コミュニケーション学

お客様を惹きつける営業マンの話し方

話し方はスキルの一つです。相手の理解を深めて、製品を魅力的に伝えるにはテクニックが必要です。営業マンは、相手を惹きつける話し方を学ばなければいけません。

これは、周りにいる話し方のうまい人や、プレゼンテーションの動画などを見て勉強することができます。また、セミナーや研修会に参加して、講師のプレゼンテーションから学ぶという方法もあります。

私が参考にしているのは、アナウンサーの話し方です。話すことのプロフェッショナルであるアナウンサーからは、実践的な話し方のスキルを学ぶことができます。

最も学んだことは、話に抑揚をつけるということです。話し方に変化を加えることで、聞き手を飽きさせることなく、魅力的な会話ができます。

そこで、相手を惹きつける話し方の3つのポイントについて、以下の動画で確認してください。

相手の感心を惹きつける3つのコツ

何の変化もなく単調に商品説明を続けると、相手はつまらなく感じます。どれだけ製品が素晴らしくても、伝え方が下手であればその魅力は伝わりません。そこで、話に抑揚をつけることが有効です。

そのために必要な、以下の3つのポイントについて解説していきます。

お客様を惹きつける話し方1 強弱をつける

言葉を発するとき、声に強弱をつけます。例えば、重要な言葉をワントーンあげて、少し大きめの声で話すと聞き手の注目度が高まります。また、コソコソ話のように小さい声で表現することも効果があります。

例えば、以下のような会話です。

「今月、ご契約いただけますと最大で30%の値引きが適用されます」

最大で30%」の箇所に強弱をつければ、大幅な値引きが適用されることを相手に強く訴えることができます。このように、言葉の強弱を工夫するだけでも、相手の感心を惹きつける話し方になります。

お客様を惹きつける話し方2 スピードに変化をつける

次に、スピードです。大切なところはゆっくりと、それ以外のところはテンポよく話をします。全体に緩急をつけることで、聞き手を飽きさせないプレゼンテーションにすることができます。

例えば、以下のような説明です。

今月、ご契約いただけますと最大で30%の値引きが適用されます」

今月、ご契約いただけますと」の箇所をゆっくりと話すことで、期間に限定があるということを強調することができます。会話のスピードに変化を与えるだけでも、ポイントを伝える話し方ができるようになります。

お客様を惹きつける話し方3 間をあける

最後に、会話の間です。聞き手に特に重要なことを伝えたいときに間を取ります。強調して伝えたい言葉の前に2秒から3秒、そして後ろにも1、2秒の間を取ります。

例えば、以下のような話し方です。

「今月、ご契約いただけますと最大で(間)30%の値引き(間)が適用されます」

30%の値引き」の前後に適切な間を空けることで、相手の注意をひきつけることができます。こうすることで、値引きというメリットを相手に強く訴えかけるのです。

この3つのポイントを効果的に織り交ぜながら進めていきます。そうすることで全体に抑揚がうまれ、魅力的な話し方ができるようになります。

ここで解説したテクニックを身につけて、聞き手を惹きつける話し方を習得するようにしてください。