営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

セルフハンディキャップ:あなたのプレゼンがお客様に響かない理由

 

知識が豊富で経験もあるのに、なぜかプレゼンテーションがうまくいかない営業マンがいます。それは、製品を魅力的に伝えることができていないからです。

 

プレゼンが苦手な営業マンに共通していることが、必要以上に謙遜するということです。「私のつたない説明で申し訳ございませんが……」というような言葉から始めます。

 

事前に苦手であることを伝えて、予防線を張っているのです。ここには、自分に対する評価が下がるのを防ごうとする心理が働いています。これを心理学で、「セルフハンディキャップ」といいます。

 

 営業マンの自信が製品の良さを伝え
プレゼンテーションの成果は何よって決まるのでしょうか。もちろん、内容が重要であることに間違いはありません。お客様に分かりやすく、丁寧に説明することが営業マンには求められます。

 

しかし、お客様は意外と営業マンの話を聞いていないものです。説明している箇所とは別のページを見ていたり、頭の中で他のことを考えていたりします。

 

実は言葉以外の要素が大きな鍵になっています。それが営業マンの「自信」です。プレゼンに対する自信や、自社商品・サービスに対する自信です。それが場の空気を作り、プレゼンの成果を高めているのです。

 

自信がない営業マンのプレゼンは、決まって言い訳から入ります。例えば、次のようなフレーズです。

 

「詳しい資料がないので簡単な説明しかできませんが……」
「まだ発売したばかりの製品のため詳しい情報が……」

 

事前に事情を伝えておけば、自分は悪く思われないだろうと考えているのです。しかし、お客様にとっては、単なる言い訳にしか聞こえません。そのため、「準備不足」「モチベーションが低い」という印象を与えます。

 

これでは、プレゼンがうまくいかないのは明らかです。営業マンのプレゼンに対する姿勢や心構えが、成果に大きく影響しているのです。

 

 プレゼンテーションを改善する方法
また、口癖や無意識にでる言動などにも注意が必要です。特に多いのが、以下のようなケースです。

 

「すいません、それでは次に進ませて頂きます」
「価格でしょうか。すいません、次のページに記載がございまして……」

 

緊張しているのか、口癖なのか、「すいません」を連発する人が多いです。これが、営業マンの印象を悪くしています。お客様には、頼りない営業マンに見えてしまうのです。

 

一種の癖になっているので、なかなか本人では気づきません。特にお客様先では夢中になって話しているので、自分の会話を客観的にみることができません。

 

そこで、私が実際におこなっていた、プレゼンの改善方法について説明します。それは、商談での自分の会話をスマートフォンで録音しておくことです。打ち合わせ後にそれを聞いて、自分のトークを振り返るのです。

 

こうすることで、自分の「お客様に対する話し方」を客観的に知ることができます。そして、自分の声のトーンや話すスピード、言葉使いなどが適切かをチェックします。

 

例えば、「声が細くて説得力がない。今後は腹から声を出すことを意識しよう」「会話の中で『あの〜』が多すぎるので注意しよう」というように自己診断を行います。

 

こうすることで、自分の癖や悪い箇所に気づくことができます。後は、それを改善していけばよいのです。

 

ひとつの言葉や、何気ない言動で、お客様の信用を失うことがあります。これを理解することで、プレゼンで必要なことがみえてきます。自分の話し方を振り返り、改善するようにしてください。


Sponsored Link

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

ザイオンス効果:お客様との信頼関係を作る最も有効な手段
バンドワゴン効果:お客様が感じる製品価値を簡単に高める方法
スノッブ効果:商品の魅力を高めて、お客様の購買意欲を高める方法
ツァイガルニック効果:お客様の関心を高めプレゼンの効果をあげるコツ
ハロー効果:得意分野の商品知識で周りの営業マンから抜け出すコツ
アンダードッグ効果:お客様に最も響く営業マンの正直な気持ち
ミラーリング効果:お客様との距離を縮めて信頼関係を築くコツ
メラビアンの法則:営業マンがお客様に嘘をつけない理由
テンション・リダクション:売上を増やし、お客様との距離を縮める瞬間
初頭効果:営業マンの第一印象が営業活動に与える影響について
カタルシス効果:お客様の不満を失くし、信頼される営業マンになるコツ
カチッ・サー効果:いかにあなたの要求を受け入れてもらうか
ディソシエイト:どんなお客様でも緊張せずに商談を進めるコツ
マイ・フレンド・ジョン:どんな言葉よりも相手に届く「お客様の声」
社会的証明の原理:何がお客様の心を動かしているのか
ピグマリオン効果:部下を持つ上司に必要なモチベーションを高める教育方法
希少性の原理:売り方を変えて製品の魅力を最大限に高める営業のコツ
ランチョン・テクニック:営業マンが考えるべき接待の効果について
バーナム効果:お客様の本音を聞き出して営業を有利に進めるコツ
シャルパンティエ効果:営業マンがお客様に商品を魅力的に伝える方法
カラーバス効果:顧客視点を身につけて新規開拓の成果を高めるコツ
アンカリング効果:お客様が最初に感じる印象が営業マンにとって大切な理由
片面・両面提示:営業マンの正直な気持ちがお客様との信頼関係を築く
ヴェブレン効果:価格をあげてお客様の購買意欲を高める営業のコツ
サトルクエスチョン:警戒されずにお客様の本音を聞き出す方法
バックトラッキング:お客様との信頼関係を作る営業の話し方のコツ

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ