営業を「学問」として体系的に学ぶ

お客様の感情を動かし成約に繋げるセールストークの作り方

 

商談を成約させるための鍵を握るんのがセールストークです。商品やサービスを魅力的に伝える能力は、お客様の判断に大きく影響するからです。

 

しかし、このセールストークを正しく捉えていない営業マンは多いです。

 

多くの営業マンは、商品を説明することに懸命です。しかし、お客様は製品の特徴や機能を理解しただけでは、商品を買うことはありません。

 

そこに感情がともなって、お客様は初めて「買いたい」と思うのです。つまり、お客様は感情で物を買っているのです。これを理解することで、営業マンはお客様に何を伝えるべきかが見えてきます。

 

そこで、ここではお客様の心を動かすのセールストークの作り方について学んでもらいます。

 

 お客様には製品ではなく「感情」を理解してもらう
例えば、高級ブランドの腕時計を購入するお客様を考えてみます。高価な製品であれば、もちろん品質は優れています。長期間使っても時間が狂うことがなければ、簡単に表面のガラスにキズがつくこともないでしょう。

 

確かに品質が優れていることは、購入を決めるうえで重要なポイントです。しかし、それよりも大きな要素があります。それは、腕時計を身につけることで得られる「感情」です。例えば、次のようなお客様の感情です。

 

「一流のブランド品を身に付けている」(満足感)

 

「周りよりも高価な製品を持っている」(優越感)

 

商品を手に入れることで、このような「気持ち」になれることが実感できたときに、お客様は購入を決断するのです。つまり、我々営業マンは、お客様にこの「感情」をイメージさせてあげれば良いのです。

 

売上があがっている営業マンほど、セールストークの際にこれを意識しています。商談では、製品機能や価格の説明よりも、「購入すると将来どうなるのか」をイメージしてもらうことに注力しているのです。

 

セールストークを行うときは、商品を説明するだけではなく「商品を使ったときのお客様の感情」も伝えることを忘れないでください。これを実践するだけでも、お客様の反応は大きく変わるものです。

 

お客様の感情を動かすセールストークの具体的な作り方

 

私がIT業界で法人営業を行なっていたときの話です。業務システムの提案の際に、よく使っていたのが次のようなフレーズです。

 

「このシステムを同導入することで大幅に作業時間を短縮することができます。村上様の残業も、だいぶ減るはずです」

 

このような表現で「業務時間が短くなって、早く帰れるのは嬉しい」という感情を持たせるのです。そうすることで、お客様の購買意欲を高めるのです。

 

そして、感情に訴えかけるセールストークは、お客様がよりリアルにイメージできるほど効果は高まります。

 

例えば、二人の子供を持つ父親が、家族四人で乗れる車を探しているとします。このとき、エンジンの性能や価格の安さを伝えても、お客様の感情は動きません。それよりも、「運転している時にどういう気分になるか」を想像させてあげるのです。例えば、次のような提案です。

 

「このワゴン車であれば、後部座席に奥様とお子様の三人が座ることができます。週末の休日に家族四人が揃ってドライブできれば、きっとお子さん達も喜びますよ」

 

このように、セールストークでは、「お客様の感情」を動かすことを意識してください。もちろん、製品の機能や特徴を伝えることは必要です。しかし、理屈を並べるだけでは、お客様はなかなか動きません。

 

それよりも、感情に訴えた方が購買意欲は高まるのです。なぜなら、人間は「感情で動く生き物」だからです。

 

つまり、営業マンはセールストークによって、お客様の感情を動かしてあげれば良いのです。この重要なポイントを踏まえて、あなたが日々の営業で実践しているセールストークを見直してみてください。

 

お客様にあわせて使い分けるセールストークの秘訣

 

セールストークの基本は、お客様の感情を動かすことです。ただ、それだけでは十分な成果は期待できません。同じ商品やサービスでも、お客様によって感じるメリットが違うからです。

 

そのため、お客様にあわせてセールストークを使い分ける必要があります。

 

しかし、多くの営業マンは、誰にでも同じセールストークを使っています。例えば、相手が望んでいないメリットをアピールしても、お客様の心には響くことはありません。

 

そこで、相手にあわせてセールストークを使い分ける具体的な方法について解説していきます。

 

 ターゲットにあわせて訴求ポイントを変える
例えば、夫婦が家電量販店に食器洗浄機を買いにきたとします。このとき、夫に対して「食事後の洗い物がなくなるので楽になります」と案内しても効果がありません。普段、洗い物をしているのは奥様なので、メリットを実感できないからです。

 

そこで、以下のようにセールストークを変える必要があります。

 

「家事の負担が減ることで奥様の機嫌がよくなると思います。旦那さんにとっても嬉しいですよね」

 

「奥様の家事が減ることで、空いた時間を家族団らんの場にできますよ」

 

このように、相手が何に対してメリットを感じるかを考えて、セールストークを変える必要があります。お客様の視点に立って考えるだけで、心に響く提案になるのです。

 

そして、これは法人営業でも同様です。商談ではお客様側の担当者のほかに、決裁者や経営者に対してプレゼンテーションをするときがあります。その際、相手の立場にあわせてセールストークを変える必要があります。

 

 法人営業では相手のミッションにあわせる
例えば、製造業のお客様に対して、業務システムの導入を提案するとします。実際に業務を行っている現場の担当者であれば、「いかに日常の業務が良くなるのか」というメリットを伝える必要があります。

 

例えば、以下のようなセールストークです。

 

「この業務システムを導入することで、現状の20%の作業をカットすることができます。当然、現場で働く方の作業時間が短縮できますので残業を大幅に減らすことが可能です」

 

また、現場の責任者であれば、全体の業務効率があがることを望んでいます。そこで、以下のように提案します。

 

「業務システムの導入により全体作業の効率があがります。そのため、生産性が高まり、今まで以上の仕事量をこなすことが可能です」

 

さらに、経営者であれば売り上げや人員コストに関心を持っています。そのため、以下のような提案が有効です。

 

「業務の質が改善されることで、売り上げの向上が見込まれます。さらに残業代の大幅な削減が可能となります」

 

このように、企業における役割やミッションによって、「何を望んでいるのか」が違ってきます。これを理解したうえで、セールストークの訴求ポイントを変える必要があります。

 

お客様の立場によって、ニーズや感じるメリットは異なります。お客様が望んでいなければ、あなたの提案は心に響きません。営業マンは相手にあわせてセールストークを使い分ける必要があることを理解してください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業で成果を上げるために「上手に会話する能力」は必要ない
多くの営業マンが知っているが、実行していない大切な事
なぜ多くの営業マンが予算を達成できないのか
安定した売り上げを実現する営業マンのモチベーション管理術
自己概念を高め営業としての絶対的な自信を手に入れるメソッド
目標達成している営業マンの正しい「見込み客」の捉え方を理解する
トップ営業マンだけが知っているクロージングの秘訣
PDCAサイクル:予算達成に向けて営業活動の質を高めるコツ
訪問するネタが見つからないのは、営業マンに理由がある
一瞬で売上を倍増させる「営業としての自信」を手に入れるメソッド
クレーム対応の技術:お客様の信頼を失わない営業マンのクレーム対処法
営業マンがストレスなくお客様の予算を聞き出すコツ
なぜ、商品を売らない営業マンは信用されるのか?
営業マンの数字に差がつく理由:お客様に断られる「恐怖」に対処する
営業の基本プロセスを理解して成果を高める
営業マンは初回の訪問で何をするべきか?
営業マンがアポイントに遅刻したときの正しいお詫びの伝え方
営業として成長するために必要な仕事の取り組み方のコツ
営業マンの本心がお客様に必ず伝わる理由:言葉の影響力
売り上げに必要な土台を作る、結果を求めない営業法
営業マニュアルによってコミュニケーション・スキルを上げるコツ
営業マンの商談力を高めるコツ:1回の商談で3回打ち合わせをする
営業マンは「会社紹介」でお客様に何を伝えるべきか
残業をするほど、あなたの営業成績は上がらない
営業マンが他力本願で仕事の成果をあげるための思考法
社内の人間関係にフォーカスする営業マンは成果が上がらない
売り上げをあげ続ける、人と人を「線」で結びつける思考
部下を持つ上司に必要な心構え:新人営業に最速で育ってもらうコツ
商談件数が多い営業マンの商談を作るたったひとつのコツ

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ