営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

仕事が速い営業マンの習慣:最大限の力を発揮できる環境作り

 

いつも仕事が速い人と遅い人がいます。この違いは「環境」の差から生まれます。仕事が速い人は、作業そのものが速いわけではありません。集中して取り組める環境の中で、仕事をしているから速いのです。

 

一方で仕事が遅い人は、頻繁に作業が途切れます。携帯電話を覗いてみたり、同僚と一緒にタバコ休憩にいったりします。作業から気が離れることで効率が落ちて、仕上げるスピードが遅くなるのです。

 

仕事に集中する環境は自分で作るものです。まず、携帯電話は机の上には置かないようにします。また、タバコ休憩は一段落ついたところで、独りで取るようにします。作業に専念できる状況が、早く終わらせるのです。

 

そこで、ここでは私が実践している、「仕事が速い人の環境作り」を説明します。

 

 電話連絡は全て折り返しにする
私は提案書の作成など事務処理に集中したいときは、携帯電話を留守電にします。電話に出て数分でも話をすると、気持ちが大きく離れてしまうからです。

 

電話が終わっていざ作業に戻ろうとすると、「あれっ、何をやろうとしてたんだっけ?」と忘れてしまいます。そして、提案書を2〜3ページ前から見直して、一生懸命に思い出そうとします。この時間が、非常に無駄なのです。

 

ですから私は留守電にして、完全に一区切りついたところで、折り返しの電話を入れるようにしています。

 

このように言うと、「お客様からの電話には、すぐに出るべきでは?」と多くの営業マンが感じると思います。しかし、その必要はありません。作業が終わった後に、かけ直せば良いだけです。

 

どんな事務処理でも、1〜2時間あればで終わります。それが待てないというお客様はいません。そして、「誰でも電話に出れないときがある」ことは理解しています。

 

さらに私は、留守電をセットしたら鞄の中にしまいます。目のつく所にあると、どうしてもメールの受信などに気が取られるからです。

 

このように私は、携帯電話を完全にシャットアウトすることで、作業に没頭できる「環境」を作っています。その結果、仕事がスムーズに進み、速く終わるのです。

 

 メールソフトは立ち上げない
メールも、あなたの作業を遅らせる要因のひとつです。受信を知らせるポップアップがでるたびに、必ずそこに目が行きます。そのつど、気が散っているのです。

 

例えば、「あっ! 平松部長からのメールだ。何かあったんだろうか?」というように中断せざるを得ない状況が発生します。内容によっては、返信をする必要性に迫られて大きく気持ちが揺さぶられます。さらに返信内容を考えることで、「以前の作業」から完全に頭が切り離されてしまいます。

 

そのため私は、集中して業務に取り組みたいときは、メールソフトを立ち上げないようにしています。さらにメールソフトを見ない時間を作ることで、立ち上げたときにより集中してメールのチェックが行える、というメリットもあります。

 

このように私は、「集中して業務に取り組める環境」を作る工夫をしています。その中で進めることで、本来の能力が発揮できます。その結果、仕事が速く終わるのです。

 

仕事が速い人で、成績の悪い営業マンはいません。締め切りの前日に必要な資料を提出するだけでも、お客様は喜んでくれます。スピードは情熱を伝える営業マンの武器です。

 

目標達成のために「どうすれば力を最大限に発揮できるか」を真剣に考えて、日々の営業活動に取り組むようにしてください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

御礼メールによって一日に二度、お客様と会う方法
営業マンのメールの基本:売り上げにつながる署名の設定方法
メールは文章よりも「箇条書き」にすることでお客様に伝わる
売れている営業マンほどメールを使わない理由
営業マンに必要な電話スキルとは:信頼を残す留守番電話メッセージ
未来の自分にメールを送る:確実に仕事をこなすタスク管理の手法
売り上げをあげる営業マンの時間の使い方
仕事と成長のスピードをあげてくれる最強の時間管理術
TO DO リストの活用法:一日の仕事を効率的に進める仕事術
売り上げを大きく左右する営業マンのタイムマネジメント
営業マンのタスク管理:優先順位をつけて生産性を高める
80対20の法則を営業活動に取り入れて効率をあげる方法
他人に流されない営業マンのタイムマネジメント
お客様から信頼される営業マンのスケジュールの立て方
営業マンが社内の無駄な会議から上手に抜け出す方法
マルチタスクは非効率:トップ営業マンに学ぶ生産性を高める仕事術
逆算思考で営業活動のスケジュールを効率化する方法
残業ゼロでも確実に営業予算を達成するトップセールスマンの仕事術
なぜ会社が導入した名刺管理の仕組みは営業マンに歓迎されないのか
数字に直結する、営業のメールテンプレートの活用法
お客様や上司の期待に応える、営業マンの資料作成の進め方
提案書づくりの基本を理解する:お客様の心に響く提案資料の作り方
席次・席順のビジネスマナー:応接室の上座・下座を理解する
集中して仕事を行う、デキる営業マンのパソコン利用法
営業は準備できまる:多くの営業マンが実施していない質問ノート
営業マンがお客様の「顔」と「名前」を確実に覚える3つのコツ
製品説明の基本:営業マンはお客様の未来を案内する
お客様が商品を購入する心理を理解する
営業マンの商談の基本:お金の話から逃げてはいけない

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ