教えている人はほとんどい...

お客様との打ち合わせにおいて、守らなければいけいビジネスマナーは多いです。その中でも営業マンが特に気をつけたいのが携帯電話です。もちろん、商談を行なっている最中に、着信音を鳴らしてしまうのは絶対にNGです。なぜなら、目の前のお客様は、あなたと商談を行うために時間を割いているのです。その時間を、営業マンが自ら邪魔をしていることになるからです。携帯電話は便利なツールである反面、使い方には社会人としての...

営業活動において、お客様に緊急で連絡を取らなければいけないときがあります。例えば、サービスの障害やトラブル対応などのケースです。このような緊急時には、お客様と電話で直接話をすることが望ましいです。しかし、移動で電車や車の中にいる場合、電話をかけることができない場合もあります。このようなとき、自分の携帯電話やスマートフォンから、お客様のパソコン用メール宛に連絡を入れます。緊急のときであれば、携帯から...

ここでは、ビジネスメールの基本について解説します。営業活動において、お客様とメールのやりとりを行うことは頻繁にあります。このとき、気づかずに失礼なメールを書いてしまうと、信頼関係に大きく影響します。そこで私がいつも注意しているポイントを以下の動画で解説しましたので確認ください。長文メールはルール違反である営業マンがメールを送るときには、「お客様は忙しい」という前提で考えることが大切です。従って、言...

見積もりや提案書のデータをメールに添付して、お客様に送ることはよくあります。このときに私が実行している、ある一つの習慣があります。それは、メール送信ボタンを押す前に、必ず添付ファイルを開いて中身を確認することです。この習慣によって、誤って別のファイルを送ることを未然に防ぐことができます。例えば、間違って別のお客様の機密情報が含まれたデータを送ってしまったら、情報漏洩に繋がります。このような事故が発...