営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

ランチョン・テクニック:営業マンが考えるべき接待の効果について

 

他人と一緒に食事をすることで、お互いに打ち解けることができます。それは、食事という楽しい場の空気が、会話の内容や相手の印象に良い影響を与えるためです。

 

さらに、料理を楽しみたいという心理が働くため、相手と良好な関係を築こうとします。そのため、こちらの要望を受け入れてくれる確率が高まります。接待で飲食の場が利用されるのは理由があるのです。

 

このように、飲食を通じて相手と親密になる手法を「ランチョン・テクニック」といいます。

 

 楽しい食事の時間があなたの評価につながる
私は、長期的に取り引きをしたい顧客とは、定期的に懇親会をおこないます。いつもは会議室の中でしか話をしないお客様と食事の場を設けることで、親近感を高めることができるからです。

 

その場の雰囲気が楽しければ楽しいほど、お客様の満足度が高まります。そのため、いかに楽しんでもらうかを真剣に考えて準備をします。

 

お客様の好みの食べ物やいつも飲んでいるお酒などは、普段の雑談の中でリサーチしておきます。そして、優遇感を持ってもらうため、ある程度の値段がはる店を選びます。さすがに安い居酒屋チェーン店などでは、お客様も幻滅します。

 

さらに店の雰囲気も重要です。高級フレンチ料理店などでは、食事のマナーに気を使います。ある程度、気さくに会話ができる店が好ましいです。

 

懇親会での満足感が、そのまま営業マンへの好感に繋がります。これにより、信頼関係が深まり、長期的な取り引きが可能になります。

 

接待や会食の場の雰囲気がその後の顧客との関係性に与える影響を、営業マンは十分に考慮する必要があります。

 

 御礼メールを送ることでさらに満足感を高める
さらに、私が実践している接待の効果を高める工夫を紹介します。それは、「お礼メール」を自分から送ることです。会食が終わりお客様と別れてから、帰宅途中の電車の中からスマートフォンで送信します。

 

このとき、メールの文面は必ず食事に行く前に準備しておきます。そして、メールソフトの下書きフォルダに保存しておきます。これには、ふたつの理由があります。

 

ひとつは事前に準備しておくことで、メール送信が楽になるからです。食事が終わってから、メール本文を書くのは非常に面倒です。事前に完成させておけば、簡単に送ることができるので、確実に実行できるようになります。

 

ふたつめの理由が、マナーです。接待ではお酒が入るので、開放的な気分になることが多いです。さらに、宴会の場でフレンドリーに会話をした後ですので、敬語を省いた砕けた文章を書きたくなります。

 

しかし、お酒の場であれば多少は許されますが、お礼メールではビジネスマナーに違反します。これを避けるために、お礼の文面を事前に書き終えておくのです。

 

本来は、ご馳走になった側のお客様から、お礼メールを送るのが正しいかもしれません。しかし、あえて営業マンから送ることで、相手にインパクト与えることができます。そうすることで、良好な待遇を受けたことを、強く印象に残すことができます。

 

営業マンは、お客様といかに良好な関係を継続していくかを考える必要があります。ここで解説した「ランチョン・テクニック」による効果を理解して、あなたのセールス活動に活かしてください。


Sponsored Link

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

ザイオンス効果:お客様との信頼関係を作る最も有効な手段
バンドワゴン効果:お客様が感じる製品価値を簡単に高める方法
スノッブ効果:商品の魅力を高めて、お客様の購買意欲を高める方法
ツァイガルニック効果:お客様の関心を高めプレゼンの効果をあげるコツ
ハロー効果:得意分野の商品知識で周りの営業マンから抜け出すコツ
アンダードッグ効果:お客様に最も響く営業マンの正直な気持ち
ミラーリング効果:お客様との距離を縮めて信頼関係を築くコツ
メラビアンの法則:営業マンがお客様に嘘をつけない理由
テンション・リダクション:売上を増やし、お客様との距離を縮める瞬間
初頭効果:営業マンの第一印象が営業活動に与える影響について
カタルシス効果:お客様の不満を失くし、信頼される営業マンになるコツ
カチッ・サー効果:いかにあなたの要求を受け入れてもらうか
ディソシエイト:どんなお客様でも緊張せずに商談を進めるコツ
マイ・フレンド・ジョン:どんな言葉よりも相手に届く「お客様の声」
セルフハンディキャップ:あなたのプレゼンがお客様に響かない理由
社会的証明の原理:何がお客様の心を動かしているのか
ピグマリオン効果:部下を持つ上司に必要なモチベーションを高める教育方法
希少性の原理:売り方を変えて製品の魅力を最大限に高める営業のコツ
バーナム効果:お客様の本音を聞き出して営業を有利に進めるコツ
シャルパンティエ効果:営業マンがお客様に商品を魅力的に伝える方法
カラーバス効果:顧客視点を身につけて新規開拓の成果を高めるコツ
アンカリング効果:お客様が最初に感じる印象が営業マンにとって大切な理由
片面・両面提示:営業マンの正直な気持ちがお客様との信頼関係を築く
ヴェブレン効果:価格をあげてお客様の購買意欲を高める営業のコツ
サトルクエスチョン:警戒されずにお客様の本音を聞き出す方法
バックトラッキング:お客様との信頼関係を作る営業の話し方のコツ

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ