営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

「言葉のひげ」をなくしてプレゼンテーションの成果を高める

 

プレゼンテーションの成果を高めるには、余計なものを省く必要があります。特に多いのが「言葉のひげ」です。

 

言葉のひげとは、「え〜」「あの〜」といった話の中で出てくる言葉です。これ自体は意味を持ちません。しかし、意外と聞き手の耳に残るものです。そのため、肝心の内容が正確に伝わらないことがあります。

 

ここでは、「言葉のひげ」が出る理由を理解し、会話から無くす具体的な改善方法について話をします。

 

 言葉のひげをなくすには沈黙を恐れないこと
なぜ、言葉のひげをつけてしまうのでしょうか。それは、沈黙を恐れているからです。プレゼンテーションで自分がメインで話していると、間が長く感じられます。そのため、早く会話を続けないといけないという思いがうまれ、「え〜」といった言葉を出してしまいます。

 

言葉のひげが多いと、聞き手は気になって話に集中できなくなります。そのため、本来伝えたい主旨がぼやけてしまいます。プレゼンの効果を上げるために、ひげ言葉はなくさなければいけません。

 

しかし、ひげ言葉は口癖になっていることが多く、本人が意識せずに話していることが多いです。改善するためには、まず自分で気づく必要があります。

 

そこで、会議やお客様先での自分の会話をスマートフォンなどで録音しておきます。客観的に自分の話を聞くことで、簡単に見つけ出すことができます。

 

また、「どういうことかというと」「基本的は」というような言葉も注意する必要があります。習慣的に何度も出てくると、聞き手は気になって「言葉のひげ」になります。

 

ひげ言葉を無くすためには、沈黙する勇気を持つことが大切です。まずは、沈黙はよくないという間違った認識を改める必要があります。

 

プレゼンテーションでは、一方的に話し続けられると聞き手は疲れます。むしろ、沈黙という間があったほうが、理解度は深まります。それまでの話を整理したり、考えたりする時間が生まれるからです。

 

そのため、あなたが思っているほど、聞き手は沈黙している時間を長く感じません。これを理解することで、沈黙の恐怖を克服することができます。沈黙はプレゼンテーションに必要な要素なのです。

 

プレゼンテーションとは、伝えたいメッセージを相手に届けることです。そのためには、聞き手が理解するのに邪魔になるものを省くことが大切です。言葉のひげが発生する原因を理解して、会話から取り除く工夫をしてみてください。


Sponsored Link

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

シンプルに伝えるほどプレゼンテーションがうまくいく理由
あなたのプレゼンテーションを大きく変える「小さな工夫」
プレゼンでは製品の「機能」よりも「感情」をお客様に伝える
お客様の「社内用語」を利用してプレゼンテーション成果を高める
説得力を格段に高めるプレゼンテーションの極意
一文を短くすることで言いたいことは相手に伝わる
商談の進め方の基本:お客様の感情にあわせて話を選んでいく
専門用語をしっかりと説明することでお客様に製品の良さが伝わる
ホールパート法:論理的に話を進めるプレゼンテーションの基本を学ぶ
PREP法:論理的な話し方を身につけてプレゼンの成果を高める
時系列法:未来のニーズに対してプレゼンテーションを行う
プレゼンテーションにおけるアイコンタクトの重要性
プレゼンテーションで聞き手に信頼を与える「目の動き」の使い方
プレゼンテーションを予定どおりに進める技術:スケジューリングの重要性
営業でのプレゼンテーションの基本的な流れを理解する
プレゼンテーション資料の作り方の基本を理解する
本番を想定したリハーサルがプレゼンテーション成功の鍵を握る
質疑応答を成功させるために必要なプレゼンの基本を理解する
プレゼンテーションで緊張しないための3つの習慣
「二重敬語」や「曖昧な表現」をなくしてプレゼンテーションの成果を高める

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ