営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

読書によってビジネスの成功者の思考を手に入れる方法

 

人の考え方は周囲の人間に大きく影響を受けます。そのため、会社の上司や同僚と一緒にいても、現状の自分と同じレベルの知識しか入ってきません。

 

多くの人がサラリーマンで一生を終えるのは、自分の周囲にいる多くがサラリーマンだからです。事実、日本の人口の多くが会社員です。そのため、サラリーマンという思考の枠を抜け出だすことが困難です。

 

例えば、ビジネスで成功することを願っても、成功している人の考え方に触れる環境がありません。身近に成功者がいないからです。そこで有効な手段が「読書」です。

 

ビジネスで成功した人の書籍を読むことで、その思考に触れることができます。そして、その機会を多くもつことで、成功者の思考を取り入れることができるのです。

 

ここでは、読書によって成功者の思考をインストールする方法について話をしていきます。

 

 環境を変えることで思考を変える
多くのサラリーマンが、会社の同僚と多くの時間を過ごします。週に5日間、一日に約8時間という膨大な量です。さらに、仕事が終わっても上司に誘われ飲みにいき、行動を共にします。

 

しかし、上司や同僚と同じ空気を吸っていれば、あなたは会社員の思考のままです。独立して成功することを望んでも、非常に難しいです。そのための考え方が身についていないからです。

 

ビジネスで成功するためには、ビジネスで成功するためのアイデアや考え方を学ぶ必要があります。億万長者になるには、億万長者の思考をインストールしなければいけません。

 

しかし、ビジネスの成功者も億万長者も、一般のサラリーマンの周囲には存在しません。住んでいる世界が異なるからです。そこで、彼らに触れる機会をビジネス書籍に求めます。

 

本を読むということは、自分の頭の中を著者にあわせるということです。読書という行為は著者のアイデアや思考を文章でなぞる作業だからです。

 

そして、成功者が書いた本を数多く読み、頭の中を「成功者の思考」で一杯にします。前述のとおり、人の考え方は周囲の人に影響を受けますが、書籍から影響を受けるようにするのです。

 

このようにして、読書によって成功者の思考に近づくことができます。

 

 思考が影響されることを前提に本を読む
私は今までに数多くの営業の書籍を読んできました。「テレアポのスキル」「新規開拓のコツ」といった、書店でよく見かけるノウハウ本です。

 

そこから得たことは、実践的なスキルやノウハウだけではありません。多くの著者の営業に対する考え方に触れることで、基本的な心構えが身についたということも大きな効用です。

 

さらに、私は独立をすると決めてから、本を読むときの意識が変わりました。経営者が書いた書籍を読むときは、「どのような考え方で会社を動かしているか」に注目するようになったのです。自分の目的が明確になることで、関連する思考にフォーカスされたからです。

 

このように、なりたい自分を決めて、その書籍を数多く読むことでアイデアや思考を取り入れることができます。正しい思考を手に入れることを目的に、あなたも読書の習慣を身につけるようにしてください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ