営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

プレゼンテーション資料の作り方の基本を理解する

 

プレゼンテーションで重要なことは、相手の行動を促すことです。そのために、戦略的にストーリーを組みたたて話を進めていく必要があります。

 

そこで補助的な役割を担うのが資料です。プレゼンテーションでの訴求力を高めるために、視覚的な効果を利用することができます。

 

しかし、プレゼンテーションにおける資料の位置づけを理解していない営業マンがあまりにも多いです。プレゼンといえば、「パワーポイントで資料を作ること」と勘違いしている人がほとんどです。

 

そこで、ここではプレゼンテーションの資料作りにおける基本事項について話をしていきます。

 

 プレゼン資料には全てを書こうとしない
プレゼン資料の作成で最も気をつけなくてはいけないことが「書きすぎない」ということです。多くの人は、プレゼンテーションで伝えたい内容を、事細かに資料へ書き込みます。しかし、プレゼン資料というのは視覚的な補助ツールであって、読み物ではありません。

 

話し手が説明するのであれば、その内容は資料に記載する必要はありません。重要なメッセージやキーワードのみを表記するようにします。そうすることで、訴求力を高めることができるのです。

 

また、資料に書き込み過ぎると、お客様はそれを読み込んでしまいます。自分が話をする前に、その内容を読み進めてしまうのです。そうなると発表者に意識が向かなくなり、プレゼンテーションの効果が弱まってしまいます。

 

さらに、書き込む量が多いと、話す量が増える傾向にあります。資料に記載しているために、説明しないわけにはいかないという心情になるからです。そのため、時間がなくなり最後まで説明しきれずに終わってしまうという最悪のケースになることが多いです。

 

プレゼンテーションは「話し手が主役である」ことをしっかりと認識したうえで資料を作成する必要があります。

 

 聞き手を惹きつけるためにメリハリをつける
プレゼンテーションの資料では、メリハリをつけることが大切です。一枚あたりの資料に対して、3分間程度の時間をかけるといわれることがあります。しかし、全てのスライドに対して時間をかける必要はありません。

 

プレゼンテーションで重要なことは、相手の興味を引きつけることです。そのため、全体の核となるスライドでは、時間をかけてじっくりと説明することが有効です。それ以外の重要ではないパートでは、サラッと説明するなどの時間配分が必要です。

 

全体にメリハリをつけることで、聞き手を飽きさせないプレゼンを行うことができるのです。

 

プレゼンテーションは相手の行動を促すことが目的です。情報提供の場ではありません。聞き手の心を動かすために、プレゼンの進め方を真剣に考える必要があります。

 

そして、話し手の訴求力を高める手助けとなるのがプレゼン資料です。視覚的な表現を交えることで、より強くメッセージを伝えることができます。ここで解説した資料作りの基本をしっかりとおさえ、成果をあげるプレゼンテーションを行ってください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

シンプルに伝えるほどプレゼンテーションがうまくいく理由
あなたのプレゼンテーションを大きく変える「小さな工夫」
プレゼンでは製品の「機能」よりも「感情」をお客様に伝える
お客様の「社内用語」を利用してプレゼンテーション成果を高める
説得力を格段に高めるプレゼンテーションの極意
一文を短くすることで言いたいことは相手に伝わる
商談の進め方の基本:お客様の感情にあわせて話を選んでいく
専門用語をしっかりと説明することでお客様に製品の良さが伝わる
ホールパート法:論理的に話を進めるプレゼンテーションの基本を学ぶ
PREP法:論理的な話し方を身につけてプレゼンの成果を高める
時系列法:未来のニーズに対してプレゼンテーションを行う
プレゼンテーションにおけるアイコンタクトの重要性
プレゼンテーションで聞き手に信頼を与える「目の動き」の使い方
プレゼンテーションを予定どおりに進める技術:スケジューリングの重要性
営業でのプレゼンテーションの基本的な流れを理解する
本番を想定したリハーサルがプレゼンテーション成功の鍵を握る
質疑応答を成功させるために必要なプレゼンの基本を理解する
プレゼンテーションで緊張しないための3つの習慣
「二重敬語」や「曖昧な表現」をなくしてプレゼンテーションの成果を高める
「言葉のひげ」をなくしてプレゼンテーションの成果を高める

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ