営業を「学問」として体系的に学ぶ

営業マニュアルによってコミュニケーション・スキルを上げるコツ

 

経験の浅い新人営業マンは、お客様との会話がスムーズに運びません。それは、スキルではなく経験が浅いからです。ベテランの営業マンは、「お客様がこう言ってきたら、こう返すのが良い」というのを経験から学んでいます。そのため、会話がスムーズに進むのです。

 

実は、お客様のリアクションは、いくつかのパターンに限られています。

 

例えば、アポイントを打診したときに、「最近、忙しいので時間が取れません」という断り方が非常に多いです。また、見積を提示したときに、「ちょっと予算に合わないかも知れないですね」と金額が高いことを、遠回しに伝えるケースがよくあります。

 

そこで前もって、「こう言われたら、こう返す」という返答を、自分の中で定型化しておきます。それをノートに書き出しておいて、覚えこんでいきます。つまり、自分だけの「営業マニュアル」を作るのです。

 

私はこの独自のマニュアルによって、営業マンとして成長できたことを実感しています。そこで、ここでは営業マニュアルの作り方とその効果について解説します。

 

 営業マニュアルの作り方
お客様とのコミュニケーションおいて「このパターンは良くある」と感じたら、そのやりとりをノートに書き留めておくようにします。

 

例えば、新規顧客へのアポイントを取るときに非常に多いのが、「いま別の業者さんから購入しているので結構です」とい返事です。これに対して、自分がどう返すと、お客様はどう反応することが多いかを書き残しておきます。

 

例えば、「そうですか、今お付き合いの業者さんがいらっしゃるのですね。そこの業者さんでなければいけない理由がおありなのでしょうか?」と聞いてみます。すると、「いえ、特別な事情がある訳ではないんですが……」と業者を限定する理由のないケースがほとんどです。

 

そこで、「よろしければ弊社が扱う製品と一度比較をしていただけませんでしょうか。価格比較の対象でも構いませんので、ご提案の機会を頂きたいと思っております」と続けます。

 

すると、「じゃあ、話しだけでも聞いてみたいと思います」とアポイントを取ることができるはずです。実は、「別の業者がいるから」というのは単なる断り文句だったのです。

 

また、業者を変えることができない場合には、「資本提携先の業者であるから」「社長同士が古くからの知り合いなので」といった事情が多くありました。

 

このような、一連の問答をマニュアルとして書き溜めていくのです。

 

<例>営業マニュアル

営業マニュアルによってコミュニケーション・スキルを上げるコツ

 

 営業マニュアルを随時アップデートさせていく
この営業マニュアルがあることで、余裕を持ってお客様と接することができます。「答えが準備されている」という安心感が生まれるからです。

 

さらに、マニュアルは信頼関係を築くのにも大きく役立ちます。なぜなら、お客様とのコミュニケーションで迷うことが少なくなるからです。事前に用意された言葉を瞬時に返すことで、お客様には「経験豊富な営業マン」に映ります。

 

「お客様にどう返そうか?」と迷っていると、会話が途切れてしまいます。言葉に詰まってしまうと、頼りない営業マンに見えます。

 

この営業マニュアルは、一度作ったら終わりではありません。例えば、「こっちの言葉を使った方が、お客様の反応が良かった」と感じたら修正を加えます。このように、日々の営業活動で得た「新たな気付き」を加えていくことで、より完成度の高いもにしていきます。

 

そして、マニュアルが充実するに伴って、あなたの営業スキルも向上していきます。ぜひ、あなたもこの営業マニュアルを取り入れてみてください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業で成果を上げるために「上手に会話する能力」は必要ない
多くの営業マンが知っているが、実行していない大切な事
なぜ多くの営業マンが予算を達成できないのか
安定した売り上げを実現する営業マンのモチベーション管理術
自己概念を高め営業としての絶対的な自信を手に入れるメソッド
目標達成している営業マンの正しい「見込み客」の捉え方を理解する
トップ営業マンだけが知っているクロージングの秘訣
PDCAサイクル:予算達成に向けて営業活動の質を高めるコツ
訪問するネタが見つからないのは、営業マンに理由がある
お客様の感情を動かし成約に繋げるセールストークの作り方
一瞬で売上を倍増させる「営業としての自信」を手に入れるメソッド
クレーム対応の技術:お客様の信頼を失わない営業マンのクレーム対処法
営業マンがストレスなくお客様の予算を聞き出すコツ
なぜ、商品を売らない営業マンは信用されるのか?
営業マンの数字に差がつく理由:お客様に断られる「恐怖」に対処する
営業の基本プロセスを理解して成果を高める
営業マンは初回の訪問で何をするべきか?
営業マンがアポイントに遅刻したときの正しいお詫びの伝え方
営業として成長するために必要な仕事の取り組み方のコツ
営業マンの本心がお客様に必ず伝わる理由:言葉の影響力
売り上げに必要な土台を作る、結果を求めない営業法
営業マンの商談力を高めるコツ:1回の商談で3回打ち合わせをする
営業マンは「会社紹介」でお客様に何を伝えるべきか
残業をするほど、あなたの営業成績は上がらない
営業マンが他力本願で仕事の成果をあげるための思考法
社内の人間関係にフォーカスする営業マンは成果が上がらない
売り上げをあげ続ける、人と人を「線」で結びつける思考
部下を持つ上司に必要な心構え:新人営業に最速で育ってもらうコツ
商談件数が多い営業マンの商談を作るたったひとつのコツ

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ