営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

MENU

営業マンに求められる「お客様目線」を身につけるための習慣

 

「営業はお客様の立場になって考えることが大切」という言葉を良く耳にします。お客様の要望をかなえる仕事ですので、相手目線で考えることは営業の基本ということができます。しかし、頭では分かっていても、なかなか徹底することができません。

 

これには、明確な理由があります。それは、お客様の立場になって考えることを邪魔する要因が、営業活動の中に溢れているからです。

 

ここでは、営業の基本である「お客様目線」を身につけるための習慣について解説していきます。

 

顧客目線の妨げになる2つの要素

 

営業マンは、理屈では分かっていても、つい自分都合で考えてしまう傾向があります。これは、顧客志向を邪魔する要因に影響を受けてしまうからです。この要素には2つあります。

 

一つは、「会社としてのミッション」です。あなたが勤める会社の都合によって、営業マンの提案活動が制限されることがあります。例えば、次のような内容です。

 

「会社として複合機の分野に注力していく方針が決まった。従来のコピー機はお客様に提案するのを控えるようにしてください」

 

このような、会社の都合を営業マンは押し付けられることがあります。これが、お客様の立場になって考えることの妨げとなってしまうのです。

 

そして、二つ目が「営業としてのミッション」です。営業マンに与えられた予算やノルマが売り手都合の考え方にさせてしまうのです。例えば、次のような内容です。

 

「今月のノルマを達成するにはあとふたつの契約をとらなけれないけない。何とかしてクロージングしなければ」

 

このように、営業マンに与えられたミッションによって思考は大きく影響されます。これにより、顧客の立場になって提案することができなくなるのです。

 

日々の営業活動の中に、「お客様目線」を邪魔する要素が数多く存在していることを認識しなければいけません。

 

Sponsored Link

 

お客様目線を身につける習慣

 

自分の利益やノルマ達成のために提案活動を行っても、良い結果に繋がることはありません。お客様は、営業マンの都合で商品を売ろうとしていることを簡単に見抜くことができるからです。

 

例えば、アパレル・ショップです。販売員の都合だけで洋服を勧められた経験はないでしょうか。例えば、次のような対応です。

 

「昨日、入荷したばかりの新作なんです。数量限定ですので早い者勝ちです。お客様よろしければご試着してみませんか」

 

このような接客をされれば、誰でもその店から離れたくなります。「この店員は何とかして買わせようとしている」と感じるからです。このように、自分の都合で売り込もうとしても、お客様は容易に感じ取ることができるのです。

 

それでは、お客様目線を邪魔する要素があるなかで、営業マンはどのようにして提案を進めていけば良いのでしょうか。それは、お客様の立場になって考えているかを定期的にチェックすることです。

 

例えば、次のようなシーンです。

 

「これから進めようとしている提案は本当にお客様のためになっているか」

 

「今作っている資料は顧客から見て分かりやすい内容になっているだろうか」

 

このように、日々の仕事を進めているなかで、一旦立ち止まって自分自身の考えを確認するようにしてください。これにより、売り手の都合で営業を行っている「間違った自分」に気づくことができます。

 

この習慣を続けることで、営業マンに必要な「お客様目線」を身につけることができます。

 

営業という仕事は、お客様の視点に立つことが重要であると頭では分かっていても、なかなか徹底することができません。それを邪魔する要因が仕事の中に溢れているからです。しかし、売り手の都合で提案を続けても、良い成果に繋がることはありません。

 

営業マンは日々の営業活動の中で、定期的に自分の思考をチェックするようにしてください。これを習慣にすることで、営業マンに求められる「お客様目線」を身につけることができます。


関連サイトもチェック! 営業,セールス,基本,マナー,お客様,
 

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学




  Facebookもチェック

関連ページ

商談で「理想の結果」を導き出すイメージトレーニングの進め方
売れている営業マンの真似をするときに心がけるべきこと
エグゼクティブへのアプローチに必要な営業マンの正しい心構え
商品販売のスキルを高める効果的な「振り返り」のメソッド
営業マンが扱う製品はお客様の「感情を動かす手段」に過ぎない
商談の成約率を高める営業マンの戦略的目標設定のメソッド
販売の成果を最大限に高める営業マンの正しい時間の使い方
「間に合っています」と断るお客様を優良な見込み客へ変える方法
「ペルソナ」の作成によって営業利益を倍増させるメソッド
保険・不動産営業に必要な高額商品に対するマインドセット
「紹介営業」で数字を伸ばすために必要な営業マンのマインドセット
保険営業でモチベーションを保ち継続的に成果をあげる思考法
販売の成果を左右する営業マンに求められる「人間力」を理解する
値引きをするほど、営業予算を達成できなくなる本当の理由
スキルアップに必要不可欠な営業マンのモチベーション管理術
日常生活から営業のヒントを見つけだす具体的なメソッド
コミュニティを活用して営業マンに必要な人間力を高める方法
販売スキルの向上に求められる適切な営業セミナーの選び方
マーケットの切り替えに必要な営業マンの効果的な学習メソッド
あなたの「やる気」をコントロールする正しい目標設定の立て方
営業マンのスキルアップに必要な正しい営業セミナー受け方
商品販売の成約率を高める正しいアプローチの手法を理解する
販売スキルの向上に必要な営業マンのマインドセット
営業マンに必要とされるヒヤリングの基本項目を理解する
「営業に向いてない」と感じたときに必要なマインドセット