営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

営業マンが無駄な社内会議から上手に抜け出す方法

 

トップセールスマンは時間管理を徹底しています。そして、周囲の営業マンとの一番の違いは、社内のイベントに対する対応です。生産性のない営業会議や、参加する意義のない打ち合わせには一切顔を出しません。

 

これは、面倒だからという理由ではもちろんありません。お客様のために貴重な時間を使いたいので、一切の無駄を省いているのです。

 

そこで、ここでは周囲の反感をかわずに、上手に社内会議を抜け出す方法について話をしていきます。

 

 顧客第一主義で上司を納得させる
なぜかサラリーマンは会議が好きです。複数人で集まっては、「ああでもない、こうでもない」とグダグダ言いながら、結局何も決まらずに終わったりします。何の成果も出ていないのに、顔をあわせるだけで満足しているのです。

 

私は、このような無意味な会議が嫌いでした。そのため、いかに上手に会議を避けるかを、いつも考えていました。そこで、よく使っていた手法が、お客様への訪問予定を入れてしまうことです。

 

もちろん、全ての会議を欠席するわけにはいきません。いくら顧客訪問とはいえ、さすがに毎回の欠席は、上司も認められないからです。ほどよい程度に、欠席する回数を調整することを意識しなければいけません。

 

また、アポイントがあるために参加できないことを、事前に連絡しておくことが大前提です。そしてポイントは、お客様の都合で会議の日時と重なってしまったことを説明することです。

 

さらに、「何の商談で、どのような目的で訪問するのか」をしっかりと説明しておくことで上司も納得します。正当な理由を、こちらから丁寧に説明するのです。

 

そうすることで、「お客様を優先したいので会議をやむなく欠席します」という気持ちを表現することができます。

 

 スケジュール管理により無駄を省く
打ち合わせや会議が、予定の時間より長引くことがよくあります。これも時間の無駄です。タイムマネジメントが成果に大きく影響する営業マンにとって、これは避けなければなりません。

 

そこで、有効なテクニックが、終了予定時間に外出する予定をいれておくことです。そうすることで、時間が来たら、周囲にひと声かけて抜け出すことができます。

 

このとき、どのように声をかけるかも重要です。例えば、それでは時間になりましたので失礼しますという言葉だけでは、「冷たい人」と捉えられてしまう可能性があります。

 

そこで、あえて感情を表に出して、人間味あふれる対応を取るようにします。例えば、次のような言い方です。

 

あっ、すいません!時間になってしまいました。私、次の予定がありますのでお先に失礼します

 

少し大袈裟なぐらいが丁度いいです。このように、温かい対応によって周囲の反感をかわないように配慮が必要です。

 

社内のルールやしきたりを重視しすぎる人がいます。このような人は、例外なく仕事ができない人達です。事実、私が知っている仕事ができる人の多くは、良い意味でいい加減です。

 

時間の無駄を省くために、無駄な社内イベントから上手に抜け出す方法を身につけるようにしてください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

御礼メールによって一日に二度、お客様と会う方法
営業マンのメールの基本:売り上げにつながる署名の設定方法
メールは文章よりも「箇条書き」にすることでお客様に伝わる
売れている営業マンほどメールを使わない理由
営業マンに必要な電話スキルとは:信頼を残す留守番電話メッセージ
未来の自分にメールを送る:確実に仕事をこなすタスク管理の手法
売り上げをあげる営業マンの時間の使い方
仕事と成長のスピードをあげてくれる最強の時間管理術
TO DO リストの活用法:一日の仕事を効率的に進める仕事術
売り上げを大きく左右する営業マンのタイムマネジメント
営業マンのタスク管理:優先順位をつけて生産性を高める
80対20の法則を営業活動に取り入れて効率をあげる方法
他人に流されない営業マンのタイムマネジメント
お客様から信頼される営業マンのスケジュールの立て方
マルチタスクは非効率:トップ営業マンに学ぶ生産性を高める仕事術
逆算思考で営業活動のスケジュールを効率化する方法
残業ゼロでも確実に営業予算を達成するトップセールスマンの仕事術
なぜ会社が導入した名刺管理の仕組みは営業マンに歓迎されないのか
数字に直結する、営業のメールテンプレートの活用法
仕事が速い営業マンの習慣:最大限の力を発揮できる環境作り
お客様や上司の期待に応える、営業マンの資料作成の進め方
提案書づくりの基本を理解する:お客様の心に響く提案資料の作り方
席次・席順のビジネスマナー:応接室の上座・下座を理解する
集中して仕事を行う、デキる営業マンのパソコン利用法
営業は準備できまる:多くの営業マンが実施していない質問ノート
営業マンがお客様の「顔」と「名前」を確実に覚える3つのコツ
製品説明の基本:営業マンはお客様の未来を案内する
お客様が商品を購入する心理を理解する
営業マンの商談の基本:お金の話から逃げてはいけない

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ