営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

プレゼンテーションで緊張を和らげる3つの習慣

 

プレゼンテーションの本番は緊張します。どれだけ練習をしていても、あがってしまうものです。そのため、思うように話すことができず、期待通りの成果があがらないことはよくあります。

 

過去に何回ものセミナーを実施してきたベテラン講師であっても、本番では緊張するといいます。緊張をゼロにすることはできませんが、ある工夫をすることで和らげることができます。

 

そこで、ここではプレゼンの緊張を軽減するための習慣を3つ紹介します。

 

 準備段階で行っておくべき習慣
本番で緊張しないための一つ目の習慣が、「時間以上の話の内容を準備しておく」ことです。30分のプレゼンテーションであれば、一時間以上は話せる内容を準備しておくのです。

 

例えば、伝えたい内容のたとえ話を2〜3個用意しておくようにします。時間に余裕があれば、2〜3個目を披露することができます。時間がなければひとつに絞ればよいのです。

 

さらに、十分なネタを持っておくことで「時間が余ったらどうしよう」という不安をなくすことができます。このように、必要以上の話の内容を用意しておくことで、気持ちに余裕がうまれます。

 

2つ目の習慣が、「最初の5分間の内容を徹底して練習する」ことです。プレゼンの冒頭で話に詰まると、非常に慌ててしまいます。開始直後は特に緊張しているからです。

 

さらに、聞き手も不安になります。冒頭からうまく話せていないプレゼンターを見れば、誰でも心配になることは当然です。

 

そこで、最初の5分間は話の内容を完全に頭のなかに入れておくようにします。原稿を見なくても、流暢に自信を持って話せるレベルまで練習を重ねてください。冒頭の5分でお客様の心をつかむことができれば、その後はスムーズに進めることができます。

 

 プレゼン本番で行うべき習慣
最後にプレゼンテーションの本番中に行う習慣です。それが、「最初の5分間で自分の話を懸命に聞いている人を見つける」ことです。うなずいてくれる人や笑っている人などを、聞き手の中から探します。

 

「自分の話を聞いてくれている」という実感が持てることで落ち着くことができます。そうすることで、プレゼンテーションの冒頭でペースをつかむことができます。

 

さらに、その熱心な聞き手に向かって話を進めることを意識します。大勢の参加者に対してではなく、少人数の人達に向けて話をすることで緊張を和らげることができます。人は「多くの人に見られている」という感覚が緊張させるため、これを回避するのです。

 

どれだけ経験を積んだとしても、人前で話すことは緊張するものです。言葉に詰まったり、話が途切れたりしてしまっては、プレゼンの成果は期待できません。

 

緊張をゼロにすることはできませんが、和らげることはできます。ここで解説した3つの習慣を取り入れて、理想のプレゼンテーションに近づけるようにしてください。


Sponsored Link

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

シンプルに伝えるほどプレゼンテーションがうまくいく理由
あなたのプレゼンテーションを大きく変える「小さな工夫」
プレゼンでは製品の「機能」よりも「感情」をお客様に伝える
お客様の「社内用語」を利用してプレゼンテーション成果を高める
説得力を格段に高めるプレゼンテーションの極意
一文を短くすることで言いたいことは相手に伝わる
商談の進め方の基本:お客様の感情にあわせて話を選んでいく
専門用語をしっかりと説明することでお客様に製品の良さが伝わる
ホールパート法:論理的に話を進めるプレゼンテーションの基本を学ぶ
PREP法:論理的な話し方を身につけてプレゼンの成果を高める
時系列法:未来のニーズに対してプレゼンテーションを行う
プレゼンテーションにおけるアイコンタクトの重要性
プレゼンテーションで聞き手に信頼を与える「目の動き」の使い方
プレゼンテーションを予定どおりに進める技術:スケジューリングの重要性
営業でのプレゼンテーションの基本的な流れを理解する
プレゼンテーション資料の作り方の基本を理解する
本番を想定したリハーサルがプレゼンテーション成功の鍵を握る
質疑応答を成功させるために必要なプレゼンの基本を理解する
「二重敬語」や「曖昧な表現」をなくしてプレゼンテーションの成果を高める
「言葉のひげ」をなくしてプレゼンテーションの成果を高める

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ