営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

営業マンの商談の基本:お金の話から逃げてはいけない

 

多くの営業マンは、価格の話を嫌がります。そのため、商品の値段を伝えることをためらいます。それは、「高い」と言われて断られることを恐れているからです。

 

しかし、ここに大きな間違いがあります。それは、自分を中心に考えていることです。金額の話をしたくないというのは営業マンの都合です。決して、お客様が望んでいることではありません。

 

実際は逆です。お客様にとって価格は、すぐに知りたい情報です。営業マンは言いたくなくても、お客様は聞きたいことです。真剣に購入を考えているほど、予算にあうかどうかを気にするからです。

 

ここで営業マンは、言いづらいことを後回しにしてしまう弱気な自分に気づく必要があります。それが結果として、お客様の期待を裏切っているからです。

 

 言いにくいことを最初に伝えることで話が進む
話し方の本を読んでいると、「結論から先に」というルールがよく出てきます。これには多くの人が納得できます。しかし、実践できている人は、ほとんどいないのが現状です。それは、結局自分の都合で会話を進めているからです。

 

これは、営業マンとお客様との商談においても、同じことがいえます。特に、提案している商品の価格に関することほど顕著に表れます。

 

日常生活で、お金の話をするのは抵抗があるのは理解できます。しかし、営業マンがこれではいけません。いくら製品説明が上手くできても、正確な費用を伝えることができなければ、契約に結びつくことはありません。

 

そこで、価格の話を最初に持ってくることで、説得力を高めることができます。これは、双方のパターンを比較することで理解できます。例えば、価格を後ろにもってくると、次のようになります。

 

最新の印刷機能を備えた機種です。今までにない圧倒的なスピードで印刷することができます。レンタル料が少し上がりまして、月2万円になります

 

メリットを前面に押し出して、何とかして商品を買わせようとしている印象を受けます。そこで、順番を変えて価格を冒頭にもってきます。

 

レンタル料は、月に2万円と高額です。しかし、これには理由があります。それは、最新の印刷機能が備わっているからです。そのため、今までにない圧倒的なスピードで印刷することができます

 

 結論から伝えることでチャンスが広がる
このように、価格を最初に伝えることで、その根拠が納得しやすいものになります。「結論から先に」という原則は、プレゼンテーションにおける価格にも当てはまります。

 

これは、逆の立場でも同じことがいえます。つまり、買う立場の人が先に予算の話をすることで大きなメリットがあります。

 

例えば、家電量販店で液晶テレビを探しいいるとします。店員が近づいてきて、最近のトレンド、おすすめの製品など、懸命に売り込みをしてきます。ここで、あなたから結論を伝えるのです。

 

予算は18万円です。40インチ以上の液晶テレビを探しているのですが、どれがよいですか」と結論を冒頭にもってきます。

 

こうすることで、販売員の対応も変わります。高額商品や流行のテレビから離れて、「18万円という枠に収まっているなかから選び出す」という思考に変わります。さらに、提案の内容も大きく変わります。

 

「38インチになりますが、この機種であれば18万円でご提供できます」

 

「19万8,000円ですが、18万円に下げられるか店長に相談させて頂きます」

 

このように、価格を先に伝えることでショップの店員が動きやすくなります。提案の幅が広がるからです。それが、あなたのメリットに繋がります。

 

コミュニケーションは、相手の聞きたいことを優先する必要があります。言いづらいことを後回しにするのは、あなたの都合に過ぎません。お客様が知りたいことを伝えることが、商談の基本であることを理解してください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

御礼メールによって一日に二度、お客様と会う方法
営業マンのメールの基本:売り上げにつながる署名の設定方法
メールは文章よりも「箇条書き」にすることでお客様に伝わる
売れている営業マンほどメールを使わない理由
営業マンに必要な電話スキルとは:信頼を残す留守番電話メッセージ
未来の自分にメールを送る:確実に仕事をこなすタスク管理の手法
売り上げをあげる営業マンの時間の使い方
仕事と成長のスピードをあげてくれる最強の時間管理術
TO DO リストの活用法:一日の仕事を効率的に進める仕事術
売り上げを大きく左右する営業マンのタイムマネジメント
営業マンのタスク管理:優先順位をつけて生産性を高める
80対20の法則を営業活動に取り入れて効率をあげる方法
他人に流されない営業マンのタイムマネジメント
お客様から信頼される営業マンのスケジュールの立て方
営業マンが社内の無駄な会議から上手に抜け出す方法
マルチタスクは非効率:トップ営業マンに学ぶ生産性を高める仕事術
逆算思考で営業活動のスケジュールを効率化する方法
残業ゼロでも確実に営業予算を達成するトップセールスマンの仕事術
なぜ会社が導入した名刺管理の仕組みは営業マンに歓迎されないのか
数字に直結する、営業のメールテンプレートの活用法
仕事が速い営業マンの習慣:最大限の力を発揮できる環境作り
お客様や上司の期待に応える、営業マンの資料作成の進め方
提案書づくりの基本を理解する:お客様の心に響く提案資料の作り方
席次・席順のビジネスマナー:応接室の上座・下座を理解する
集中して仕事を行う、デキる営業マンのパソコン利用法
営業は準備できまる:多くの営業マンが実施していない質問ノート
営業マンがお客様の「顔」と「名前」を確実に覚える3つのコツ
製品説明の基本:営業マンはお客様の未来を案内する
お客様が商品を購入する心理を理解する

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ