営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

質疑応答を成功させるために必要なプレゼンの基本を理解する

 

プレゼンテーションにおいて質疑応答は重要です。観衆を惹きつける話しができても、質問にうまく答えることができなければ説得力は弱まります。質疑応答はプレゼンを構成する重要な要素のひとつです。

 

また、本題の内容は事前に練習をすることができます。しかし、質疑応答に対する回答は準備することができません。そのため、プレゼンターの実力が露呈されます。

 

そこで、ここでは質疑応答を成功させるポイントについて話をしていきます。

 

 質問内容を把握して全体に共有する
質疑応答は、質問者と発表者のやりとりではありません。質問者は聞き手の代表です。そのため、質問を全体に共有してから、全員に向けて回答するという進め方が必要です。

 

まず、質問者の内容をしっかりと把握するようにします。例えば、次のように質問者に確認をします。

「それは前半で説明したオプションサービスに対する質問ということでよろしいでしょうか」

 

「AプランとBプランの契約ではサポート内容にどのような違いがあるか、について説明すればよろしいでしょうか」

 

質問者はプレゼンターではないため、皆の前で話すことに対して準備をしていません。さらに、その場で感じた疑問を聞きたいため、考えがうまくまとまっていないことが多いです。そのため、必ず質問の意図を確認するようにしてください。

 

確認することで、その質問を分かりやすく聴衆に共有することになります。前述のとおり、質問者は聞き手の代表です。質問の内容を確認することで、聞き手の全員に周知させることができます。

 

このように、全体を意識して質疑応答を行うことで、聴衆の満足度を高めることができます。

 

 プレゼンは全てコミュニケーションである
また質問者が発表しているときは、必ずアイコンタクトを取ります。相手が話をしているのに資料やメモを見ていてはいけません。発表者に対する質問であっても、基本はコミュニケーションです。

 

そのため、質問をしてくれた人に対してお礼をすることを忘れてはいけません。質問が終わったあとに、「ありがとうございます」と簡潔に伝えるようにしてください。

 

そして回答をした後で大切なことは、相手が納得しているかどうかを確認することです。あなたの回答が、相手が望んでいた答えであるとは限らないからです。一方的に答えて終わり、ということは絶対に止めてください。

 

このように考えると、質疑応答はコミュニケーションであるということができます。

 

質疑応答は、聞き手とのリアルタイムのやりとりです。そのため、事前に回答を準備したり、話し方のリハーサルをしたりすることができません。そのため、プレゼンターの実力が表面化しやすいパートであるということができます。

 

質疑応答はプレゼンテーションの重要な要素のひとつです。ここで解説した基本事項をおさえて、本番に臨むようにしてください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

シンプルに伝えるほどプレゼンテーションがうまくいく理由
あなたのプレゼンテーションを大きく変える「小さな工夫」
プレゼンでは製品の「機能」よりも「感情」をお客様に伝える
お客様の「社内用語」を利用してプレゼンテーション成果を高める
説得力を格段に高めるプレゼンテーションの極意
一文を短くすることで言いたいことは相手に伝わる
商談の進め方の基本:お客様の感情にあわせて話を選んでいく
専門用語をしっかりと説明することでお客様に製品の良さが伝わる
ホールパート法:論理的に話を進めるプレゼンテーションの基本を学ぶ
PREP法:論理的な話し方を身につけてプレゼンの成果を高める
時系列法:未来のニーズに対してプレゼンテーションを行う
プレゼンテーションにおけるアイコンタクトの重要性
プレゼンテーションで聞き手に信頼を与える「目の動き」の使い方
プレゼンテーションを予定どおりに進める技術:スケジューリングの重要性
営業でのプレゼンテーションの基本的な流れを理解する
プレゼンテーション資料の作り方の基本を理解する
本番を想定したリハーサルがプレゼンテーション成功の鍵を握る
プレゼンテーションで緊張しないための3つの習慣
「二重敬語」や「曖昧な表現」をなくしてプレゼンテーションの成果を高める
「言葉のひげ」をなくしてプレゼンテーションの成果を高める

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ