営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

ブレインストーミング:最適な解決策を導き出す発想法

 

ビジネスにおける問題を改善するためには、解決策を考えだす必要があります。過去の経験や事例から、その方法を決めななければいけません。

 

ただ、自分一人で考えていても有効な手段が見つけれれないことがあります。一人の人間が考え出せるアイデアには限界があるからです。

 

そこで、最適な解決策を見つけるのに有効な手段が「ブレインストーミング」です。

 

ブレインストーミングとは、複数人の参加者がたくさんの意見やアイデアを出し合い、そこから最適な答えを見つけ出す方法です。複数人の意見を比べたり、組み合わせたりすることで、新たなアイデアを生み出すことができるという効果があります。

 

ブレストと省略されることが多いこの手法は、アメリカのアレックス・オズボーン氏よって考案された発想法です。

 

ここでは、ブレインストーミングによる解決策の導き方について話をしていきます。

 

 ブレインストーミングの規則
ブレインストーミングは、複数人が集まる会議の場で、チームのルールや方向性を決めるときによく使われます。

 

そしてブレストには、進行を円滑にするための4つの基本ルールがあります。その規則の内容と、具体的な進め方を解説していきます。

 

 1、質よりも量を重視する
最も重要なことは、数多くのアイデアを出しあうことです。クオリティを気にすることなく、頭に浮かんだ意見はとにかく発言してください。

 

ベテランの営業部長から新人営業マンまでの全員が、それぞれ独自のアイデアを発表することが大切です。他人の異なる視点による意見を聞くことで、新たな発想が生まれることが良くあるからです。

 

 2、自由に発言する
自分の意見がビジネスとして正しいかどうかは気にしてはいけません。思いついたアイデアを自由に伝えるようにしてください。

 

発言したときは非現実的なアイデアでも、メンバーで討論を重ねることで有効な手段に生まれ変わることもあります。常識にとらわれない考えや意見が、議論を活性化させるのです。

 

 3、批判禁止
ブレストでは他人の発言を否定してはいけません。例えば、「その製品は売れないと思う」「その進め方ではクロージングは無理」というような批判です。

 

このようなネガティブな反応は、メンバーのモチベーションを下げ、思考を停止させてしまいます。どんな意見でも受け入れる姿勢が、ブレストの成功につながります。

 

 4、結合して膨らませる
他人が出したアイデアに自分の意見を加えて発言することはとても有効です。これにより、斬新な発想に繋がるケースはよくあります。例えば、次のような会話です。

 

「一緒にオプションサービスの提案もできると思う」

 

「それなら最初からオプション込みで価格を提示した方がいいのでは」

 

「いっそのこと、オプションを無料にした方がインパクトが強くお客様に響くのではないか」

 

このように、他人の意見に便乗していくのです。こうすることで、メンバー全員の思考の幅が広まっていきます。これが、最適な解決策へと近づけてくれるのです。

 

営業マン個人で考え出せるアイデアには限界があります。そのため、お客様の問題を解決する有効な手段が見つからず、提案が手詰まりになることは良くあります。

 

営業マンは一人で考え込んではいけません。他人のアイデアを活用するという思考を身につけてください。ブレインストーミングによって、「他人の知恵」を利用するという考え方です。

 

ブレストによって解決策を導き出すスキルを身につけて、お客様に最適な提案をおこなえる営業マンを目指してください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ