営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

「クッション言葉」によりビジネス会話をスムーズにする技術

 

営業マンにとって、正しい敬語を身につけることは必須です。敬語というビジネスマナーの基礎ができない営業マンが、お客様から信頼されるはずはありません。

 

そして、敬語と同様に営業マンが身につけたいのが「クッション言葉」です。クッション言葉とは、相手に依頼を行うときや断りを入れるときに添える言葉です。

 

ここでは、お客様との会話をスムーズにするクッション言葉について学んでいきます。

 

 クッション言葉の基本を学ぶ
クッション言葉を適切に使うことで、お客様を敬う気持ちを伝えることができます。そうすることで、言いづらい内容であっても、自分の意見をスムーズに伝えることができます。

 

営業マンであれば敬語と同様に、代表的なクッション言葉は使いこなせるようにしなければいけません。そこで、さまざまなシチュエーションにおけるクッション言葉の使い方について説明していきます。

 

1、依頼をおこなうとき

 

最初に依頼を行うときのクッション言葉です。例えば、検収書に捺印をお願いするときです。お客様に手間をかけさせてしまうときに、このクッション言葉を入れることで、相手を敬う気持ちを表現することができます。代表的な言葉が以下になります。

 

お忙しいところ誠に恐縮ですが (〜をお願いできますでしょうか)」

 

お手数をおかけしますが (〜をお願いできますでしょうか)」

 

大変、恐縮ですが (〜をお願いできますでしょうか)」

 

このようなクッション言葉を付けずにお願いをすると、お客様に対する配慮が欠けているように感じられます。ただ、営業マンはお客様を敬うことが基本です。

 

このクッション言葉を使うことで「お客様を立てる」ことができます。

 

2、断るとき

 

次に相手の依頼や要望を断るときのクッション言葉です。例えば、値引きを求められたが対応できずに断りを入れるときです。クッション言葉をはさむことで、丁寧に断りをいれる表現にすることができます。代表的な言葉が、以下になります。

 

申し訳ございませんが (〜できません)」

 

ご期待に添えられず申し訳ございませんが (〜できません)」

 

残念ながら (〜できません)」

 

このような表現を使うことで、「自分を下げて相手をあげる」謙譲語と同じ言い回しができます。お客様の要求を断るときに関係性を悪化させないためにも、必ず覚えておきたいクッション言葉です。

 

3、意見・反論をするとき

 

最後にお客様の意志に対して意見や反論を行うケースです。相手の意見に反対するときに、横柄な印象を与えないためにも、必ずマスターしたいクッション言葉です。これには次のような表現があります。

 

お言葉を返すようですが (〜には賛成いたしかねます)」

 

おっしゃることは分かりますが (〜には賛成いたしかねます)」

 

確かにそのとおりでございますが (〜には賛成いたしかねます)」

 

このようなクッション言葉を冒頭に添えることで、お客様の意見を尊重していることを表現できます。そうすることで、お客様に対する敬意を示しながら、自分の意見を主張することができます。

 

このように、クッション言葉を添えることで、お客様を敬う気持ちを表現することができます。そうすることで、相手の要望を断ったり意見に反論したりするときでも、ビジネス会話をスムーズに進めることができます。

 

お客様との関係性を崩すことなく自分の意志を伝えるためにも、ここで解説した代表的なクッション言葉は必ず身につけるようにしてください。


Sponsored Link

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業職の身だしなみ(男性)服装・スーツの選び方と着こなし術
営業職の身だしなみ(女性)服装・スーツの選び方と着こなし術
営業職の身だしなみ(男性・女性)ワイシャツの選び方と着こなし術
営業職の身だしなみ(男性・女性)髪型・へアースタイル
営業職の身だしなみ(男性・女性)クールビズの対応と着こなし術
営業職の身だしなみ:ネクタイの選び方と結び方
営業職の持ち物・アイテム小物:鞄・ビジネスバック
営業職の持ち物・アイテム小物:腕時計、手帳、名刺入れ
営業職の持ち物・アイテム小物:折り畳み傘、制汗剤、歯ブラシ
週一回の簡単お手入れ:革靴・シューズのメンテナンス方法
営業は見た目で決まる:お客様の信頼を勝ち取る外見を整える技術
営業マンに求められる名刺交換のビジネスマナーの基本を理解する
名刺交換で営業マンが必ず確認するべきひとつの項目
複数のお客様と名刺交換をしても、すぐに顔と名前を覚えるテクニック
複数人のお客様と名刺交換をしたときの有効な商談の進め方
お客様とエレベーターに乗るときの営業マンに必要とされるマナー
訪問先で営業マンが注意するべきビジネスマナー
打ち合わせで飲み物を出された時の営業マンの正しい3つの気遣い
長期休暇に入ってもお客様の信頼を失わない営業のビジネスマナー
SNSの有効な使い方と営業マンが守るべきビジネスマナー
営業職のビジネス会話:商談に必要とされる会話のマナーを身につける
敬語のビジネスマナー:お客様への正しい言葉遣いを理解する
営業マンが必ず気をつけるべき間違えやすい敬語:3つのNGワード
営業マンのビジネス会話:敬語(尊敬語と謙譲語)を正しく理解する
「美化語」によりお客様に好印象を与える営業マンの会話術
顧客に信頼される正しいビジネス会話を身につける秘訣
態度で示す会話のビジネスマナー:お客様に好かれる具体的メソッド
9割の営業マンが知らない電話応対のビジネスマナー
お客様の携帯電話に直接かけるときに注意するべき3つのポイント
社内の同僚が電話をしているときの営業マンのビジネスマナー
商談における携帯電話のマナー:営業マンに求められる気使い
携帯・スマートフォンからお客様へメールするときのビジネスマナー
メールの基本マナー:お客様から返信がこない本当の理由
メール誤送信対策:お客様との信頼関係を守る小さな習慣

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ