営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

テンション・リダクション:売上を増やし、お客様との距離を縮める瞬間

 

人は重大なイベントがあるときに緊張します。例えば、大学の試験やスポーツ大会の決勝戦などです。しかし、その出来事が終わると、今までの緊張が一気にほぐれ、心理的に無防備な状態になります。これを心理学で、「テンション・リダクション」といいます。

 

緊張(テンション)が減少(リダクション)するという意味になります。この心理的効果は、マーケティングの世界で広く活用されています。

 

 お客様の心理にあわせたセールストーク
例えば、ハンバーガーチェーン店で支払いをする際に、次のように店員に声をかけられたことがあると思います。

 

「ご一緒にポテトもいかがでしょうか」

 

「あとプラス30円でドリンクをLサイズにすることができます」

 

数あるメニューの中から食事を選び、店員に伝え終えたところで「緊張」がほぐれます。このタイミングで商品を勧めることで、お客様が「YES」という確率が高くなるというわけです。売り上げの増加が見込めることから、ハンバーガーチェーン店は、このセールストークをマニュアル化しているのです。

 

通常の精神状態であれば、明らかな売り込みに対して警戒することができます。しかし、オーダーをして、お金を支払うという決断をした直後で気が緩まっています。そのため、「ついでに買ってもいいか」という気持ちになりやすいのです。

 

また、Amazonなどのネット通販で買い物をすると、次のようなフレーズを良く見かけることがあります。

 

「よく一緒に購入せれている商品」

 

「この商品を買った人はこんな商品も一緒に買っています」

 

この宣伝文句とともに、関連の商品が自動的に並ぶようになっています。同じ著者が書いた本や、同じジャンルの書籍が目に飛び込んでくれば、必ず意識が向きます。そのため、一緒に購入する確率が高まるというわけです。

 

これらは、テンション・リダクション効果をセールスに活用した典型的な例ということができます。

 

 お客様との距離を縮める最大のチャンス
私がIT業界で営業をやっていたときの話です。提案するシステム開発などは、どれも高額なサービスばかりです。そのため、数ヶ月に及んで契約を検討するというのが通常です。

 

それだけに、購入を決定していただいた際は非常に気持ちが緩まります。契約が決まった途端に、お互いが仲良くなるケースも少なくありません。そこで私は、必ずオプションサービスを提案するようにしていました。

 

商談の緊張から解放されることで、お互いの距離が縮まります。その状況をうまく活用して、プラスアルファの提案を行うのです。

 

その場で即決というのは難しいですが、お客様は決して嫌な反応は見せません。次のような回答が返ってくることが多かったです。

 

「そうですね、まずはシステムを使いながら検討したいと思います。ぜひ、次回から提案してください。せっかく高い買い物をしたのですから、最大限に使いこなしたいと思っていますので」

 

このように、購入までには至らなくても、提案に対する「Yes」を貰うことができるのです。これも、テンション・リダクション効果を活用したセールス手法ということができます。

 

お客様の心理状況を把握することで、提案活動を有利に進めることができます。営業マンが心理学を学ぶ理由がここにあります。相手の心理にあわせて行動することが、セールスの基本であること理解しなければいけません。


Sponsored Link

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

ザイオンス効果:お客様との信頼関係を作る最も有効な手段
バンドワゴン効果:お客様が感じる製品価値を簡単に高める方法
スノッブ効果:商品の魅力を高めて、お客様の購買意欲を高める方法
ツァイガルニック効果:お客様の関心を高めプレゼンの効果をあげるコツ
ハロー効果:得意分野の商品知識で周りの営業マンから抜け出すコツ
アンダードッグ効果:お客様に最も響く営業マンの正直な気持ち
ミラーリング効果:お客様との距離を縮めて信頼関係を築くコツ
メラビアンの法則:営業マンがお客様に嘘をつけない理由
初頭効果:営業マンの第一印象が営業活動に与える影響について
カタルシス効果:お客様の不満を失くし、信頼される営業マンになるコツ
カチッ・サー効果:いかにあなたの要求を受け入れてもらうか
ディソシエイト:どんなお客様でも緊張せずに商談を進めるコツ
マイ・フレンド・ジョン:どんな言葉よりも相手に届く「お客様の声」
セルフハンディキャップ:あなたのプレゼンがお客様に響かない理由
社会的証明の原理:何がお客様の心を動かしているのか
ピグマリオン効果:部下を持つ上司に必要なモチベーションを高める教育方法
希少性の原理:売り方を変えて製品の魅力を最大限に高める営業のコツ
ランチョン・テクニック:営業マンが考えるべき接待の効果について
バーナム効果:お客様の本音を聞き出して営業を有利に進めるコツ
シャルパンティエ効果:営業マンがお客様に商品を魅力的に伝える方法
カラーバス効果:顧客視点を身につけて新規開拓の成果を高めるコツ
アンカリング効果:お客様が最初に感じる印象が営業マンにとって大切な理由
片面・両面提示:営業マンの正直な気持ちがお客様との信頼関係を築く
ヴェブレン効果:価格をあげてお客様の購買意欲を高める営業のコツ
サトルクエスチョン:警戒されずにお客様の本音を聞き出す方法
バックトラッキング:お客様との信頼関係を作る営業の話し方のコツ

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ