営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

ドリームキラーへの対処法:目標達成に必要な営業の心構え

 

営業として成長するためには、仕事以外の時間で勉強に取り組まなければいけません。ただ単に日々の仕事をこなしているだけでは、能力は向上しないからです。

 

例えば、週末に講座やセミナーに参加したり、本や専門誌を読んで専門知識を学んだりする必要があります。

 

しかし、このような自己啓発に取り組むときに、注意しなければいけないことがあります。それが、ドリームキラーの存在です。ドリームキラーとは、他人の夢や目標達成を邪魔する人のことを言います。ドリーム(夢)をキラー(殺す人)という意味になります。

 

例えば、英語を勉強するために留学を考えている人がいるとします。この人に対して「留学しても英語を話せるようになるとは限らない」というようなことを言う人です。夢に向かって進もうとしている人にとって邪魔になる存在です。

 

スキルアップに取り組んでいくとき、このドリームキラーとどうのように接するかは重要です。そこで、ここではドリームキラーへの対処法とその心構えについて解説していきます。

 

 ドリームキラーは相手にしない
ドリームキラーとの接し方は、とてもシンプルです。それは、一切の接触を断つという方法です。その人がドリームキラーと分かったのなら、二度と口を聞かないぐらいの心構えが必要です。なぜなら、ドリームキラーの存在は目標達成の大きな弊害になるからです。

 

例えば、起業を考えていることを周囲の人間に話すとします。そうすると、起業を辞めさせようと必ず否定的なことを言ってくるのです。例えば、次のような内容です。

 

「起業なんか無理だろう。そんなに世の中は甘くない」

 

「今の会社に居たほうが良い。起業してもほとんどの人が失敗しているのだぞ」

 

このように、本人のやる気を削ぐようなことを言います。しかし、このような発言を決して真に受けてはいけません。自分のモチベーションが下がるだけだからです。

 

そのため、相手がドリームキラーだと分かったら、その人に近づいてはいけません。他愛もないアドバイスをしてくる他人よりも、自分の夢を大切にしてください。

 

ドリームキラーの本質と正しい対処法

 

それでは、なぜドリームキラーは、このような発言をするのでしょうか。それは、人間の潜在的な意識が関係しているのです。

 

人間は基本的に自分と同じような人物を好みます。そのため、自分の周囲にいる友人が夢を叶えて変わってしまうことを無意識に嫌うのです。そのため、本人の夢を邪魔するような発言をしてしまうのです。

 

とくにサラリーマンはこの傾向が強いです。サラリーマンは周囲の人間に合わせながら仕事を進めていくのが基本です。そのため、「周囲の人間と同じでなければいけない」という気持ちが強いのです。

 

そのため、同期入社の同僚が自分よりも先に出世したりすると、本能的にそれを嫌い、その同僚を妬んだりするのです。

 

また、本人のことを想っていても、結果としてドリームキラーの発言になってしまうこともあります。分かりやすい例が、自分の子供に対する両親のアドバイスです。

 

例えば、自分の息子がプロミュージシャンの夢を追いかけるため、会社員を辞めようと考えていたとします。それを聞くと両親は、必ず反対します。

 

なぜなら、両親には「自分の子供には失敗した人生を送って欲しくない」という気持ちがあるからです。いわえる、親心であり、息子の夢を邪魔しようとしている訳ではありません。

 

このように、本人のことを想っていても、結果としてドリームキラーの発言になってしまうケースも存在するのです。

 

 ドリームキラーは必ず現れる壁
私がIT業界で法人営業を行なっていたときの話です。思うような成果をあげることができなかった私は、土日の時間を使って無料で参加できる企業研修に参加していました。そのことを知った同僚は、茶化すようにこう言ってきたのです。

 

「へえ、休みの日に研修なんかに行っているのだ」

 

休日の日に真面目に研修に参加している私を小馬鹿にするような発言でした。それを聞いた私は、「研修に参加しているのは自分だけか」という想いがうまれ、参加するのを辞めようと考えました。

 

しかし、私は営業成績が徐々に伸びはじめていたこともあり、そのままスキルアップを続けたのです。その結果、私は大きく成長し、社内でトップの成績をおさめるまでになったのです。

 

このように、自分に近い人間ほど、あなたが夢を叶えることを嫌い、それを邪魔する発言をしてきます。見方を変えると、あなたがそのような発言を受けるということは、あなたが変わり始めている証拠でもあります。

 

つまり、自分の目標を達成する過程では、ドリームキラーは必ず表れるのです。

 

これを認識することで、ここで解説したドリームキラーの対処法を正しく理解することができます。

 

ドリームキラーには一切耳を貸してはいけません。たとえ、両親のアドバイスであっても、自分の夢を優先させなければいけません。これを徹底できる人だけが目標を達成できるのです。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業マンに必要なポジティブ思考
新人営業でも確実にスキルアップできる3つの学習メソッド
どのようにして「トップセールス」に必要なスキルを身につけるのか
営業マンが思考を変えて残業をゼロにする方法
営業として180度、生まれ変わるための学習メソッド
新人営業マンは何を目的にして働くべきか
買う買わないを決めるのはお客様であって営業マンではない
営業に向き不向きはなく、学んでスキルを身に付けることが可能
営業という仕事をいかに楽しむかを考える
頑張っているのに営業成績があがらない理由
口下手な営業マンでもお客様に好かれるコツ
逆算思考で営業予算を達成する方法
読書・セミナーで学んだノウハウを独自の営業スキルに変えるコツ
営業マンの部下を最速で成長させる上司のマネジメント手法
売れる営業マンと売れない営業マンは、一体なにが違うのか?
営業マンの予算達成を決定づける「顧客視点」の思考を理解する
仕事をスムーズにして、ストレスを軽減するための思考法
新人営業マンが、周囲の同期から一歩ぬけだすコツ
製品が売れた本当の理由を知ることで営業マンは成長する
営業の成長サイクル:営業成績が上がらない現状から抜け出す唯一の方法
営業職は自分なりの営業観(価値観)をもつ必要がある
自分に自信がない営業マンが確実に自信をつける方法
営業予算を継続的に達成するためのマインドの作り方
セールスの基本的な心構え:営業マンはお客様が購入して当たり前と考える
営業マンが年収をあげるためのコツ:仕事の質の考え方
営業マンが商談の結果から学ぶべきこと:成長につなげる思考法
営業で成長するための絶対条件「プライドを捨てること」
営業として成功するまでに必要な「努力」と「時間」を理解する
自社の製品を好きになって、営業成績をあげるコツ
給料以外のやりがいを見つけた人から給料が上がっていく
自分の失敗を認めることで営業マンは成長する
付き合う人を変えれば、営業として成功する環境が整う
成長が早い営業マンが身につけている3つの習慣
トップセールスマンに学ぶ「失敗」を成長に変える思考法

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ