営業を「学問」として体系的に学ぶ

訪問するネタが見つからないのは、営業マンに理由がある

 

売上が上がらない営業マンに共通している特徴があります。それは、社内にいる時間が長いという事実です。つまり、お客様のところに訪問する回数が少ないのです。

 

営業マンであれば、お客様と会わなくては商談が生まれないことは理解しています。それにもかかわらず、多くの時間を社内で過ごしているのです。

 

それでは、なぜお客様先に足を運ばないのでしょうか。

 

営業マンにその理由を聞くと、「とくにお客様に会うネタがないので……」という返事が必ず返ってきます。お客様先に訪問するための理由がないので、アポが取れないのです。あなたも上司にこのような説明をした経験があるのではないでしょうか。

 

しかし、訪問するためのネタがないのは、実は営業マンに責任があります。アポイントを取るための理由は、営業マンが頭を使って作り出すものだからです。

 

この重要なテーマについて、具体的な例をあげて以下の動画で説明しています。ネタがなくてアポが取れないと悩んだことがある営業マンは、今すぐ以下の動画で学んでください。

 

 

 訪問することでネタが生まれる
営業マンがお客様に会いにいくのは基本です。営業活動の中でも最も重要な行動といえるでしょう。営業の仕事に就いている人であれば、誰もがこのことを頭では理解しています。

 

しかし、多くの営業マンは、思うようにお客様へ訪問できずに悩んでいるのです。

 

その理由はとても単純で、「会う理由」がないからです。例えば、提案を進めている商談や紹介したい新製品などの話のネタが何もなく、お客様からアポイントを取ることができないのです。

 

もちろん、お客様も自分の仕事があって忙しいのです。営業担当に会って欲しいと言われれば、いつでも時間を作ってくれる訳ではありません。つまり、お客様が納得する「会う理由」を営業マンは与えてあげる必要があるのです。

 

そして、そのネタを作る一番の方法は、お客様先へ訪問することです。

 

お客様先に足を運んで会話をすることで、そのお客様が何を考えて、どのような情報を求めているのかが見えてきます。この中から商談のきっかけや訪問するためのネタが生まれてくるのです。

 

多くの営業マンは、「何か訪問するためのネタはないだろうか」と自分の頭で考えてしまいます。しかし、自分一人で考えてみても、答えは見つりません。お客様と会って、会話をすることで初めて見えてくるのです。

 

訪問ネタを見つける具体的な2つのメソッド

 

実際に訪問をして、お客様と会話をすることで「ネタ」が生まれることは理解できたと思います。しかし、「最初に訪問するためのネタがない」という単純な疑問が出てくると思います。

 

そこで、最初にアプローチを行うための「訪問ネタ」を見つけだす工夫について、具体的な2つのメソッドを解説していきます。

 

この2つのメソッドは、私がIT業界で法人営業を行なっていたときに実践していたノウハウです。どのような業界の営業マンでも実践できる再現性の高いやり方です。具体的には以下の2つです。

 

1)社内の同僚からヒントを見つける
2)業界の動向・トレンドからヒントを見つける

 

それでは、訪問ネタを見つけ出すため2つの工夫について、それぞれ詳細を解説していきます。

 

メソッド1 社内の同僚からヒントを見つける

 

最初にあなたが勤めている会社の同僚を活用する方法です。同じ営業部のメンバーに、いまどのような商談を進めているのかを聞いてみるのです。そして、なぜお客様は、その商品やサービスを検討しているのかを確認します。

 

つまり、あなたが扱っている商品を提案するヒントを聞き出すのです。

 

例えば、あなたがコピー機を販売する営業マンだとします。同じ部署の営業マンが印刷速度の最も速い機種を提案していたとします。このとき、そのお客様のニーズまで確認してください。なぜ、印刷速度が速い機種を望んでいるのかを聞き出すのです。

 

例えば、「その企業の業務は月末に印刷業務が多く、コピー機の利用が集中していて困っていた。そのため、速度の速い機種に変更することを検討している」というような理由です。

 

そして、このお客様の理由を自分のアポ取りに活用するのです。

 

つまり、同じような悩みを抱えていると思われるお客様へ「コピー機を変更して業務を改善させませんか」というアプローチを行うのです。

 

このとき、「同じような悩みを抱えている」ことがポイントです。なぜなら、同じ悩みを持っていれば、同じ解決策が当てはまる可能性が高いからです。つまり、速度の速いコピー機に興味を持つ可能性があるということです。

 

お客様にとって関心のあるネタであるほど、アポイントは取れやすくなります。

 

このように、同僚が行なっている商談から、多くのヒントを掴むことができます。あなたと同じ商品を提案しているのですから、ヒントが見つかるのは当然なのです。

 

同僚に聞くことを恥ずかしがったり、遠慮したりしてはいけません。自分が営業で結果を出すためにも、同僚を活用するという意識を持ってください。

 

メソッド2 業界の動向・トレンドからヒントを見つける

 

もう一つの方法が業界のトレンドから訪問のネタを見つけ出すというやり方です。お客様は自分がいる業界のなかで起きている流行やニュースには強い関心を示すからです。そのため、同業界のネタでアプローチすると、お客様の反応がとても良いのです。

 

例えば、「大規模な情報漏洩の事件があったのはご存知だと思います。あのニュースを受けて、同じ業界の、ある大手企業様が情報管理の強化に取り組み始めています。その弊社のソリューションをご紹介させていただけませんか」というようにアプローチのネタにするのです。

 

このときのポイントは、同じ業界であることを伝えることです。同じ業界という枠組みにいる企業が検討していることを知らせるのです。これによって「周囲の企業も行なっているなら弊社も検討しないといけない」という心理が働くからです。

 

また、同じ業界の導入事例は、とても効果の高い訪問ネタになります。先程も説明したとおり、自分と同じ業界の企業が「何をやっているか」には強い関心を持っているからです。

 

そのため、自分のお客様と同業界のお客様の導入事例や販売実績は、必ず確認するようにしてください。

 

そして、「お客様の声」や「導入事例」というネタを使ってアプローチするときには、ひとつのコツがあります。それは、一般公表されていないような情報も、直接会ったときにお話しできることを伝えるのです。

 

例えば、「お客様の声」として、ある製品の導入事例があなたの会社のホームページに掲載されていたとします。そこに書いてある情報を聞かされても、お客様はもちろん面白くはありません。

 

そこで、一般的には公表されていない裏話のようなネタを用意しておくのです。例えば、導入を検討したときに比較した他社製品の情報や、社内で決済を通すときに担当者が苦労した点というような内容です。

 

もちろん、導入事例となったお客様の機密情報の漏洩にならないようにしてください。お客様に迷惑がかからない範囲で、公表されていない有益な情報を提供するのです。

 

このように、その営業マンに直接会わないと知ることができないネタを用意することで、お客様の関心を高めるのです。お客様の関心が高まるほど、アポイントは取れやすくなります。

 

ここまで、初回のアプローチの際に有効な「訪問ネタ」の具体的な見つけ方を2つ解説してきました。社内の同僚からヒントを見つける方法も、同業界のトレンドからネタを見つけるやり方も誰もが簡単に実践できるノウハウです。

 

そして、訪問ネタを見つける最も効果的な方法は、お客様と直接会って話をすることであるのを忘れないでください。お客様の望みを叶えたり、悩みを解決してあげたりするのが営業の仕事です。そして、お客様が何を望んでいるのか、何に悩んでいるのかは、お客様に会わないと分からないのです。

 

お客様と会うことが「営業の基本」であることを肝に銘じて、日々の営業活動に取り組むようにしてください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業で成果を上げるために「上手に会話する能力」は必要ない
多くの営業マンが知っているが、実行していない大切な事
なぜ多くの営業マンが予算を達成できないのか
安定した売り上げを実現する営業マンのモチベーション管理術
自己概念を高め営業としての絶対的な自信を手に入れるメソッド
目標達成している営業マンの正しい「見込み客」の捉え方を理解する
トップ営業マンだけが知っているクロージングの秘訣
PDCAサイクル:予算達成に向けて営業活動の質を高めるコツ
お客様の感情を動かし成約に繋げるセールストークの作り方
一瞬で売上を倍増させる「営業としての自信」を手に入れるメソッド
クレーム対応の技術:お客様の信頼を失わない営業マンのクレーム対処法
営業マンがストレスなくお客様の予算を聞き出すコツ
なぜ、商品を売らない営業マンは信用されるのか?
営業マンの数字に差がつく理由:お客様に断られる「恐怖」に対処する
営業の基本プロセスを理解して成果を高める
営業マンは初回の訪問で何をするべきか?
営業マンがアポイントに遅刻したときの正しいお詫びの伝え方
営業として成長するために必要な仕事の取り組み方のコツ
営業マンの本心がお客様に必ず伝わる理由:言葉の影響力
売り上げに必要な土台を作る、結果を求めない営業法
営業マニュアルによってコミュニケーション・スキルを上げるコツ
営業マンの商談力を高めるコツ:1回の商談で3回打ち合わせをする
営業マンは「会社紹介」でお客様に何を伝えるべきか
残業をするほど、あなたの営業成績は上がらない
営業マンが他力本願で仕事の成果をあげるための思考法
社内の人間関係にフォーカスする営業マンは成果が上がらない
売り上げをあげ続ける、人と人を「線」で結びつける思考
部下を持つ上司に必要な心構え:新人営業に最速で育ってもらうコツ
商談件数が多い営業マンの商談を作るたったひとつのコツ

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ