営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

他人に流されない営業マンのタイムマネジメント

 

仕事において時間管理は非常に重要です。限られた時間を何に使うかは、仕事の成果を大きく左右するからです。

 

書店に足を運ぶと、時間管理の書籍が数多く並んでいます。このことからも、タイムマネジメントが重要であることが理解できます。

 

そこで、ここでは営業マンに求められる時間管理について話をしていきます。

 

 自分の時間を確保するための上手な断り方
仕事で成果をあげるためには、限られた時間を有効に使うことが必要です。しかし、会社には付き合いがあります。自分の思う通りに、全ての時間を使えるとは限りません。例えば、昼食やアフターファイブの飲み会などです。

 

せっかく誘ってくれた手前、多くの人が誘いを断ることができません。そこで、他人に振りまわされないためにも、上手な断り方を身につけておくことが大切です。時間を無駄にすることなく、有効に使えるようになるからです。

 

私が行っている断り方のコツを紹介します。例えば、飲みに誘われたときです。

 

「すいません、今日は私用事があるのです」

 

ポイントは否定語を使わないことです。「いけません」「無理です」と言った言葉を聞くと、「断られた」という印象を強く受けるからです。

 

さらに、断る理由を明確にしないことも、相手への配慮になります。そのため、「用事がある」という理由に留めておくようにします。

 

例えば、「地元の友人と食事をする約束がある」というように理由を言って断るとします。そうすると上司は、「俺の誘いよりも地元の友人が優先なのか」という気持ちになる可能性があるからです。

 

このように、誘ってくれた相手に対しては、十分に配慮をしなければいけません。

 

 周囲の人と行動をズラして時間の無駄をなくす
他人と行動する時間をズラすことで、貴重な時間の無駄遣いをなくすことができます。このメソッドに関して、以下の動画で解説しましたので確認ください。

 

 

例えば、ランチの時間です。周囲と同じタイミングでいけば、どこも混んでいて待たされます。昼食をとるのに待たされる時間ほど、無駄な使い方はありません。

 

私はいつも11時30分から、もしくは13時からというように周りの人と時間をズラしていました。お店も混んでいないため、すぐに食事が出てきますので非常に時間のロスがありません。

 

時間の無駄をなくすことが、タイムマネジメントの基本です。

 

さらに、出社時間をズラすという方法もあります。私は仕事が溜まっているときは、始業時間前に出社するようにしていました。1〜2時間前に出社すれば、同僚に声をかけられることも、お客様から電話がくることもないので、集中して取り組むことができるからです。

 

このように、貴重な時間を有効に使うために、他人に流されないことが重要です。ここで解説した手法を参考にして、日々の時間の使い方を振り返るようにしてください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

御礼メールによって一日に二度、お客様と会う方法
営業マンのメールの基本:売り上げにつながる署名の設定方法
メールは文章よりも「箇条書き」にすることでお客様に伝わる
売れている営業マンほどメールを使わない理由
営業マンに必要な電話スキルとは:信頼を残す留守番電話メッセージ
未来の自分にメールを送る:確実に仕事をこなすタスク管理の手法
売り上げをあげる営業マンの時間の使い方
仕事と成長のスピードをあげてくれる最強の時間管理術
TO DO リストの活用法:一日の仕事を効率的に進める仕事術
売り上げを大きく左右する営業マンのタイムマネジメント
営業マンのタスク管理:優先順位をつけて生産性を高める
80対20の法則を営業活動に取り入れて効率をあげる方法
お客様から信頼される営業マンのスケジュールの立て方
営業マンが社内の無駄な会議から上手に抜け出す方法
マルチタスクは非効率:トップ営業マンに学ぶ生産性を高める仕事術
逆算思考で営業活動のスケジュールを効率化する方法
残業ゼロでも確実に営業予算を達成するトップセールスマンの仕事術
なぜ会社が導入した名刺管理の仕組みは営業マンに歓迎されないのか
数字に直結する、営業のメールテンプレートの活用法
仕事が速い営業マンの習慣:最大限の力を発揮できる環境作り
お客様や上司の期待に応える、営業マンの資料作成の進め方
提案書づくりの基本を理解する:お客様の心に響く提案資料の作り方
席次・席順のビジネスマナー:応接室の上座・下座を理解する
集中して仕事を行う、デキる営業マンのパソコン利用法
営業は準備できまる:多くの営業マンが実施していない質問ノート
営業マンがお客様の「顔」と「名前」を確実に覚える3つのコツ
製品説明の基本:営業マンはお客様の未来を案内する
お客様が商品を購入する心理を理解する
営業マンの商談の基本:お金の話から逃げてはいけない

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ