営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

仕事と成長のスピードをあげてくれる最強の時間管理術

 

誰でも、あることをすれば確実に仕事をこなせるようになり、想定以上の成果がでるようになります。さらに、あなたの成長を早めてくれます。それを「デッドライン」といいます。

 

デッドラインとは、仕事に締め切りを設けることです。期限を決めることで集中力が高まり、思考のスピードも速まります。これによって、仕事の成果を高めることができます。

 

 なぜ仕事を先延ばしにしてしまうのか?
多くの人は、「時間があれば仕事ができる」と考えます。しかし、実際は逆です。時間があればあるほど仕事は進みません。その原因は、先延ばしにあります。

 

人は仕事に取り掛かる前に、いつまでに終わらせる必要があるのかを意識します。期限までに多くの時間があると、「まだ余裕があるから、今やらなくてもよいか」という考えが発生します。その結果、「仕事に取り掛からない」という選択をします。

 

人間はどんなときでも、楽をしたいという欲を持っています。面倒臭いことから逃れることができれば、そちらに流されてしまいます。最終的には終わらせる必要があると分かっていても、「今は楽をしたい」という気持ちが仕事を先延ばしにさせるのです。

 

 締め切りが効率をあげてくれる
時間がない中で仕事をすると、スピードがあがった経験をしたことはあると思います。例えば、お客様から明日の16時までに資料が欲しいと依頼されます。「社内で決裁を取るために費用対効果を説明した資料を作って欲しい」とのことです。

 

過去にも同様の資料を作ったことがあったので、2時間ほどで完成する見込みがありました。それで明日の午前中から、取り掛かることにしました。

 

ところが翌朝になって別の大型商談が急展開して、その対応に時間を取られてしまうようになりました。結局、提出期限の1時間前である15時にようやく取り掛かり始めました。ところが、このときは30分でその資料が完成したのです。

 

今までの経験から2時間程度と見込んでいたのが、たった30分しかかかりませんでした。これは、「先延ばしにできない状況」が集中力を高め、その状態で資料作成に取り組んだからです。

 

締め切りが迫ることで、作業効率があがります。これを利用するのがデッドラインです。お客様に対する期限とは関係なく、自分独自で締め切りを設けるのです。全ての業務にタイムリミットをつけることで、「集中力が高まった自分」で仕事を進めることができます。その結果、想定以上の成果をあげれるようになります。

 

 デッドラインで成長を加速させる
デッドラインを設けて仕事を続けていると、ビジネスマンとしての成長スピードが圧倒的に速まります。期限が近づくと、全神経を集中させる必要があるからです。迷っている暇もなく、決断力がついてきます。自然と考えるスピードも速まります。

 

これを繰り返していくうちに、体が覚えこんでいくのです。それが当たり前となり、仕事の基礎体力があがっていきます。

 

成長するためには、自分に負荷を与える必要があります。これは、筋力トレーニングと一緒です。重たいバーベルをあげて、負荷をかけることで筋肉は強化されます。

 

デッドラインにより自分を鍛えることで、目標達成が当たり前の営業マンを目指してください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

御礼メールによって一日に二度、お客様と会う方法
営業マンのメールの基本:売り上げにつながる署名の設定方法
メールは文章よりも「箇条書き」にすることでお客様に伝わる
売れている営業マンほどメールを使わない理由
営業マンに必要な電話スキルとは:信頼を残す留守番電話メッセージ
未来の自分にメールを送る:確実に仕事をこなすタスク管理の手法
売り上げをあげる営業マンの時間の使い方
TO DO リストの活用法:一日の仕事を効率的に進める仕事術
売り上げを大きく左右する営業マンのタイムマネジメント
営業マンのタスク管理:優先順位をつけて生産性を高める
80対20の法則を営業活動に取り入れて効率をあげる方法
他人に流されない営業マンのタイムマネジメント
お客様から信頼される営業マンのスケジュールの立て方
営業マンが社内の無駄な会議から上手に抜け出す方法
マルチタスクは非効率:トップ営業マンに学ぶ生産性を高める仕事術
逆算思考で営業活動のスケジュールを効率化する方法
残業ゼロでも確実に営業予算を達成するトップセールスマンの仕事術
なぜ会社が導入した名刺管理の仕組みは営業マンに歓迎されないのか
数字に直結する、営業のメールテンプレートの活用法
仕事が速い営業マンの習慣:最大限の力を発揮できる環境作り
お客様や上司の期待に応える、営業マンの資料作成の進め方
提案書づくりの基本を理解する:お客様の心に響く提案資料の作り方
席次・席順のビジネスマナー:応接室の上座・下座を理解する
集中して仕事を行う、デキる営業マンのパソコン利用法
営業は準備できまる:多くの営業マンが実施していない質問ノート
営業マンがお客様の「顔」と「名前」を確実に覚える3つのコツ
製品説明の基本:営業マンはお客様の未来を案内する
お客様が商品を購入する心理を理解する
営業マンの商談の基本:お金の話から逃げてはいけない

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ