営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

マルチタスクは非効率:トップ営業マンに学ぶ生産性を高める仕事術

 

営業で成果をあげるには、効率的に仕事を進めなければいけません。限られた時間の中で、いかに数多くのタスクをこなしていくかを考える必要があります。

 

そして、仕事の進め方について考えるとき、特に気をつけたいのがマルチタスクです。マルチタスクとは、コンピューター用語で複数の処理を同時に実行することを言います。

 

営業活動であれば、パソコンで提案書を作っている最中に、お客様からの電話に対応するというような仕事の進め方です。ひとつの作業が完了する前に、別の作業に取り掛かってしまうのです。

 

しかし、このマルチタスクはとても非効率です。別の作業を始めてしまうと、もとの作業に戻るときに大きな負担が発生するからです。

 

ここでは、マルチタスクの弊害を理解して、効率的な仕事の進め方について考えていきます。

 

 マルチタスクは非効率
先ほどの例のとおり、「お客様からの電話」という理由で、無条件に電話に出てしまう営業マンは多いです。おそらく、あなたもお客様からの電話であれば、すぐに対応するのではないでしょうか。

 

ただ、この仕事の進め方はとても非効率です。

 

例えば、お客様との電話が終了して提案書の作成に戻ろうとしても、スムーズにもとの状態に戻ることはできません。

 

これは、別のタスクに取り掛かったことで、提案書作成に対する集中力が途切れてしまうからです。そのため、再度、集中力を高めるために時間がかかります。

 

さらに、どのように考えて提案書を作っていたのかを忘れてしまうこともあります。もし忘れてしまったら、それを思い出すことから始めなければいけないのです。

 

このようにマルチタスクは、仕事の生産性という観点からみると、とても効率が悪いのです。

 

それでは、どのように仕事を進めていけば良いのでしょうか。

 

それは、ひとつ一つの仕事が完了するまでは、別の業務に取り掛からないというルールを作り、それを徹底することです。

 

複数のタスクを同時並行で処理するのは、コンピューターであれば可能です。しかし、残念ながら、人間にはそのような優れた能力は備わっていません。

 

目の前の仕事に集中して、ひとつ一つ片付けていくことが最も効率的なのです。そして、これを実践することで、営業活動の生産性を高めることができるのです。

 

生産性を高めるトップセールスの仕事術

 

このような話をすると、「お客様からの電話にはすぐに対応するべきでは」というような反論が返ってきます。ただ、これは思い込みに過ぎません。

 

提案書の作成が終わってから、折り返しの電話を入れれば良いだけだからです。

 

どのような営業マンであっても、電話に出られない状況はあります。そして、お客様もそれは分かっています。そのため、現在の業務が完了した後に、折り返しの電話をすれば問題はありません。

 

例えば、提案書や作成や営業会議にかかる時間は、どんなに長くても2時間です。つまり、2時間後には電話をかけ直すことができるのです。この時間を待てないお客様などいません。

 

そして、折り返しの電話をかけるときは、必ずお詫びの言葉を入れてください。例えば、次のようなフレーズです。

 

「先ほどは電話に出ることができず申し訳ございませんでした」

 

「すいません、打ち合わせ中で電話に出ることができませんでした」

 

このように、お詫びの気持ちを伝え、電話をかけ直せば全く問題はありません。もちろん、着信から4〜5時間も空けてはいけませんが、現在の業務を終えてからで十分なのです。

 

そのため、お客様から電話がかかってきても対応する必要はなく、目の前の業務に集中するべきなのです。

 

 目の前の業務に集中できる環境作り
私がIT業界で法人営業を行なっていたときの話です。重要なタスクに取り組むときは、携帯電話をカバンの中に入れるようにしていました。机のうえに置いておくと、どうしても気が散ってしまうからです。

 

つまり、目の前の重要な業務に集中できる環境を作っていたのです。

 

そうすることで、携帯電話への着信やショートメッセージを確認するというマルチタスクを強制的に避けることができます。

 

さらに、集中して事務作業に取り組みたいときは、私は事務所の近くにある喫茶店に入って、一人で仕事をしていました。

 

そうすることで、上司や同僚に声をかけられることがなくなります。さらに、外線の電話もかかってくることもありません。そのため、一切の邪魔がなくなり、集中して仕事に取り組むことができるのです。

 

このように、自分が集中して仕事に取り組める環境を作ることを意識してください。目の前の業務に集中できることで、生産性は高まるのです。

 

また、ひとつのタスクが完了する前に、別の業務に取りかかってはいけません。元のタスクに対する集中力が弱まり、非効率だからです。

 

営業として成果をあげるために、生産性を高めることを真剣に考えなければいけません。自分なりのその方法を見つけ、実践できた人だけが成果をあげることができるのです。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

御礼メールによって一日に二度、お客様と会う方法
営業マンのメールの基本:売り上げにつながる署名の設定方法
メールは文章よりも「箇条書き」にすることでお客様に伝わる
売れている営業マンほどメールを使わない理由
営業マンに必要な電話スキルとは:信頼を残す留守番電話メッセージ
未来の自分にメールを送る:確実に仕事をこなすタスク管理の手法
売り上げをあげる営業マンの時間の使い方
仕事と成長のスピードをあげてくれる最強の時間管理術
TO DO リストの活用法:一日の仕事を効率的に進める仕事術
売り上げを大きく左右する営業マンのタイムマネジメント
営業マンのタスク管理:優先順位をつけて生産性を高める
80対20の法則を営業活動に取り入れて効率をあげる方法
他人に流されない営業マンのタイムマネジメント
お客様から信頼される営業マンのスケジュールの立て方
営業マンが社内の無駄な会議から上手に抜け出す方法
逆算思考で営業活動のスケジュールを効率化する方法
残業ゼロでも確実に営業予算を達成するトップセールスマンの仕事術
なぜ会社が導入した名刺管理の仕組みは営業マンに歓迎されないのか
数字に直結する、営業のメールテンプレートの活用法
仕事が速い営業マンの習慣:最大限の力を発揮できる環境作り
お客様や上司の期待に応える、営業マンの資料作成の進め方
提案書づくりの基本を理解する:お客様の心に響く提案資料の作り方
席次・席順のビジネスマナー:応接室の上座・下座を理解する
集中して仕事を行う、デキる営業マンのパソコン利用法
営業は準備できまる:多くの営業マンが実施していない質問ノート
営業マンがお客様の「顔」と「名前」を確実に覚える3つのコツ
製品説明の基本:営業マンはお客様の未来を案内する
お客様が商品を購入する心理を理解する
営業マンの商談の基本:お金の話から逃げてはいけない

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ