営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

営業は準備できまる:多くの営業マンが実施していない質問ノート

 

商談は、準備で決まります。そのため、会社案内や製品パンフレットの準備、業界や競合他社の情報収集など、事前にやるべきことは数多くあります。これらを、どのレベルまで実施できたかで商談の成果が決まります。

 

私は、多くの営業マンが行っていない「準備」を実践しています。それは、お客様への質問事項をノートに整理しておくことです。ここでは、その方法と効果を説明します。

 

 やるべきことを確実に行う仕組み作り
ノートを整理する最大のメリットは、確認漏れを防ぐことにあります。いくら商談のポイントが分かっていても、確認することを忘れていては意味がありません。

 

例えば、仕事を進めている中で「そういえば、鈴木商事さんが事務所移転すると言っていたな。パソコンの追加購入や、複合機の入れ替えがあるかも知れない。次の打ち合わせのときに聞いてみよう」と思いつくことがあります。

 

しかし、実際の打ち合わせになると、ほとんどの営業マンがこれらを覚えていません。これは、記憶に頼ろうとするからです。人間は忘れる生き物です。だからこそ、メモに残しておく必要があるのです。

 

まず、打ち合わせが決まった時点で「鈴木商事 村上様 打ち合わせ」とタイトルをいれます。そして随時、頭に浮かんだ質問事項を書き残していきます。例えば、以下のようになります。

 

 <例>商談前に質問事項を整理しておく

営業は準備できまる:多くの営業マンが実施していない質問ノート

 

ポイントは、回答を書くスペースを作っておくことです。そして実際の商談で、ヒヤリングした結果をそこに埋め込んでいくのです。こうすることで、綺麗にノートをまとめることができます。

 

ちなみに、実際のヒヤリング結果を書き記した場合は以下のようになります。

 

 <例>回答スペースを埋めていく

営業は準備できまる:多くの営業マンが実施していない質問ノート

 

打ち合わせでは、丁寧に書き込んでいる時間もありません。そのため、全体が汚くなりがちです。すると見返したときに、何のことを書いたのか分からなくなります。しかし、事前に「質問ノート」を用意しておくと、見やすくて有用なメモになります。

 

さらに、確認するべきことが明確ですと、落ち着いて商談に臨むことができます。「商談で何の話をしようかな?」という不安がなくなるからです。平常心でいられるため、営業活動に集中することができます。

 

さらに、準備をしているとお客様から信用を勝ち取るテクニックを使うことができます。それは、質問を準備してきていることを、意図的に相手に気づかせるのです。

 

例えば、「それとですね……」と言いながら準備した質問を指さして、「オフィスを移転されると言っておりましたが、その際にパソコンを新しく購入する……」と話し始めるのです。

 

するとお客様は、「この営業は事前に確認事項をノートにまとめてきている。なかなか熱心な営業マンだ」とアピールすることができます。このような、「小さな売り込み」を行うことも営業には大切です。

 

営業マンにとって、お客様と直接顔を合わせる商談は最も重要です。確実に成果を残すために、できる準備を全て行う姿勢が、営業マンには求められます。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

御礼メールによって一日に二度、お客様と会う方法
営業マンのメールの基本:売り上げにつながる署名の設定方法
メールは文章よりも「箇条書き」にすることでお客様に伝わる
売れている営業マンほどメールを使わない理由
営業マンに必要な電話スキルとは:信頼を残す留守番電話メッセージ
未来の自分にメールを送る:確実に仕事をこなすタスク管理の手法
売り上げをあげる営業マンの時間の使い方
仕事と成長のスピードをあげてくれる最強の時間管理術
TO DO リストの活用法:一日の仕事を効率的に進める仕事術
売り上げを大きく左右する営業マンのタイムマネジメント
営業マンのタスク管理:優先順位をつけて生産性を高める
80対20の法則を営業活動に取り入れて効率をあげる方法
他人に流されない営業マンのタイムマネジメント
お客様から信頼される営業マンのスケジュールの立て方
営業マンが社内の無駄な会議から上手に抜け出す方法
マルチタスクは非効率:トップ営業マンに学ぶ生産性を高める仕事術
逆算思考で営業活動のスケジュールを効率化する方法
残業ゼロでも確実に営業予算を達成するトップセールスマンの仕事術
なぜ会社が導入した名刺管理の仕組みは営業マンに歓迎されないのか
数字に直結する、営業のメールテンプレートの活用法
仕事が速い営業マンの習慣:最大限の力を発揮できる環境作り
お客様や上司の期待に応える、営業マンの資料作成の進め方
提案書づくりの基本を理解する:お客様の心に響く提案資料の作り方
席次・席順のビジネスマナー:応接室の上座・下座を理解する
集中して仕事を行う、デキる営業マンのパソコン利用法
営業マンがお客様の「顔」と「名前」を確実に覚える3つのコツ
製品説明の基本:営業マンはお客様の未来を案内する
お客様が商品を購入する心理を理解する
営業マンの商談の基本:お金の話から逃げてはいけない

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ