営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

アポ取りの電話で商品の説明をしてはいけない理由

 

アポ取りのコツは、アポイントを取ることに集中することです。当たり前のことに思えるかも知れませんが、実は多くの営業マンができていません。

 

特に多い間違いが、製品説明や会社紹介をしてしまうことです。電話で説明をしても、相手は理解できずに話が前に進みません。そのため、高確率でアポイントが取れないのです。

 

 製品説明をするとアポイントが断られる理由
製品説明をしてはいけない最大の理由は、「相手に顔が見えていない」ということです。人は誰でも、他人の勧めるものを断ることに抵抗があります。しかし、相手の顔が見えない電話であると、そのストレスが軽減されます。つまり、お客様は断りやすいのです。

 

そのため、次のような断り文句に繋がります。

 

「その製品はうちには必要ない」
「似たようなサービスを既に使っています」

 

電話で商品のメリットや特徴を伝えることはできません。それを伝えるためには、プレゼンテーションが必要です。そのために、アポイントを取るのです。

 

ただ、電話で製品説明を行うと「製品を理解する前にお客様が断る」という状況に陥ります。

 

アポ取りで重要なことは、お客様に「製品を理解した」と思わせないことです。直接会って聞いてみないと分からないという状況を作るのです。その心理状況にあれば、きっぱりと製品を断られることはありません。

 

電話では、概要を伝えるだけに留めることがポイントです。そして、詳しい説明は直接会って話をするという流れに営業マンがもっていくのです。

 

トップセールスマンは、ここの駆け引きが上手です。詳しい話を聞きたがっているお客様を上手にかわします。そして、直接会うことの理由づけに変えてしまうのです。例えば、次のようなトークです。

 

「○○さんが知りたがっている『今までの機能との違い』は資料にまとめてありますので、それをもとにご説明させていただけませんか」

 

「○○さんが気になっている製品シリーズが載っているパンフレットがございますので、それを使って直接ご説明をさせてください」

 

このように、お客様に「会って話を聞かないと分からない」と思わせる工夫が必要です。

 

 アポイントを断るお客様の心理を理解する
商品の説明は、必ず話が長くなります。しっかりと理解してもらおうとすればするほど、長くなります。しかし、それは逆効果です。

 

お客様は基本的に、一方的に売り込まれるのを嫌います。そのため、営業マンの話す割合が多くなると、「商品のセールストークが始まった」と警戒します。そして、高い確率でアポイントを断ります。

 

このとき、お客様の心理は以下のように変化しています。

 

 ・お客様の心理の変化
長い製品説明
→ セールストークと受け止める
→ 何とか売り込もうとしている
→ 売り込まれるので会うのはやめよう

 

さらに、営業マンは自分が扱っている商品を熟知しています。何度も説明しているため、ポイントも理解しています。そのため、流暢に話すことができます。お客様が知りたい情報ではなくても、つい説明してしまいがちです。

 

これがさらに、「セールストーク」の印象を高めてしまいます。かえって、お客様の心は離れていくのです。アポ取りでは、言いたいことを我慢する必要があります。

 

このように、アポ取りの電話では製品の説明をしてはいけません。アポイントを取ることだけに全力を尽くします。

 

アポを断るお客様の心理を理解することで、「何をしてはいけないか」を学ぶことできます。そのうえで、アポイント取得の精度を高める工夫をおこなってください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業マンのテレアポの基本:お客様にまず何を伝えるべきか
あなたのテレアポが失敗する3つの理由
「とりあえず資料を送って下さい」と言われたときのテレアポの対処法
相手の警戒心を消し、テレアポの成約を高めるアプローチのコツ
新規開拓のテレアポ:フロントから担当者へ繋いでもらう秘訣
アポ取りはお客様に対するマナーで決まる
アポイントが取れる営業マンの電話の話し方
アポイントがキャンセルされたときの営業マンの正しい対応
一瞬でお客様との距離を縮め、テレアポのフロントを突破するコツ
営業マンが二者択一で確実にアポイントを取るコツ
アポイントが取れないときの営業マンのマインドセット
お客様の誤解をなくす営業マンの正しいアポイントの取り方
訪問ネタがなくてもアポイントが取れる営業アプローチのコツ
アポ取りで失敗する理由から正しいアプローチを学ぶ
営業のターゲットを絞りこみ、テレアポの効率をあげるコツ
電話営業の鍵をにぎる「トークスクリプト」の作り方
一日200件のテレアポで最大限の成約をあげる電話営業のコツ
電話営業における非言語コミュニケーションを理解する
AIDMAの法則:購買心理を理解して電話営業の成果を高める
電話営業やテレアポでお客様と話すときの考え方のコツ
安定した売り上げをあげる営業マンのアポイントの基本
お客様からアポイントが取れる営業マンのメールの書き方のコツ
お客様にアポイントを断られたときの営業マンの正しいメール返信
営業マンがメールでアポイントを取るときに成約率を高めるコツ
「年末年始の挨拶」でアポが取れるメールの書き方・テンプレート
「担当者変更の挨拶」でアポが取れるメールの書き方・テンプレート
「新規顧客の開拓」でアポが取れるメールの書き方・テンプレート
過去に取引のあったお客様へメールでアポをとるときのコツ
お客様からアポイントが取れるメールの件名の書き方のコツ

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ