営業を「学問」として体系的に学ぶ

営業マンの本心が必ずお客様に伝わる理由:言葉の影響力

 

営業マンが考えている以上に、お客様はセールストークに影響を受けています。相手のためを思ってでてきた一言で、厚い信頼を得ることがあります。その反対に、何気なく使ったひとつの言葉で信用を失うこともありあます。

 

直接話して伝える場合でも、メールに書いて想いを届けるケースでも、大きな影響を与えます。そのため、言葉の使い方で売り上げが決まると言っても、過言ではありません。

 

ここでは営業の使う言葉が、お客様に何を伝えるのかを説明します。

 

 営業マンの感情は言葉に表れる
お客様は営業マンの話す言葉に、非常に敏感です。言葉の裏にある心理を、必死に読み取ろうとしています。なぜなら、「うまいことを言って、何とか売り込もうとしているのではないか?」という警戒心を少なからず持っているからです。

 

そのため営業マンは、「言葉」の選択に繊細である必要があります。「どの言葉を使って、どういうニュアンスで伝えるのが良いのか?」を真剣に考えることが求められます。少し間違えれば、一瞬で信頼をなくすことに繋がります。

 

例えば、家電量販店の液晶テレビ売り場でのシーンです。お客様はパソコンで作成した動画を、テレビで再生できる機種を探しています。そこで、事前に対応する機種を店舗で調べていました。

 

そのとき、お客様があなたに話しかけてきました。

 

お客様「この液晶テレビは、パソコンで編集した動画も見ることができるのですよね?」
販売員「え〜っと、そうですね。大丈夫だと思います

 

この、「〜だと」という言葉が問題です。これは自分の回答に、確信がない証拠です。自信がないので、「曖昧な回答にしておこう」という考えがうまれます。もし何かあったときに、「確実にできるとは言っていない」という言い訳ができるように、逃げ道を作っているのです。

 

このような無責任な態度を、お客様は敏感に感じ取ります。「今の答え方だと、この販売員は分かっていないな。適当に会話を合わせた感じで、信用できないぞ……」と伝わります。

 

このように内面にある感情は、必ず言葉に表れます。お客様はそれを、確実に受け止めます。そのため営業マンは、ひとつひとつの言い回しに細心の注意を払う必要があるのです。

 

 営業マンの誠意は言葉を経由して相手に届く
営業マンは、「たぶん出来ますね」「たしか問題ないはずです」という曖昧な言葉を使ってはいけません。確信がないときは、回答をしてはいけません。どんな言葉を選択しても、ごまかそうとする気持ちは、確実にお客様に届きます。

 

このケースであれば、「私はその点ついて把握しておりませんので、確認して改めてご回答させていただきます」というのが、営業マンとしての正しい返事です。

 

知らないことを知らないと言えない営業マンは、信頼関係を構築できません。嘘をつかない正直な気持ちが、言葉を経由してお客様に響きます。誠実な態度で接することで、ようやく相手に信用されるのです。

 

営業マンは、言葉が相手にあたえる影響を常に意識して、提案活動を行う必要があります。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業で成果を上げるために「上手に会話する能力」は必要ない
多くの営業マンが知っているが、実行していない大切な事
なぜ多くの営業マンが予算を達成できないのか
安定した売り上げを実現する営業マンのモチベーション管理術
自己概念を高め営業としての絶対的な自信を手に入れるメソッド
目標達成している営業マンの正しい「見込み客」の捉え方を理解する
トップ営業マンだけが知っているクロージングの秘訣
PDCAサイクル:予算達成に向けて営業活動の質を高めるコツ
訪問するネタが見つからないのは、営業マンに理由がある
お客様の感情を動かし成約に繋げるセールストークの作り方
一瞬で売上を倍増させる「営業としての自信」を手に入れるメソッド
クレーム対応の技術:お客様の信頼を失わない営業マンのクレーム対処法
営業マンがストレスなくお客様の予算を聞き出すコツ
なぜ、商品を売らない営業マンは信用されるのか?
営業マンの数字に差がつく理由:お客様に断られる「恐怖」に対処する
営業の基本プロセスを理解して成果を高める
営業マンは初回の訪問で何をするべきか?
営業マンがアポイントに遅刻したときの正しいお詫びの伝え方
営業として成長するために必要な仕事の取り組み方のコツ
売り上げに必要な土台を作る、結果を求めない営業法
営業マニュアルによってコミュニケーション・スキルを上げるコツ
営業マンの商談力を高めるコツ:1回の商談で3回打ち合わせをする
営業マンは「会社紹介」でお客様に何を伝えるべきか
残業をするほど、あなたの営業成績は上がらない
営業マンが他力本願で仕事の成果をあげるための思考法
社内の人間関係にフォーカスする営業マンは成果が上がらない
売り上げをあげ続ける、人と人を「線」で結びつける思考
部下を持つ上司に必要な心構え:新人営業に最速で育ってもらうコツ
商談件数が多い営業マンの商談を作るたったひとつのコツ

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ