営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

席次・席順のビジネスマナー:応接室の上座・下座を理解する

 

お客様先に訪問して打ち合わせを行うとき、営業マンは応接室や会議室に案内されます。このとき、座るタイミングや座席の位置などは、ビジネスマナーの基本です。そのため、営業マンは、しっかりと身につけておかなければいけません。

 

とくに初回訪問における営業マンの振る舞いは、お客様は注目しています。なぜなら、ビジネスマナーは社会人としての基本であり、その営業マンを判断するバロメーターになるからです。

 

そこで必要になるのが、「席次・席順」のマナーと、「上座・下座」の考え方です。これについて、以下の動画で解説していますのでご確認ください。

 

 

 上座・下座を正しく理解する
お客様先に訪問して受付を済ませると、打ち合わせ場所に案内されます。このとき、応接室でも会議室であっても、「失礼します」と言ってから入室してください。たとえ、部屋に誰も居なかったとしても、必ず一声かけます。

 

そして、ポイントの席順です。ビジネスマナーの基本では、お客様が上座で営業マンが下座になります。「上座」というのは、その部屋で最も良い座席のことを指します。目上の人やお客様に対する敬意の意味を込めて、上座に座っていただくのがマナーです。

 

例えば、以下のような会議室で椅子が4席あったとします。このとき、入り口から一番遠い、1番の席が上座になります。一番奥の席が、入口も含めた部屋全体を見渡すことができるため、最も良い席、つまり「上座」という捉え方です。

 

席次・席順のビジネスマナー:応接室の上座・下座を理解する

 

そして、入口に近づくにつれて「下座」になります。上記のような応接室の場合、1・2が上座でお客様用になり、3・4が下座で営業マンが座るべき席になります。

 

しかし多くの場合、営業マンがお客様の会社を訪問すると、「来客者」として扱ってくれます。そのため、上座に座ることを案内されます。例えば、「奥の席にどうぞ」と上座を案内されたときは、それに従って問題ありません。

 

ただし、本来は下座に座るべきであることを忘れてはいけません。営業マンによっては、案内されなくても上座の席に向かう人がいます。営業マンは、「来客者」ではないことを認識しなければいけません。

 

また、この上座・下座の考え方は、応接室や会議室だけでなく接待などで利用する和室にも適用されます。同様に入口から遠い席が最上位の席で「上座」、入口に近いほうが「下座」になります。

 

このように、「上座・下座」の意味を正しく理解しておくことで、あらゆるケースでも応用することができるのです。例えば、あなたが上司に誘われて飲みに行ったときでも、上司を上座に案内することで「社会人のマナー」が備わっていることを示すことができます。

 

 会議室で着席するタイミングは?
座るべき席順を理解したら、次は着席するタイミングについて解説していきます。受付の方に応接室や会議室に案内されてから、「こちらで少々お待ちください」と言われることがあります。そして、多くの人がこのタイミングで着席してしまいます。

 

しかし、お客様が部屋に来るまでは、椅子に座ってはいけません。

 

なぜなら、上座に案内されたとしても、前述の通り営業マンは「来客」ではないからです。

 

例えば、受付の担当者に、「どうぞ座ってお待ちください」と言われることがあります。それでも、決して座ってはいけません。営業マンは、お客様が入室するまで何分間でも、立ったままで待つようにしてください。

 

また、担当者が入室してきたからといって、すぐに座っていいわけではありません。必ずお辞儀をして、次のような挨拶をおこなってください。

 

「本日はお忙しいところ、お時間をいただきましてありがとうございます」

 

そして、お客様に勧められてから席に座ります。例えば、「どうぞお座りください」というお客様の言葉を待ってから着席するのです。

 

席に座るタイミングといのは、とても些細なことです。しかし、このような振る舞いを、お客様はしっかりと見ているものです。

 

ビジネスマナーでお客様の信頼を失わないためにも、ここで解説した「席次席順」と「着席のタイミング」は正しく理解するようにしてください。

 

営業活動において、お客様との信頼関係は大切です。その第一歩が社会人としての常識であるビジネスマナーなのです。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

御礼メールによって一日に二度、お客様と会う方法
営業マンのメールの基本:売り上げにつながる署名の設定方法
メールは文章よりも「箇条書き」にすることでお客様に伝わる
売れている営業マンほどメールを使わない理由
営業マンに必要な電話スキルとは:信頼を残す留守番電話メッセージ
未来の自分にメールを送る:確実に仕事をこなすタスク管理の手法
売り上げをあげる営業マンの時間の使い方
仕事と成長のスピードをあげてくれる最強の時間管理術
TO DO リストの活用法:一日の仕事を効率的に進める仕事術
売り上げを大きく左右する営業マンのタイムマネジメント
営業マンのタスク管理:優先順位をつけて生産性を高める
80対20の法則を営業活動に取り入れて効率をあげる方法
他人に流されない営業マンのタイムマネジメント
お客様から信頼される営業マンのスケジュールの立て方
営業マンが社内の無駄な会議から上手に抜け出す方法
マルチタスクは非効率:トップ営業マンに学ぶ生産性を高める仕事術
逆算思考で営業活動のスケジュールを効率化する方法
残業ゼロでも確実に営業予算を達成するトップセールスマンの仕事術
なぜ会社が導入した名刺管理の仕組みは営業マンに歓迎されないのか
数字に直結する、営業のメールテンプレートの活用法
仕事が速い営業マンの習慣:最大限の力を発揮できる環境作り
お客様や上司の期待に応える、営業マンの資料作成の進め方
提案書づくりの基本を理解する:お客様の心に響く提案資料の作り方
集中して仕事を行う、デキる営業マンのパソコン利用法
営業は準備できまる:多くの営業マンが実施していない質問ノート
営業マンがお客様の「顔」と「名前」を確実に覚える3つのコツ
製品説明の基本:営業マンはお客様の未来を案内する
お客様が商品を購入する心理を理解する
営業マンの商談の基本:お金の話から逃げてはいけない

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ