営業を「学問」として体系的に学ぶ

営業マンの商談力を高めるコツ:1回の商談で3回打ち合わせをする

 

お客様との商談は、数をこなすほど上達していきます。しかし、単に数をこなしていてもスキルはあがりません。そこで、私が実践しているスキルアップの方法を解説します。それは、一つのアポイントに対して三回の打ち合わせを実施することです。

 

一回目は、訪問前の頭の中でのシミュレーションです。二回目は、実際のお客様との商談です。そして、終わったあとにその打ち合わせを振り返って三回目となります。それぞれの具体的な進め方と、その目的を説明します。

 

 商談は事前の準備で決まる
お客様先に訪問して提案を行う場合、どれだけ準備をしたかで、その成果が決まります。しかし、多くの営業マンは準備の方法を間違えています。提案書をまとめたり、必要な資料を集めたりすることに多くの時間を使います。私の場合、他の有効な事前準備に注力しています。

 

それは、打ち合わせのシミュレーションを行っておくことです。事前に頭のなかで、ひと通りのストーリーを体験しておくのです。具体的には、実際の会議室でお客様が目の前にいて、あなたが商談をしているところをできるだけ鮮明に思い浮かべます。

 

例えば、コピー機の提案で機能説明をするときは、「毎分で最大50枚の印刷が可能になりました。今までは40枚が限度だったのが、機能改善によって……」と自分がどの言葉を使って、どのような気持ちで話しているかをリアルにイメージするのです。

 

契約方法について質問をされた場合は、「3年以上使うのであればリース契約、それ以下であればレンタルで契約しているお客様が多いです。今回は、どれくらいご利用になる予定でしょうか」と頭の中で予行練習を行います。

 

このように、本番前に一度目の商談をします。こうすることで、本番で緊張することなく、スムーズに話を進めることができます。既に一度商談を体験しているので、何が起こるのかをある程度、想定することができます。

 

人間が緊張するのは、知らないことが多いからです。空白の部分が多いので、不安になり、緊張するのです。この空白を事前シミュレーションで埋めてあげる必要があります。

 

スポーツの世界でも、理想の行動を思い描くことにより、本番で力を発揮しようとする「イメージトレーニング」という手法があります。これを私は、営業活動でも行っているのです。

 

次に本番です。事前にシミュレーションした流れを思い出しながら進めていきます。もちろん考えていたこと違った、お客様の意見や発言がでてくることもあります。

 

しかし、それも想定したあらゆるパターンを「一回目の訪問」で経験しておくことで、自分のペースで進めることが可能になります。「商談は事前の準備で決まる」ということができます。

 

 反省が商談スキルの向上に繋がる
そして、三度目の商談が終わった後は振り返りをします。「あのときはこう言えばよかった」「別の言葉のほうが理解できたかも」と反省をすることで、次回の提案につながります。

 

例えば、「新しいコピー機の価格について聞かれたときは、最初に今の機種との年間費用を比較してから説明したほうがよかったな。『新機種は年額12万円になりますので、既存の14万円よりも2万円お安くなります。さらに機能が上がっているので……』という話し方のほうが、わかりやすかっただろう……」というように反省を行います。

 

この反省が、スキルの向上に繋がります。次の訪問の際に、「前回よりも良くなっている自分」をシミュレーションします。そして、本番でそれを実現するのです。

 

このように、ひとつの商談に対して「事前」「本番」「振り返り」の三回を行い、これを数多く繰り返していくことでスキルが向上していきます。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業で成果を上げるために「上手に会話する能力」は必要ない
多くの営業マンが知っているが、実行していない大切な事
なぜ多くの営業マンが予算を達成できないのか
安定した売り上げを実現する営業マンのモチベーション管理術
自己概念を高め営業としての絶対的な自信を手に入れるメソッド
目標達成している営業マンの正しい「見込み客」の捉え方を理解する
トップ営業マンだけが知っているクロージングの秘訣
PDCAサイクル:予算達成に向けて営業活動の質を高めるコツ
訪問するネタが見つからないのは、営業マンに理由がある
お客様の感情を動かし成約に繋げるセールストークの作り方
一瞬で売上を倍増させる「営業としての自信」を手に入れるメソッド
クレーム対応の技術:お客様の信頼を失わない営業マンのクレーム対処法
営業マンがストレスなくお客様の予算を聞き出すコツ
なぜ、商品を売らない営業マンは信用されるのか?
営業マンの数字に差がつく理由:お客様に断られる「恐怖」に対処する
営業の基本プロセスを理解して成果を高める
営業マンは初回の訪問で何をするべきか?
営業マンがアポイントに遅刻したときの正しいお詫びの伝え方
営業として成長するために必要な仕事の取り組み方のコツ
営業マンの本心がお客様に必ず伝わる理由:言葉の影響力
売り上げに必要な土台を作る、結果を求めない営業法
営業マニュアルによってコミュニケーション・スキルを上げるコツ
営業マンは「会社紹介」でお客様に何を伝えるべきか
残業をするほど、あなたの営業成績は上がらない
営業マンが他力本願で仕事の成果をあげるための思考法
社内の人間関係にフォーカスする営業マンは成果が上がらない
売り上げをあげ続ける、人と人を「線」で結びつける思考
部下を持つ上司に必要な心構え:新人営業に最速で育ってもらうコツ
商談件数が多い営業マンの商談を作るたったひとつのコツ

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ