営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

スノッブ効果:商品の魅力を高めて、お客様の購買意欲を高める方法

 

製品の魅力を高めるには2つの方法があります。ひとつは機能や性能を改善して、製品自体の価値を高めることです。利用価値の高い商品であれば、お客様の関心が集まります。

 

そして2つ目が、製品の特徴づけです。製品の特徴づけというのは、高級感を演出したり、購入者を限定したりして魅力を高める方法です。

 

例えば、「限定品」です。ある製品が世の中に多く出回っていると、その製品の需要が少なくなる傾向があります。誰でも簡単に手に入れることができるため、魅力を感じなくなるからです。

 

そこで、販売数を限定して「誰でも簡単に手にはいらない」という状態にします。製品に希少性をつけることで、製品の魅力を高めることができます。多く人が、「周りが所有していないものを持つことで優越感を得たい」と考えるからです。

 

このように、周囲と同じではありたくないという考えが働き、敢えて他人とは違うものを欲しがる心情がうまれます。これを心理学で、「スノッブ効果」といいます。

 

スノッブ効果を活用することで、お客様の購買意欲を高め、効果的にセールスを行うことができます。

 

 何が製品の魅了を高めるのか
このスノッブ効果は、日常のあらゆるところで見ることができます。例えば、ノートパソコンです。家電量販店やパソコンメーカーの宣伝文句で、次のようなフレーズをみたことがあると思います。

 

「シルバーカラーは15年度限定のプレミアムモデルです。15年4月初旬から予約を開始します。200台の完全限定生産です」

 

このように、「誰でも購入することはできない」という条件をつけます。購入条件に限定性をつけることで、製品の価値を高めているのです。

 

製品自体に手を加えなくても、「特徴づけ」をすることで製品の魅力を高めることができることを営業マンは理解しなければいけません。

 

 お客様の心理にあわせて効果的にアピールする
限定性をつけて価値を高めると言っても、全ての人が希少性に価値を感じるわけではありません。流行を追いかけるのが好きな人もいれば、嫌いな人もいるからです。そのため、お客様の性格にあわせてセールスを行う必要があります。

 

特にアパレルショップなどの対面販売では、お客様の性格をその場で見極めて、対応することが求められます。

 

私は個人的にこのスノッブ効果の影響を大きく受ける性格です。例えば、ビジネススーツを購入するときです。ほとんどのスーツショップの販売員は、「流行」を勧めてきます。しかし、私は流行を勧められると、かえって魅力が失せてしまいます。

 

「周囲と同じである」ことが嫌いなため、あえて売れていない商品を探そうとします。そこで、いつも次のように店員に相談します。

 

「私は流行っているものには興味はありません。このブランドの独自のスーツなどはありませんか」

 

私のように、流行を好まない人もいます。営業マンはお客様の嗜好にあわせてセールス活動を行う必要があります。

 

そして、他人と違ったもの好むお客様にとっては、ここで解説した「スノッブ効果」は非常に有効に機能します。いかに製品を魅力的に伝えるかを、営業マンは考える必要があります。

 

人の心理を理解するとはいっても、必ずしも全員に当てはまるわけではありません。テクニックばかり学んでも効果が上がらない理由がここに隠されています。お客様は何を望んでいるのかを考えると、ようやく商品が売れるようになります。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

ザイオンス効果:お客様との信頼関係を作る最も有効な手段
バンドワゴン効果:お客様が感じる製品価値を簡単に高める方法
ツァイガルニック効果:お客様の関心を高めプレゼンの効果をあげるコツ
ハロー効果:得意分野の商品知識で周りの営業マンから抜け出すコツ
アンダードッグ効果:お客様に最も響く営業マンの正直な気持ち
ミラーリング効果:お客様との距離を縮めて信頼関係を築くコツ
メラビアンの法則:営業マンがお客様に嘘をつけない理由
テンション・リダクション:売上を増やし、お客様との距離を縮める瞬間
初頭効果:営業マンの第一印象が営業活動に与える影響について
カタルシス効果:お客様の不満を失くし、信頼される営業マンになるコツ
カチッ・サー効果:いかにあなたの要求を受け入れてもらうか
ディソシエイト:どんなお客様でも緊張せずに商談を進めるコツ
マイ・フレンド・ジョン:どんな言葉よりも相手に届く「お客様の声」
セルフハンディキャップ:あなたのプレゼンがお客様に響かない理由
社会的証明の原理:何がお客様の心を動かしているのか
ピグマリオン効果:部下を持つ上司に必要なモチベーションを高める教育方法
希少性の原理:売り方を変えて製品の魅力を最大限に高める営業のコツ
ランチョン・テクニック:営業マンが考えるべき接待の効果について
バーナム効果:お客様の本音を聞き出して営業を有利に進めるコツ
シャルパンティエ効果:営業マンがお客様に商品を魅力的に伝える方法
カラーバス効果:顧客視点を身につけて新規開拓の成果を高めるコツ
アンカリング効果:お客様が最初に感じる印象が営業マンにとって大切な理由
片面・両面提示:営業マンの正直な気持ちがお客様との信頼関係を築く
ヴェブレン効果:価格をあげてお客様の購買意欲を高める営業のコツ
サトルクエスチョン:警戒されずにお客様の本音を聞き出す方法
バックトラッキング:お客様との信頼関係を作る営業の話し方のコツ

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ