営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

トップセールスマンに学ぶ「失敗」を成長に変える思考法

 

営業活動を続けていれば、必ず失敗はあります。トップセールスマンであっても、全ての商談が成約になるわけではありません。どんな営業マンであっても、多くのミスや間違いを経験しています。

 

しかし、トップセールスマンは失敗から必ず何かを学んでいます。それは、特殊な能力を持っているからではありません。失敗に対する考え方の違いです。捉え方を変えるだけで、成長する機会に変えることができるのです。

 

ここでは、トップセールスマンが身につけている「失敗から成長に繋げるための考え方」について話をしていきます。

 

 考え方を変えることで多くのことを学べる
数字があがらない営業マンは、失敗を受け流します。失敗の中身を見つめて、自分の行動を振り返ろうとしないのです。例えば、次のように考えます。

 

「お客様の予算が足りなかったから商談が成約にいたらなかった」
「コンペで負けたのはうちの製品の価格が高いのが原因だ」

 

このように、自分に都合良く捉えようとします。うまくいかなかった原因を、他人や環境の責任にして片付けようとするのです。そのため、反省することがありません。

 

トップ営業マンは、失敗を正面から受け止めます。ミスをしたときは、「自分の何が悪かったのだろう」と立ち止まって考える習慣が身についているのです。例えば、次のように振り返ることができます。

 

「アフターサービスを充実させたが、費用が高くなるいう理由で契約を断られてしまった。お客様は価格を最も重視していた。このことに気づけなかったのが良くなかった」

 

このように、自分の非を認めることができます。反省することで、初めて改善点が見えてきます。つまり、失敗を受け止めることで、営業活動の質を高めることができるのです。

 

失敗から学びを得るためには、「自分が間違っていた」という前提で考えることが大切です。人は「自分の考え方や習慣が正常だ」と考える傾向があるからです。

 

例えば、他人の振るまいを見て、「ずいぶん変わったことをする人だ」と感じることがあります。このとき、人は必ず自分と比較をしています。「自分が考える行動」と違っているので、変わっていると感じるのです。

 

このように、人間である以上は「自分が常に正しい」と捉える傾向にあります。このフィルターを外さなくては、失敗と正面から向き合うことはできません。そのため、自分の過ちを探すように振り返ることが有効です。例えば、次のようになります。

 

「商品のセールスポイントを理解して頂けたのに断られてしまった」

 

(何が悪かったのか?)

 

→「お客様にとってはメリットではなかった。それなのにセールスポイントをアピールしすぎてしまった」

 

(何が悪かったのか?)

 

→「お客様にとってメリットになると自分で決めつけていたのが良くなかった」

 

このように、自分の失敗を振り返ることが大切です。そうすることで反省点が見つかり、学べることができるのです。

 

最も多くのことを学べるのは、自分の過去の体験からです。考え方を変えることで、失敗した経験を気づきに変化させることができるのです。全てはあなたの捉え方次第です。このようにしてトップセールスマンは、失敗を成長に繋げているのです。


Sponsored Link

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業マンに必要なポジティブ思考
新人営業でも確実にスキルアップできる3つの学習メソッド
ドリームキラーへの対処法:目標達成に必要な営業の心構え
どのようにして「トップセールス」に必要なスキルを身につけるのか
営業マンが思考を変えて残業をゼロにする方法
営業として180度、生まれ変わるための学習メソッド
新人営業マンは何を目的にして働くべきか
買う買わないを決めるのはお客様であって営業マンではない
営業に向き不向きはなく、学んでスキルを身に付けることが可能
営業という仕事をいかに楽しむかを考える
頑張っているのに営業成績があがらない理由
口下手な営業マンでもお客様に好かれるコツ
逆算思考で営業予算を達成する方法
読書・セミナーで学んだノウハウを独自の営業スキルに変えるコツ
営業マンの部下を最速で成長させる上司のマネジメント手法
売れる営業マンと売れない営業マンは、一体なにが違うのか?
営業マンの予算達成を決定づける「顧客視点」の思考を理解する
仕事をスムーズにして、ストレスを軽減するための思考法
新人営業マンが、周囲の同期から一歩ぬけだすコツ
製品が売れた本当の理由を知ることで営業マンは成長する
営業の成長サイクル:営業成績が上がらない現状から抜け出す唯一の方法
営業職は自分なりの営業観(価値観)をもつ必要がある
自分に自信がない営業マンが確実に自信をつける方法
営業予算を継続的に達成するためのマインドの作り方
セールスの基本的な心構え:営業マンはお客様が購入して当たり前と考える
営業マンが年収をあげるためのコツ:仕事の質の考え方
営業マンが商談の結果から学ぶべきこと:成長につなげる思考法
営業で成長するための絶対条件「プライドを捨てること」
営業として成功するまでに必要な「努力」と「時間」を理解する
自社の製品を好きになって、営業成績をあげるコツ
給料以外のやりがいを見つけた人から給料が上がっていく
自分の失敗を認めることで営業マンは成長する
付き合う人を変えれば、営業として成功する環境が整う
成長が早い営業マンが身につけている3つの習慣

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ