営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

新規顧客開拓:視点をズラして競合他社から一歩抜けだす方法

 

新規顧客へのアプローチで、大きな壁となるのが既存の業者です。法人顧客であれば、複数の取引先があることも少なくありません。必ず競合会社がいることになります。

 

しかし、ある工夫をすることで、簡単に他の業者から一歩抜け出すことができます。それは、自分の立ち位置をズラすことです。

 

他の業者と横並びになるのではなく、お客様側の立場に入り込んで提案を行ないます。そうすると短期間で信頼関係を構築でき、新規開拓の成果を高めることができます。

 

 製品ではなく、製品の選定基準を提案する
商談では提案を行なうのではなく、製品を選ぶポイントをアドバイスしなければいけません。相手の視点にたって、一緒に製品を選ぶという感覚です。そうすることで、「自分と同じ立場で意見を言ってくれる営業マン」というイメージを作り上げることができます。

 

例えば、以下のような話し方です。

 

「コピー機は長い期間使うものです。機能だけでなく耐久性も視野にいれましょう」

 

「今の業務ではスキャナー機能は必要ありませんね。同じ業界のユーザー様も基本機能だけが付いている機種を選んでいます」

 

さらに、製品を選定するまでの過程をサポートすることを提案します。次のようなアプローチが非常に効果的です。

 

「他社の製品特徴も把握しております。お客様にとって最適な機種を選ぶお手伝いをさせてください」

 

つまり、お客様側の立ち位置に入り込むようにします。「選ばれる側」から「選ぶ側」に立つのです。

 

 ・お客様側の立場に入り込む

新規顧客開拓:視点をズラして競合他社から一歩抜けだす方法

 

このように自分の立ち位置をズラすことで、その他大勢の業者の中から抜け出すことができます。

 

 提案の視点をズラすことでお客様側に入り込む
さらに、自社と他社製品をいくつか選び、比較資料を作ることがとても有効です。そこには、お客様の立場にたってメリット・デメリットを記載します。お客様が選定するための資料を、あなたが代わって作るのです。

 

この際に注意するべき点があります。それは、あくまでも公平な立場で製品比較をおこなうことです。あからさまに自社製品を有利に評価していれば、ただの売り込みにしか映りません。かえって信用を失うことになります。

 

お客様側の視点にたった提案により、パートナーという存在になることができます。そうなれば、その提案であなたの製品が選ばれることは間違いありません。万が一、選ばれなかったとしても、大きな信頼を築くことができます。

 

このように、相手の視点にたった提案をおこなうことで、短期間で信用を勝ち取ることができます。そのため、他の業者と取引をしている新規の見込み客に対して、非常に有効なアプローチ手法です。

 

競合会社と争うことだけを考えてはいけません。自分の見せ方を変えるだけで、その他大勢から一歩抜け出すことができます。

 

この思考を身につけて、新規顧客への戦略的なアプローチ方法を考えてみてください。


Sponsored Link

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

新規顧客開拓で見込み客に対するセールスプロセスを理解する
新規顧客開拓:「今の業者で間に合っている」という断り文句への対処方法
仮説をたてて商談に臨むことが新規顧客開拓を成功に導く
新規顧客開拓:初期段階のアプローチでは製品を提案してはいけない理由
新規開拓に有効なお客様情報(企業情報)の集め方
新規開拓で見込み客へ継続的に訪問するためのネタの作り方
新規開拓のお客様と長期的な関係を続けていくための3つのコツ
コンタクト回数を増やし新規開拓を行なう戦略的アプローチ
既存顧客へのアフターフォローにより継続的に売り上げをあげる方法
既存顧客の満足度を高めて強力な営業ツールを手に入れる方法
既存顧客の優先順位を見極めて営業予算を達成する方法
過去に断られているお客様を見込み客に変える営業のアプローチ手法
潜在的なお客様を「見込み客」へ変えるアプローチ方法の見つけ方
見込み客と買う気のないお客様を見極める営業のヒヤリングのコツ
予算達成に必要とされる「見込み客へのアプローチ」を理解する
お客様との関係性を持続させ、見込み客を作る営業のアプローチ手法
見込み客に無理難題を言われたときの営業マンの正しい対処方法

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ