営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

営業マンのメールの基本:売り上げにつながる署名の設定方法

 

ビジネスメールでは、必ず「署名」を設定します。メールを受け取った人に、会社名、所属部署、連絡先などを知らせるためです。そのため、相手にあわせてその内容を登録しておく必要があります。

 

例えば、社内の人間としかやりとりを行わないのに、会社情報を載せても意味がありません。それでは、営業マンの署名には、どんな情報を盛り込むべきでしょうか。

 

ここでは、売り上げにつながる営業マンの署名について話をしていきます。

 

 商談の機会を逃さないメールの署名とは
まず、何のために署名を入れるかを考えます。署名を設定する目的は、メールを受け取った相手が、自分に連絡を入れやすいようにすることです。そのため、メールの文末に署名を入れておくのです。

 

例えば、送られてきた見積もりに対して、さらなる値引きの交渉をしたいときがあります。そのようなときは、メールよりも電話が適しています。署名に連絡先の記載がなければ、わざわざ名刺を探して確認することになります。

 

この手間を省くのが署名です。もし、数社に相見積もりしているときに、連絡先の確認に手間がかかるようだと、後回しにされたり、最悪の場合はその場で外されたりしてしまう可能性もあります。

 

「一番安いわけでもないし、一社ぐらい外してもいいか……」ということで、早々にチャンスを逃してしまうことになります。

 

そのため、「お客様がすぐに連絡をとれる環境」を用意しておきます。これが営業マンに求められる署名です。商談の機会を逃さないためにも、正しい設定をする必要があります。

 

それでは、営業マンの署名には、どんな情報を載せておくべきでしょうか。以下に基本要素をあげて、それぞれ解説していきます。

 

 ・正式な会社名(株式会社まで記載)
例えば、お客様や取引先などが、書類に記載するために正式な会社名を知りたいことがあります。前株か後株か、忘れてしまうことはよくあります。そのようなことも想定して、しっかりと正式な社名を記載しておきます。

 

 ・郵便番号と住所
意外と漏れていることが多いのが、郵便番号です。納品書や契約書など、紙の媒体でやりとりをおこなうことは多いです。そこで相手の住所を確認する必要が出てきます。このとき、郵便番号がなければ手配できません。

 

もし署名に記載がない場合、「お客様にネットで検索させてしまう」という手間をかけることになります。そうならないためにも、しっかりと郵便番号と住所を登録しておきます。

 

 ・代表電話、もしくは直通電話とFAX番号
代表の電話番号はお客様が一番知りたい情報です。直通電話は、通話中のときは繋がりません。初めてかけるお客様であれば、「番号自体が間違っているのでは」と不安になることがあります。

 

そこで、必ず繋がる代表番号を記載しておきます。そうすることで、お客様に余計な心配をかけることがありません。さらに、その電話を受けた同僚からの伝言により、あなたから折り返すことで確実にコンタクトが取れます。

 

また、携帯電話を記載するかどうかを悩む人は多いです。いわゆる個人情報にあたるからです。しかし、営業マンは必ず記載しておくべきです。

 

お客様は、すぐに営業マンと連絡が取りたいときがあります。携帯番号を載せておくことで、いつでも会話ができる関係にしておきます。「外出中でも電話が繋がる」、という状態が信頼を与えます。

 

このように、「署名」の内容は、営業の成果に大きな影響を与えます。

 

営業マンのメールの相手は、大切なお客様です。「お客様に何を伝えるべきか」という基本的な視点で考えて、営業マンは署名を設定する必要があります。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

御礼メールによって一日に二度、お客様と会う方法
メールは文章よりも「箇条書き」にすることでお客様に伝わる
売れている営業マンほどメールを使わない理由
営業マンに必要な電話スキルとは:信頼を残す留守番電話メッセージ
未来の自分にメールを送る:確実に仕事をこなすタスク管理の手法
売り上げをあげる営業マンの時間の使い方
仕事と成長のスピードをあげてくれる最強の時間管理術
TO DO リストの活用法:一日の仕事を効率的に進める仕事術
売り上げを大きく左右する営業マンのタイムマネジメント
営業マンのタスク管理:優先順位をつけて生産性を高める
80対20の法則を営業活動に取り入れて効率をあげる方法
他人に流されない営業マンのタイムマネジメント
お客様から信頼される営業マンのスケジュールの立て方
営業マンが社内の無駄な会議から上手に抜け出す方法
マルチタスクは非効率:トップ営業マンに学ぶ生産性を高める仕事術
逆算思考で営業活動のスケジュールを効率化する方法
残業ゼロでも確実に営業予算を達成するトップセールスマンの仕事術
なぜ会社が導入した名刺管理の仕組みは営業マンに歓迎されないのか
数字に直結する、営業のメールテンプレートの活用法
仕事が速い営業マンの習慣:最大限の力を発揮できる環境作り
お客様や上司の期待に応える、営業マンの資料作成の進め方
提案書づくりの基本を理解する:お客様の心に響く提案資料の作り方
席次・席順のビジネスマナー:応接室の上座・下座を理解する
集中して仕事を行う、デキる営業マンのパソコン利用法
営業は準備できまる:多くの営業マンが実施していない質問ノート
営業マンがお客様の「顔」と「名前」を確実に覚える3つのコツ
製品説明の基本:営業マンはお客様の未来を案内する
お客様が商品を購入する心理を理解する
営業マンの商談の基本:お金の話から逃げてはいけない

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ