営業のビジネスマナー

営業は見た目で決まる:お客様の信頼を勝ち取る外見を整える技術

<営業学>” /></p>
<p>営業マンの「見た目」はとても大切です。なぜなら、外見がお客様に与える影響は大きいからです。例えば、清潔なワイシャツにネクタイという服装は、お客様に安心感を与えます。</p>
<p>身なりのきちんとした営業マンと、服装に乱れのある営業マンでは、どちらが数字を残せるかは明白です。</p>
<p>そこで、ここでは営業マンに必要とされる外見に対する心構えについて解説します。</p>
<h2 id=商談前のちょっとした対策でお客様に好印象を与える

私がIT業界で法人営業を行なっていたときの話です。私はアポイントの時間の15分前には、必ずお客様先に到着するようにしていました。それは、お手洗いに入り、鏡の前で身だしなみのチェックを行うためです。

例えば、「髪の毛は乱れていないか」「ネクタイが曲がっていないか」などを確認するのです。お客様とお会いする前に必ず実施する習慣としていました。

さらに、私が実施しているのが、肌のツヤをケアすることです。肌の質感が相手に与える影響は非常に大きいです。特に冬の季節は、肌が乾燥するものです。そして、カサカサの肌で顔を合わせると、貧弱で頼りないイメージを与えてしまいます。

もちろん、お客様は頼りない営業マンから物を買いたいとは思いません。

さらに、営業マンのイメージは、扱っている商品にも影響するものです。そのため、十分に対策を取らなければいけません。

私の場合は、商談の前に客先の御手洗で顔を洗うことにしています。これにより、肌にツヤを取り戻すことができます。さらに、乾燥がひどい時にはフェイスクリームを塗るようにしています。必要であればリップクリームも使用します。

このような対策も、商談の成果を左右する「営業スキル」であると私は考えています。

また、女性であれば商談前に鏡でメイクの確認をしましょう。朝しっかりとメイクをしても、時間が経てば乱れてしまうことがあります。特に食事の後は、リップメイクが落ちたりします。しっかりと、「お化粧直し」をしてから、商談に臨むようにしてください。

「顔を合わせる」というのは、言葉のとおり顔を見せあうことです。外見を整えることは、営業マンにとって最低限のビジネスマナーであることを理解してください。

髪の毛には寝ぐせがあり、目にくまがあるような寝不足の状態では、どんなにプレゼンが素晴らしくても成約には繋がりません。

営業マンにとって外見は、商談の成果を左右する重大な要因です。このことを理解して、日々の営業活動で対策を行うようにしてください。