営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

営業マンに必要な「信頼を残す留守番電話メッセージ」のスキルとは

 

営業マンがお客様に、電話をかけることは非常に多いです。そして相手が出れない場合には、留守番電話に伝言を残します。このとき、メッセージの残し方を工夫するだけでも、周りの営業マンと差をつけることができます。

 

ここでは私が実践している、「留守番電話メッセージ」の手法とその考え方を解説します。

 

 常にお客様がどう感じるかを考えるのが営業である
前述の通り、お客様に電話をかけた際、出れない場合は必ず留守番電話にメッセージを残します。例えば、「ご発注いただいた空気清浄器の納期の件でご連絡させて頂きました。お時間のある時に、折り返しご連絡頂けますでしょうか」という内容です。

 

用件を伝えることで、折り返しの連絡が入る確率は高まります。それは、「自ら返さなくてはいけない」という心理が働くからです。

 

伝言の内容は、「何の件で電話をしたのか」だけにします。全てを話そうとする人がいますが、これをやってはいけません。なぜなら、一方的なメッセージだからです。つまり、正確に意図を伝えることができません。コミュニケーションは双方向のやりとりができて、初めて成立します。

 

また留守電に録音することを嫌う営業マンがいますが、これは営業として失格です。着信だけを残した場合、「何の件で電話をしたのか」が伝わりません。するとお客様は、不安になります。営業がお客様に、不安を与えてはいけません。

 

例えば着信だけを残した場合、「あれっ、鈴木商事の山田さんから着信がある。一体何の件だろう? 依頼していた見積りの件かな。それとも明日の修理工事のことで何かあったのだろうか……」と気をつかわせてしまいます。

 

どんなに小さくても、不快な思いをさせてはいけません。それが繰り返されることで、「ストレスを感じる営業」という存在が出来上がってしまいます。些細なことでも、お客様の感情をケアしておくことが、営業マンには求められます。

 

 電話が繋がらない場合の手段を作っておく
また、お客様が接客中の時であれば、着信を拒否されることがあります。その場合には留守電に繋がることができず、伝言メッセージを残せません。

 

このようなケースで私が行っている、ひとつの工夫があります。それは携帯電話にショートメッセージを送ることです。相手が個人用携帯を持っていれば、ショートメールを送ることができます。そこで、「見積り提示の件、また電話します」というように電話の主旨を伝えます。

 

ただ、何の承諾もなく、いきなり携帯にメールを送るのは失礼です。そこで私は、携帯にメールを送っても問題ないかをお客様ごとに、必ず確認するようにしています。必要なことは、お客様に対する気遣いです。メッセージを残すといった、小さな行為の積み重ねが、良好な関係を作っていくのです。

 

また伝言を残すことで、接触回数を増やすことができます。伝言を聞いて、そのあと折り返しの電話で会話ができれば、2回のコミュニケーションを行うことになります。単純に接触回数を増やすことで信頼関係を築く「ザイオンス効果」の狙いもあります。

 

このように、留守番電話を残すときは、工夫次第で有効なコミュニケーションになります。どれだけ頭を使って行動しているかで、営業成績に差がつくのです。


Sponsored Link

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

御礼メールによって一日に二度、お客様と会う方法
営業マンのメールの基本:売り上げにつながる署名の設定方法
メールは文章よりも「箇条書き」にすることでお客様に伝わる
売れている営業マンほどメールを使わない理由
未来の自分にメールを送る:確実に仕事をこなすタスク管理の手法
売り上げをあげる営業マンの時間の使い方
仕事と成長のスピードをあげてくれる最強の時間管理術
TO DO リストの活用法:一日の仕事を効率的に進める仕事術
売り上げを大きく左右する営業マンのタイムマネジメント
営業マンのタスク管理:優先順位をつけて生産性を高める
80対20の法則を営業活動に取り入れて効率をあげる方法
他人に流されない営業マンのタイムマネジメント
お客様から信頼される営業マンのスケジュールの立て方
営業マンが社内の無駄な会議から上手に抜け出す方法
マルチタスクは非効率:トップ営業マンに学ぶ生産性を高める仕事術
逆算思考で営業活動のスケジュールを効率化する方法
残業ゼロでも確実に営業予算を達成するトップセールスマンの仕事術
なぜ会社が導入した名刺管理の仕組みは営業マンに歓迎されないのか
数字に直結する、営業のメールテンプレートの活用法
仕事が速い営業マンの習慣:最大限の力を発揮できる環境作り
お客様や上司の期待に応える、営業マンの資料作成の進め方
提案書づくりの基本を理解する:お客様の心に響く提案資料の作り方
席次・席順のビジネスマナー:応接室の上座・下座を理解する
集中して仕事を行う、デキる営業マンのパソコン利用法
営業は準備できまる:多くの営業マンが実施していない質問ノート
営業マンがお客様の「顔」と「名前」を確実に覚える3つのコツ
製品説明の基本:営業マンはお客様の未来を案内する
お客様が商品を購入する心理を理解する
営業マンの商談の基本:お金の話から逃げてはいけない

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ