営業の仕事術

営業マンがお客様の「顔」と「名前」を確実に覚える3つのコツ

営業活動で多くのお客様と会っていると、名前を忘れてしまうことがあります。さらに法人営業では、4~5名の担当者が打ち合わせに参加することもあり、全員の顔と名前を一度に覚えるのは大変な作業です。

しかし、お客様の顔を見て名前を思い出せないのは、営業マンとしては失格です。お客様に「この営業マンは私に興味がないのか?」と思われてしまっては、商談が生まれることはありません。何人のお客様と接していようが、営業マンは「顔」と「名前」を覚えておく必要があります。

そこで私が行っている、お客様の顔と名前を覚える3つのコツについて解説します。

1、名刺を受け取ったときに「名前」を声に出して確認する

私は名刺交換をおこなう際に、必ず相手の名前を声にだして確認します。具体的なには、自分が相手の名刺を受け取るときに行ないます。

お客様が、「平松商事の鈴木です。よろしくお願いします」と名刺を差し出します。その名刺を両手で受け取ってから、自分の頭をあげて、相手の顔をみて名前を声に出します。

「鈴木様ですね。よろしくお願いします」

しっかりと言い終えてから、お辞儀をします。この習慣によって、声に出した「名前」と、目に映った相手の「顔」が一緒になって印象に残ります。

強い印象をうけるほど、人間は忘れにくくなります。つまり意識的に、「顔と名前」を一致させるインパクトを与えることで、自分に覚えこませるのです。

実際に記憶力が高まることを科学的に証明できる訳ではありません。ただ、私自身は非常に効果を感じています。ぜひ、実践に取り入れてください。

2、打ち合わせノートに席順のメモを残しておく

私は打ち合わせの内容をノートに残すだけではなく、参加メンバーの席順もメモしておきます。こうすることで、打ち合わせの時の相手の「印象」と、メモにある「名前」を後から一致させることができます。

ストーリーで話を聞くと、人間はより記憶に残りやすくなります。そのため、話の中身は覚えているが、話をしていた人の名前を忘れてしまうことがあります。

例えば、「打ち合わせの時に、一番右の席に座っていた人は、何という名前だったか……。確か、『うちのコピー機は古くて駄目です。最近、紙詰まりが多くて本当にイライラします。予算がおりれば、今すぐにでも御社に発注したいぐらいですよ』という話をしていた」と忘れることがあります。

しかし、ノートの席順メモを見返すことで、名前と一致させることができます。こうすることで、お客様の名前を忘れるのを防ぐことができます。

 ・席順を打ち合わせノートに残しておく

<営業学>” /></div>
<h2 id=3、特徴を捉えて似顔絵を残しておく

特徴を捉えて似顔絵を残しておく参加人数が多い場合、さらに私は簡単な似顔絵を書いておきます。絵に残しておくことで、次に会った時にノートと照らし合わせることで思い出すことができます。

ポイントは、その人の特徴もメモで残しておくことです。例えば、「黒ブチのメガネをかけている」「髪の毛は短くてツンツン立たせている」というような、すぐにその人を特定できる情報です。

頭だけで覚えようとしても、すぐに忘れてしまいます。人間は忘れる生き物だからです。そのため私は、忘れないための工夫をしています。ここで解説した3つのコツを参考にして、あなたも取り組んでください。

さらに、なぜ私がここまでして、お客様の名前を覚えようとしているのかを考える必要があります。これを理解して実践できれば、営業成績は確実に上がることでしょう。