営業を「学問」として体系的に学ぶ

なぜ、商品を売らない営業マンは信用されるのか?

 

営業活動において、お客様と信頼関係を構築することは大切です。営業マンであれば、誰もが一度は耳にしたことのある言葉でしょう。それでは、具体的に何をすればお客様に信頼されるのでしょうか。

 

そのひとつに、「お客様に商品を売らない」という行為があります。なぜ、営業をしているのに「商品を売らない人」が信用されるのか、という疑問を感じたと思います。

 

これは、お客様に「購入しない方が良いですよ」という提案ができる営業マンのことを指しているのです。

 

多くの営業マンは、売上が欲しいあまり何とかして商品を売ろうと懸命になります。そのような中で、お客様のニーズに合っていないと判断したら、営業マンから提案を断ることができる人は信頼されるのです。

 

売り上げのためではなくお客様のことを第一に考えると、販売を断ることが正しい場合があります。このような、人として正しい判断ができる営業マンがお客様から信用されるのです。

 

そして、お客様からの信頼を得ることができれば、お客様から声がかかるようになります。つまり、営業マンからアプローチをしなくても、お客様から提案の機会をもらえるようになるのです。

 

目の前の売上を上げることに懸命になるよりも、お客様の信頼を獲得するほうが、売上に困らなくなるための近道なのです。

 

 私が感動した売り込まない販売員
私は趣味でサイクリングをやっています。あるロードレース大会に参加するにあたり、ドリンクホルダーを買うことにしました。ドリンクホルダーとは、自転車の本体に水筒を取り付けるためのアクセサリーです。

 

サイクリングショップに買いに行くと、何種類ものドリンクホルダーが置いてあります。私は、どれを選べば良いのか分からなかったので、店員に聞いてみました。そして、自転車のサイズなどを伝えて、最適な物を選んでもらいました。

 

さらに、同じ製品棚に、ホルダー専用の空冷ボトルも並んでいたので、「やはり皆さん、この専用のボトルを使われているのですか?」と質問しました。

 

そうすると、その店員は「そうですね、買われるかたは多いです。でも、お客様が購入されるホルダーですと、通常のペットボトルでも装着できるようになっています。ですから、無理をして専用ボトルを買う必要は無いですよ」と説明しくれたのです。

 

私は店員が、「買わないことを勧めた」ことに感動しました。私自身が営業をやっていることもあり、「どのように空冷ボトルを勧めてくるのか」と身構えていたのです。普通の販売員であれば、製品のメリットを説明するなどして、何とか商品を買ってもらおうとします。

 

しかし、その店員は完全に、「お客様」に目を向けていました。

 

必要ない人に、無理に商品を勧めないという正しい選択をしたのです。その説明を聞いた瞬間、「この店員さんは信用できる」と確信しました。

 

そして私は、今後、自転車関連で何か購入するときは、「この人から買うことにしよう」と心から思えたのです。

 

営業マンやショップの販売員が、自分が扱っている製品に対して、「買わないほうがいいですよ」と言うのは非常に勇気がいることです。自分の仕事に、圧倒的な自信を持っていなければ出来ません。

 

しかし、そのような心構えで仕事に取り組んでいる姿勢が、お客様の信頼に繋がることを理解しなければいけません。

 

どのようにしたら「売れるか」ではなく、どうすれば「お客様に信頼されるか」を考え、あなたの日々の営業活動を振り返ってみてください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業で成果を上げるために「上手に会話する能力」は必要ない
多くの営業マンが知っているが、実行していない大切な事
なぜ多くの営業マンが予算を達成できないのか
安定した売り上げを実現する営業マンのモチベーション管理術
自己概念を高め営業としての絶対的な自信を手に入れるメソッド
目標達成している営業マンの正しい「見込み客」の捉え方を理解する
トップ営業マンだけが知っているクロージングの秘訣
PDCAサイクル:予算達成に向けて営業活動の質を高めるコツ
訪問するネタが見つからないのは、営業マンに理由がある
お客様の感情を動かし成約に繋げるセールストークの作り方
一瞬で売上を倍増させる「営業としての自信」を手に入れるメソッド
クレーム対応の技術:お客様の信頼を失わない営業マンのクレーム対処法
営業マンがストレスなくお客様の予算を聞き出すコツ
営業マンの数字に差がつく理由:お客様に断られる「恐怖」に対処する
営業の基本プロセスを理解して成果を高める
営業マンは初回の訪問で何をするべきか?
営業マンがアポイントに遅刻したときの正しいお詫びの伝え方
営業として成長するために必要な仕事の取り組み方のコツ
営業マンの本心がお客様に必ず伝わる理由:言葉の影響力
売り上げに必要な土台を作る、結果を求めない営業法
営業マニュアルによってコミュニケーション・スキルを上げるコツ
営業マンの商談力を高めるコツ:1回の商談で3回打ち合わせをする
営業マンは「会社紹介」でお客様に何を伝えるべきか
残業をするほど、あなたの営業成績は上がらない
営業マンが他力本願で仕事の成果をあげるための思考法
社内の人間関係にフォーカスする営業マンは成果が上がらない
売り上げをあげ続ける、人と人を「線」で結びつける思考
部下を持つ上司に必要な心構え:新人営業に最速で育ってもらうコツ
商談件数が多い営業マンの商談を作るたったひとつのコツ

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ