営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

営業マンに必要なポジティブ思考

 

仕事で安定した成果を上げるには、メンタルも重要です。いくらスキルがあっても、精神的に弱ければ結果を残すことはできません。

 

お客様と対面で接することが多い営業マンにとって、メンタルは成果を左右する大きな要因です。上司に怒られて気落ちしたまま商談に臨んでも、良い提案を行うことはできません。

 

そこで、営業マンに必要な考え方が「ポジティブ思考」です。ポジティブ思考とは、物事の良い側面に注目をして、その結果を前向きに捉える考え方です。

 

なぜ営業マンにポジティブ思考が必要かについて、以下の動画で解説しています。

 

 

 物事のどこに視点をあてるべきか
営業は断られる仕事です。新製品の紹介でアポイントを取ろうとしても、断られることがあります。長期間にわたって進めていた商談でも、契約を見送られることがあります。お客様に断られることは、営業にとって珍しいことではありません。

 

しかし、相手に断られると、誰でもショックを受けます。どんなベテラン営業マンでも気落ちします。そのため、「いかに早く立ち直るか」が営業マンには求められます。

 

そこで、「物事のどこに視点をあてるか」を意識します。

 

例えば、競合他社がいるなかで、オフィス用複合機を提案していました。しかし、価格が原因でコンペに負けてしまいます。お客様から、次のような返事をいただいたのです。

 

「申し訳ありませんが、今回は他社の製品を購入することに致しました。御社の複合機のスキャナー機能は非常に気に入っていたのですが、価格が高かったです」

 

このとき、結果のどこに視点をあてるべきかを考えます。多くの営業マンは、「他社と比べると価格が高い」というマイナス面に意識がいきます。すると、セールス活動が消極的になります。他の商談において、「価格は高いのですが……」というネガティブ・トークが自然と出てきてしまいます。

 

つまり、悪い面に注目することで、積極的に提案することにためらいを感じてしまうのです。これでは、商談が良い方向に発展するはずがありません。

 

そこで、視点を明るい箇所に向けます。今回のケースでは、「スキャナー機能」です。

 

今後の商談では、「うちの複合機は、スキャナー機能が他社を圧倒している」というポイントを積極的にアピールします。前向きな姿勢で提案する営業マンの「熱」は、お客様に必ず伝わります。これが良い結果に繋がるのです。

 

このように、物事のどこに視点を当てるかは、営業活動に大きな影響を与えます。

 

 予算を達成できなかったときに私が考えていたこと
私は15年以上にわたって、営業マンをやっていました。もちろん、営業予算を達成できなかったこともあります。そのとき、私がどう考えていたかを教えます。

 

それは、「数字に届かなくても全く気にしなかった」ことです。

 

なぜなら、数字をクリアできなかったという「過去」の事実を、いくら悔しがっても何も変わらないからです。落ち込んでいるのは、時間の無駄遣いにすぎません。

 

そのため、私は淡々と営業活動を続けていました。この様子は、同僚からは不思議に映っていたようです。それができたのは、意図的に良い方向で受け止めることを習慣にしていたからです。

 

今期は、鈴木商事様の大型案件をクロージングできなかったのが大きかった。規模の大きい商談に頼ってしまうと、数字の組み立てができない。今後は、商談数を増やして、数字を積み上げていくことを意識しよう」というように、前向きになれる箇所を見つける考え方をしていました。

 

これは、長い営業経験のなかで私が身につけた思考です。ネガティブな思考よりも、ポジティブに考える方が良いことは、頭では分かります。しかし、自身の経験を通して何度も行わないと、ポジティブ思考は身につきません。思考のクセは、簡単に変えることはできないからです。

 

ここで解説した「ポジティブ思考」を、あなたの営業活動に落とし込んでください。そして、実践を通して身に付けるようにしてください。


Sponsored Link

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

新人営業でも確実にスキルアップできる3つの学習メソッド
ドリームキラーへの対処法:目標達成に必要な営業の心構え
どのようにして「トップセールス」に必要なスキルを身につけるのか
営業マンが思考を変えて残業をゼロにする方法
営業として180度、生まれ変わるための学習メソッド
新人営業マンは何を目的にして働くべきか
買う買わないを決めるのはお客様であって営業マンではない
営業に向き不向きはなく、学んでスキルを身に付けることが可能
営業という仕事をいかに楽しむかを考える
頑張っているのに営業成績があがらない理由
口下手な営業マンでもお客様に好かれるコツ
逆算思考で営業予算を達成する方法
読書・セミナーで学んだノウハウを独自の営業スキルに変えるコツ
営業マンの部下を最速で成長させる上司のマネジメント手法
売れる営業マンと売れない営業マンは、一体なにが違うのか?
営業マンの予算達成を決定づける「顧客視点」の思考を理解する
仕事をスムーズにして、ストレスを軽減するための思考法
新人営業マンが、周囲の同期から一歩ぬけだすコツ
製品が売れた本当の理由を知ることで営業マンは成長する
営業の成長サイクル:営業成績が上がらない現状から抜け出す唯一の方法
営業職は自分なりの営業観(価値観)をもつ必要がある
自分に自信がない営業マンが確実に自信をつける方法
営業予算を継続的に達成するためのマインドの作り方
セールスの基本的な心構え:営業マンはお客様が購入して当たり前と考える
営業マンが年収をあげるためのコツ:仕事の質の考え方
営業マンが商談の結果から学ぶべきこと:成長につなげる思考法
営業で成長するための絶対条件「プライドを捨てること」
営業として成功するまでに必要な「努力」と「時間」を理解する
自社の製品を好きになって、営業成績をあげるコツ
給料以外のやりがいを見つけた人から給料が上がっていく
自分の失敗を認めることで営業マンは成長する
付き合う人を変えれば、営業として成功する環境が整う
成長が早い営業マンが身につけている3つの習慣
トップセールスマンに学ぶ「失敗」を成長に変える思考法

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ