営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

既存顧客の優先順位を見極めて営業予算を達成する方法

 

営業予算を達成するには、既存顧客からの売り上げが不可欠です。新規開拓のターゲット顧客よりも、商談に発展する可能性も高く数字が見込めるからです。

 

そのため、既存のお客様には多くの時間と労力を使い、確実に数字を積み上げていかなければなりません。しかし、過去に取り引きのあるお客様であれば、全て注力するべきかといいますと、そうではありません。

 

既存顧客でもポテンシャルの高いお客様を見極めて、戦略的にアプローチをする必要があります。そこで、ここでは注力するべき既存顧客の見極め方について解説します。

 

 二つの軸で既存顧客を分析する
具体的なターゲット顧客の見極め方を説明します。法人営業であれば、ふたつの軸で評価をします。

 

一つ目に、「客観的評価」です。そのお客様を取引先として客観的にみた場合に、数字が見込めるかどうかを判断します。具体的には、その会社の事業規模や売上高、業績の状況などから評価をします。

 

次に、「取り引き実績」です。そのお客様と過去、そして現在の取り引きがどれだけあるのかで評価をします。具体的には受注と売上高、そして利益という数字で評価をします。

 

この二つの軸でマトリックスを作り、以下のように既存顧客を4つの領域に分けます。

 

既存顧客の優先順位を見極めて営業予算を達成する方法

 

「A」は、客観的評価も実績も高い既存顧客です。いわゆる、重要顧客です。客観的評価が高く、優良企業であることが多いため、他のライバル会社のアプローチも絶えることがありません。しっかりとアフターフォローをおこない、取り引きが途絶えないように関係を維持する必要があります。

 

「B」は、客観的評価は高いが、実績が少ないお客様です。例えるなら、今まであまり取り引きのなかった大企業です。この領域の顧客こそ、営業マンが最も注力をするべきターゲットです。

 

販売実績が少ないということは、まだ自社の製品が導入される可能性が残っているということです。客観的評価も高く、大きな商談に発展する見込みのある領域です。営業マンはここに多くの時間と労力をかける必要があります。

 

「C」は、企業としての評価は低いが自社との取り引きが多いお客様です。例えるなら、なじみが深くて、取り引きの長い中小企業などです。良好な関係はできているが、売り上げの数字としては大きな期待ができません。

 

「D」は客観的評価も実績も低い顧客です。この領域のお客様は、商談に発展しても規模が小さいため、多くの時間をかける必要はありません。

 

 理想の見込み客を明確にしてアプローチする
多くの営業マンは、今までの実績が多い「C」のお客様に注力をします。それは、付き合いが長く、関係もが良好なので足を運びやすいからです。

 

しかし、これでは売り上げを伸ばすことはできません。今までより取り引きを拡大していくためには、「A」の顧客から継続的に数字をあげながら、「B」のお客様に注力していく必要があります。

 

そして、数字が見込めない「C」「D」のお客様に対しては、時間をかけてはいけません。特に対応が難しいのが取り引きの長い「C」の顧客です。付き合いが長いため、人としての「情」が入り労力をかけてしまいがちだからです。

 

しかし、与えられた予算を達成することが営業マンの目標です。お客様と良好な関係を築けているだけでは不十分です。営業予算を達成することを最優先して、合理的な判断をすることが営業マンには求められます。

 

既存顧客を整理することで、数字をあげるためにどこに注力すれば良いかがみえてきます。足を運びやすいお客様のところばかり訪問してはいけません。数字が見込める顧客にターゲットを絞り、戦略的にアプローチする必要があります。


Sponsored Link

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

新規顧客開拓で見込み客に対するセールスプロセスを理解する
新規顧客開拓:「今の業者で間に合っている」という断り文句への対処方法
仮説をたてて商談に臨むことが新規顧客開拓を成功に導く
新規顧客開拓:初期段階のアプローチでは製品を提案してはいけない理由
新規開拓に有効なお客様情報(企業情報)の集め方
新規開拓で見込み客へ継続的に訪問するためのネタの作り方
新規開拓のお客様と長期的な関係を続けていくための3つのコツ
コンタクト回数を増やし新規開拓を行なう戦略的アプローチ
新規顧客開拓:視点をズラして競合他社から一歩抜けだす方法
既存顧客へのアフターフォローにより継続的に売り上げをあげる方法
既存顧客の満足度を高めて強力な営業ツールを手に入れる方法
過去に断られているお客様を見込み客に変える営業のアプローチ手法
潜在的なお客様を「見込み客」へ変えるアプローチ方法の見つけ方
見込み客と買う気のないお客様を見極める営業のヒヤリングのコツ
予算達成に必要とされる「見込み客へのアプローチ」を理解する
お客様との関係性を持続させ、見込み客を作る営業のアプローチ手法
見込み客に無理難題を言われたときの営業マンの正しい対処方法

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ