営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

MENU

商品販売の成約率を高める正しいアプローチの手法を理解する

 

クロージングが苦手で悩む営業マンは多いです。ニーズのヒヤリングや商品説明などは順調に進むのですが、最後の一押しができないのです。

 

これは、クロージングを単独で考えていることに原因があります。多くの営業マンが、「お客様に強く勧めることができない」というように、決断をせまる部分だけで考えます。しかし、お客様から契約をいただくためには、そこに至るまでのアプローチが重要なのです。

 

成約に至るまでには必ず、「ペーシング」と「リーディング」の期間が必要です。営業マンは、この順序に従ってお客様にアプローチする必要があります。

 

ペーシング」というのは、お客様とペースを合わせることをいいます。お客様の話にしっかりと耳を傾けて、「何を望んでいるのか」を把握するのです。このペーシングの期間では、商談の主導権をお客様に渡すようにします。

 

リーディング」というのは、お客様をリードすることです。営業マンから解決策を提示して、問題解決に向けてお客様を引っ張っていくのです。このリーディングの期間では、商談の主導権を営業マンが握るようにします。

 

ここでは、商談に必要な正しいアプローチについて解説していきます。

 

お客様との距離を縮める

 

お客様に会ってすぐに商品を勧めても、お客様は買う気にはなれません。これは、製品やサービスに問題があるわけではなく、いきなりクロージングをしてきた営業マンを避けているのです。

 

例えば、生命保険の飛び込み営業です。全く面識がないセールスマンが自宅に来て、いきなり売り込みをされたら、あなたはどのように感じるでしょうか。多くの人が、「知らない相手からは怖くて物を買えない」と感じるはずです。

 

お客様は、信頼できない相手から物を買おうとは考えません。そのために、「ペーシング」が必要なのです。

 

ペーシングは、雑談によって相手との距離を縮めたり、本音を聞き出してお客様を理解したりする期間です。これにより、お客様との信頼関係が構築できるのです。つまり、ペーシングの期間があるから、リーディングに移ることができるのです。この割合は、8対2になります。

 

商品販売の成約率を高める正しいアプローチの手法を理解する

 

クロージングに悩む営業マンは、それを単独で考えている傾向があります。ただ、お客様に契約を促す前には、ペーシングによって関係性を構築する必要があるのです。このアプローチの流れに従って提案ができているか、日々の営業を振り返ってください。

 

Sponsored Link

 

お客様は決断できない

 

ペーシングによってお客様との信頼を築けても、それだけで契約が成立することはありません。商談の主導権を預けているだけでは、お客様は決断できないからです。そこで必要になるのがリーディングです。

 

例えば、英会話スクールの営業です。ペーシングによって、「海外で仕事をしたい」「TOEICで900点を目指している」というような、お客様の要望をヒヤリングしました。また、レッスンの内容も丁寧に説明をして、お客様は納得している様子です。

 

ただ、これだけでお客様は、英会話スクールに入会してくれません。なぜなら、お客様は買い物をする前に必ず迷いが生じるからです。例えば、次のような内容です。

 

「本当にこの英会話スクールで上達できるのだろうか」

 

「半年で18万円もするけれど、この価値があるのだろうか」

 

このように、お客様は決断をする前に必ず迷いが生まれます。そのため営業マンは、お客様の背中を押してあげる必要があるのです。いわゆる、クロージングです。例えば、次のような話し方です。

 

「迷って決断を先延ばしにしても何も変わらないですよ。本当に英語を勉強したいのであれば今すぐ始めましょう」

 

このように、決断できないお客様を後押ししてあげるのです。そうすることで、お客様は英会話スクールに入会することを決心できるのです。

 

「お客様に強く勧めることができない」というように、クロージングに苦手意識を持つ営業マンは多いです。ただ、クロージングを単独で考えてはいけません。お客様から契約をいただくためには、そこに至るまでのアプローチが重要なのです。

 

商談には必ず、「ペーシング」と「リーディング」の期間が必要です。このアプローチの流れを理解することで、クロージングの成約率を高めることができます。

 

関連サイトもチェック!
営業,セールス,基本,マナー,お客様,

 

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





 
Facebookもチェック

関連ページ

商談で「理想の結果」を導き出すイメージトレーニングの進め方
売れている営業マンの真似をするときに心がけるべきこと
エグゼクティブへのアプローチに必要な営業マンの正しい心構え
商品販売のスキルを高める効果的な「振り返り」のメソッド
営業マンが扱う製品はお客様の「感情を動かす手段」に過ぎない
商談の成約率を高める営業マンの戦略的目標設定のメソッド
販売の成果を最大限に高める営業マンの正しい時間の使い方
「間に合っています」と断るお客様を優良な見込み客へ変える方法
「ペルソナ」の作成によって営業利益を倍増させるメソッド
保険・不動産営業に必要な高額商品に対するマインドセット
「紹介営業」で数字を伸ばすために必要な営業マンのマインドセット
保険営業でモチベーションを保ち継続的に成果をあげる思考法
販売の成果を左右する営業マンに求められる「人間力」を理解する
値引きをするほど、営業予算を達成できなくなる本当の理由
スキルアップに必要不可欠な営業マンのモチベーション管理術
日常生活から営業のヒントを見つけだす具体的なメソッド
コミュニティを活用して営業マンに必要な人間力を高める方法
営業マンに求めらる「お客様目線」を身につけるための習慣
販売スキルの向上に求められる適切な営業セミナーの選び方
マーケットの切り替えに必要な営業マンの効果的な学習メソッド
あなたの「やる気」をコントロールする正しい目標設定の立て方
営業マンのスキルアップに必要な正しい営業セミナー受け方
販売スキルの向上に必要な営業マンのマインドセット
営業マンに必要とされるヒヤリングの基本項目を理解する
「営業に向いてない」と感じたときに必要なマインドセット