営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

残業ゼロでも確実に営業予算を達成するトップセールスの仕事術

 

いつも遅くまで残業している人と、定時退社して自分の時間を楽しんでいる営業マンがいます。この両者の違いは一体どこから生まれるのでしょうか。

 

それは、労働時間の短縮化を真剣に考えているかどうかの違いです。

 

仕事が速く、残業をしない営業マンは、仕事における様々な動作の短縮化に取り組んでいます。時間をかけずに仕事を進めるために努力をしているのです。

 

そして、仕事が速い営業マンほど、成績は良好です。アクションが速いほうがお客様の満足度は高まりますので、当然、成績は自然と伸びていくのです。

 

そこで、ここでは営業の労働時間を短縮するための具体的な取り組みについて解説していきます。

 

 小さな工夫の積み重ね
営業活動における様々な動作には、より短時間で効率的に行う方法があります。例えば、パソコンのキーボード操作です。キーボードの打ち方には、正しい手のフォームや指使いがあります。

 

これをマスターすることで、素早く正確に、そして無駄な力を使うことなく文字を入力することができます。キーボードというのは、そのように設計されているのです。

 

このキーボードの正しい指使いを身につけるには、時間をかけてトレーニングする必要があります。ただ、一度身につけてしまえば、それ以降のキーボード入力を短時間で正確に行うことができるようになります。

 

多くの人は、「キーボード入力にかかる時間」を、わずかな時間だからといって軽く考えています。そのため、独自のフォームや指使いでキーボード操作を行なっているのです。しかし、正しいフォームで入力するよりも時間がかかり、非効率であることに気がつかなければいけません。

 

ひとつ一つの動作にかかる時間はわずかですが、その積み重ねが大きな差となって現れるのです。

 

また、キーボード操作と同様に、時間の短縮に繋がるのが「ショートカット操作」です。ショートカット操作とは、マウスを使わずにキーボードを使ってパソコンソフトを動かすことです。

 

例えば、Windowsのエクセルを保存するときは、マウスで保存ボタンをクリックする必要があります。この操作の代わりに、キーボードの「Ctrl」と「S」キーを押すことで同様に保存することができます。これが、ショートカット操作です。

 

このショートカット操作を覚えることで、マウスに手を置いて操作を行うよりも短時間で済ませることができます。

 

このショートカット操作もキーボード入力と同様に、ひとつ一つの動作にかかる時間はわずかです。しかし、この時間を短縮することで、全体として多くの時間を短縮することができるのです。

 

このような、時間の短縮に繋がる基本操作は徹底的に身につけるようにして下さい。その工夫や努力が労働時間の差となって現れることを理解しなければいけません。

 

 時間の短縮のために「時間」を使う
私がIT業界で営業を行なっていたときの話です。私は独学でパソコンを学んだため、キーボード操作は全くの我流でした。そのため、長時間パソコンを操作していると、手首が非常に疲れてくるのです。

 

疲れてくると思うようにパソコン入力ができず、非常に効率が悪かったのです。

 

そこで、私は正しいキーボード入力のフォームを身につけるため、タイピングソフトを購入したのです。タイピングソフトとは、正しいキーボードの入力操作を身につけるためのトレーニングをパソコンで行えるソフトです。

 

例えば、左手の人差し指は「F」キー、右手の人差し指は「J」キーに置くのが正しいフォームというようなキーボード操作の基本です。

 

私は独自のフォームで入力を行なっていたために、正しいフォームを身につけるのに苦労しました。しかし、2週間ほどタイピングソフトで練習すると、正しい指使いで操作できるようになったのです。

 

2週間のトレーニングというと、「大変な努力をしなければならない」と多くの人が感じると思います。ただ、一度身につけてしまえば、それ以降のキーボード操作時間を短縮することができるのです。長期的に考えれば、効率的であることは言うまでもありません。

 

日々の仕事にかかる時間を短縮するために「時間」を使うのです。

 

このような工夫や努力の積み重ねが労働時間の差となって現れます。仕事ができる営業マンほど、ひとつ一つの作業のスピードアップを真剣に考えているのです。この事実を知ることで、あなたの残業時間を減らし成果を高めるために何が必要かを理解することができます。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

御礼メールによって一日に二度、お客様と会う方法
営業マンのメールの基本:売り上げにつながる署名の設定方法
メールは文章よりも「箇条書き」にすることでお客様に伝わる
売れている営業マンほどメールを使わない理由
営業マンに必要な電話スキルとは:信頼を残す留守番電話メッセージ
未来の自分にメールを送る:確実に仕事をこなすタスク管理の手法
売り上げをあげる営業マンの時間の使い方
仕事と成長のスピードをあげてくれる最強の時間管理術
TO DO リストの活用法:一日の仕事を効率的に進める仕事術
売り上げを大きく左右する営業マンのタイムマネジメント
営業マンのタスク管理:優先順位をつけて生産性を高める
80対20の法則を営業活動に取り入れて効率をあげる方法
他人に流されない営業マンのタイムマネジメント
お客様から信頼される営業マンのスケジュールの立て方
営業マンが社内の無駄な会議から上手に抜け出す方法
マルチタスクは非効率:トップ営業マンに学ぶ生産性を高める仕事術
逆算思考で営業活動のスケジュールを効率化する方法
なぜ会社が導入した名刺管理の仕組みは営業マンに歓迎されないのか
数字に直結する、営業のメールテンプレートの活用法
仕事が速い営業マンの習慣:最大限の力を発揮できる環境作り
お客様や上司の期待に応える、営業マンの資料作成の進め方
提案書づくりの基本を理解する:お客様の心に響く提案資料の作り方
席次・席順のビジネスマナー:応接室の上座・下座を理解する
集中して仕事を行う、デキる営業マンのパソコン利用法
営業は準備できまる:多くの営業マンが実施していない質問ノート
営業マンがお客様の「顔」と「名前」を確実に覚える3つのコツ
製品説明の基本:営業マンはお客様の未来を案内する
お客様が商品を購入する心理を理解する
営業マンの商談の基本:お金の話から逃げてはいけない

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ