営業を「学問」として体系的に学ぶ

営業マンがストレスなくお客様の予算を聞き出すコツ

 

営業マンは商談を進めていく中で、お客様の予算を確認しなければいけません。商品の価格がお客様の予算をオーバーしていては、契約に至ることはないからです。

 

しかし、お客様から予算を聞き出すのはストレスを感じるものです。

 

人は誰でも、「お金に関することを聞くのは失礼」という認識を持っているからです。そのため、お客様の予算を聞き出すのが苦手な営業マンは多いです。

 

そこで、ここではストレスを感じずにお客様から予算を聞き出す秘訣について解説をしていきます。

 

 予算を聞き出すタイミングは
まず、お客様に予算を聞くのは、どのタイミングが良いのでしょうか。それは、提案する商品を決める前の段階です。つまり、アプローチをして間もない時期に確認しなければいけないのです。

 

このように言うと、「いきなりお金の話をすると、ガツガツした営業マンというイメージを与えてしまうのではないか」と心配になるかも知れません。

 

しかし、実際は逆です。予算を確認しないまま商談を進めるほうが、お客様に対して失礼なのです。なぜなら、予算に合わない商品を提案しても、お客様の要望を満たすことはできないからです。

 

例えば、何度もお客様のもとに足を運んで、時間をかけて提案を進めてきたとします。しかし、商品の価格が予算をオーバーしていたら、もちろんお客様は購入することができません。お互いの時間が無駄になってしまうのです。

 

そうならないためにも、営業マンは提案を始める前の段階で、お客様の予算を確認しておかなければいけません。

 

営業マンによっては、商談がうまく進み、見積りを提示する段階になったときに確認しようと考える人がいます。ただ、それでは遅すぎるのです。

 

お客様の予算を確認することは、ベストな提案を行なうための必須条件です。「何となくこれぐらいの予算だろう」で進めるのではなく、しっかりとヒヤリングしてから提案を始めるのを習慣にしてください。

 

 ストレスなく予算を聞き出す秘訣
それでは、実際に予算を確認したいときは、どのようにすれば良いのでしょうか。ここでは、ストレスなく予算を聞き出すためのテクニックを紹介します。

 

それは、先にメリットを提示することで、お客様の承諾を得る方法です。例えば、次のようなアプローチです。

 

「本日のお話をもとに、これから提案の準備を進めていきたいと思います。ただし、見当違いの提案をしてもご迷惑ですので、今回の予算感を教えていただけませんでしょうか。そのご予算にあった提案を準備したいと考えています」

 

このときのポイントは、「お客様のために予算を聞いている」という意思を前面に押し出すことです。予算に応じた提案ができるという「メリット」を先に提示することで、お客様は余計なストレスを感じることがなくなります。

 

そうすることで、お客様もスムーズに予算の話をしやすくなるのです。

 

もし、お客様が「予算の話題」を嫌がっているときは、営業マンが何とか聞き出そうとしているからです。探られているような気分になるので、ストレスを感じてしまうのです。

 

そのようなストレスを与えてしまっては、お客様からうまく予算を聞き出すことはできません。そのため、まずはお客様にとってのメリットを伝えるようにしましょう。そうすることで、お客様はストレスを感じるどころか、好意的に話をしてくれます。

 

このように、営業活動では常に自分の都合よりも、お客様の気持ちを優先させるようにしましょう。

 

ここで解説した予算を聞き出すテクニックを活用して、お客様のニーズをしっかりとヒヤリングしてください。お客様の予算を正確に把握することがベストな提案に繋がることを忘れてはいけません。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業で成果を上げるために「上手に会話する能力」は必要ない
多くの営業マンが知っているが、実行していない大切な事
なぜ多くの営業マンが予算を達成できないのか
安定した売り上げを実現する営業マンのモチベーション管理術
自己概念を高め営業としての絶対的な自信を手に入れるメソッド
目標達成している営業マンの正しい「見込み客」の捉え方を理解する
トップ営業マンだけが知っているクロージングの秘訣
PDCAサイクル:予算達成に向けて営業活動の質を高めるコツ
訪問するネタが見つからないのは、営業マンに理由がある
お客様の感情を動かし成約に繋げるセールストークの作り方
一瞬で売上を倍増させる「営業としての自信」を手に入れるメソッド
クレーム対応の技術:お客様の信頼を失わない営業マンのクレーム対処法
なぜ、商品を売らない営業マンは信用されるのか?
営業マンの数字に差がつく理由:お客様に断られる「恐怖」に対処する
営業の基本プロセスを理解して成果を高める
営業マンは初回の訪問で何をするべきか?
営業マンがアポイントに遅刻したときの正しいお詫びの伝え方
営業として成長するために必要な仕事の取り組み方のコツ
営業マンの本心がお客様に必ず伝わる理由:言葉の影響力
売り上げに必要な土台を作る、結果を求めない営業法
営業マニュアルによってコミュニケーション・スキルを上げるコツ
営業マンの商談力を高めるコツ:1回の商談で3回打ち合わせをする
営業マンは「会社紹介」でお客様に何を伝えるべきか
残業をするほど、あなたの営業成績は上がらない
営業マンが他力本願で仕事の成果をあげるための思考法
社内の人間関係にフォーカスする営業マンは成果が上がらない
売り上げをあげ続ける、人と人を「線」で結びつける思考
部下を持つ上司に必要な心構え:新人営業に最速で育ってもらうコツ
商談件数が多い営業マンの商談を作るたったひとつのコツ

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ