営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

売り上げをあげる営業マンの時間の使い方

 

デキる営業マンに共通しているのは、数字に直結する活動を意識しているということです。

 

数字に直接結びつくアクションとは、お客様に会ってサービスの説明を行うことや、契約条件の交渉をすることなどがあげられます。その結果の良し悪しが、契約の有無に大きく影響します。デキる営業マンは、ここに労力を集めることで売上をあげています。

 

一方で数字に直結しないのが、移動時間や同僚とのタバコ休憩、そして社内会議などがあげられます。ダメ営業マンは無意識のうちに、ここに多くの時間を使っています。だから、営業の目標を達成できないのです。

 

 売り上げをあげる営業マンの時間の使い方
トップセールスマンは、時間の使い方が上手です。全体のタスクを見渡してから、どこに最も時間をかけるべきかを判断します。さらに、成果に結びつくポイントも見極めます。営業成績に反映しない無意味な作業には、労力をかけません。

 

それに比べてダメ営業マンは、時間を使うことに満足します。「仕事をしています」というアピール残業や無意味な雑談に参加します。これは、「会社に多くの労働時間を捧げることが働くことである」と間違った認識を持っているからです。

 

実は成績の差はここから生まれます。

 

意識して、目標達成に繋がる活動を優先しなければいけません。そのためには、日々の業務を棚卸しすることです。一日の仕事のなかで、何にどれだけの時間を使っていたのかを整理してみるのです。この具体的な方法について、以下の動画で解説しましたので確認ください。

 

 

 営業活動の棚卸しする
自分の営業活動が適切かどうかをチェックする具体的な方法としては、一日の活動内容を時間基軸で振り返ることがあります。

 

例えば、次のようなことが分かったとします。

 

9時に出社してメールのチェックに1時間。10時から2時間の営業会議。お昼をとって移動し、14時からA社様と30分の打ち合わせを実施。さらに移動して16時からB社様と1時間の打ち合わせ。18時に会社にもどり、上司に依頼された資料の作成を行ない、日報を入力して20時に退社。

 

 

すると、数字に直結する重要な行動は10.5時間のうち、わずか1.5時間しかないことがわかります。いかに無駄な作業が多いかに気づかされます。そして、目標達成のためには何に注力するべきかがみえてきます。

 

今回の目的は「重要な活動を洗い出して、不要な仕事を見極める」ことにあります。営業として何が売り上げに繋がるのかを理解して、業務に取り組んでください。

 

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

御礼メールによって一日に二度、お客様と会う方法
営業マンのメールの基本:売り上げにつながる署名の設定方法
メールは文章よりも「箇条書き」にすることでお客様に伝わる
売れている営業マンほどメールを使わない理由
営業マンに必要な電話スキルとは:信頼を残す留守番電話メッセージ
未来の自分にメールを送る:確実に仕事をこなすタスク管理の手法
仕事と成長のスピードをあげてくれる最強の時間管理術
TO DO リストの活用法:一日の仕事を効率的に進める仕事術
売り上げを大きく左右する営業マンのタイムマネジメント
営業マンのタスク管理:優先順位をつけて生産性を高める
80対20の法則を営業活動に取り入れて効率をあげる方法
他人に流されない営業マンのタイムマネジメント
お客様から信頼される営業マンのスケジュールの立て方
営業マンが社内の無駄な会議から上手に抜け出す方法
マルチタスクは非効率:トップ営業マンに学ぶ生産性を高める仕事術
逆算思考で営業活動のスケジュールを効率化する方法
残業ゼロでも確実に営業予算を達成するトップセールスマンの仕事術
なぜ会社が導入した名刺管理の仕組みは営業マンに歓迎されないのか
数字に直結する、営業のメールテンプレートの活用法
仕事が速い営業マンの習慣:最大限の力を発揮できる環境作り
お客様や上司の期待に応える、営業マンの資料作成の進め方
提案書づくりの基本を理解する:お客様の心に響く提案資料の作り方
席次・席順のビジネスマナー:応接室の上座・下座を理解する
集中して仕事を行う、デキる営業マンのパソコン利用法
営業は準備できまる:多くの営業マンが実施していない質問ノート
営業マンがお客様の「顔」と「名前」を確実に覚える3つのコツ
製品説明の基本:営業マンはお客様の未来を案内する
お客様が商品を購入する心理を理解する
営業マンの商談の基本:お金の話から逃げてはいけない

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ