営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

営業マンが必ず気をつけるべき間違えやすい敬語:3つのNGワード

 

お客様に商品を薦める立場の営業マンにとって、正しい敬語を使いこなすことは大切です。どれほど優れた製品でも言葉使いが間違っていれば、お客様の信頼を得ることはできません。

 

そして、間違えた敬語で会話を続けられると、お客様は不快感を抱きます。特に年輩の方は、若者の言葉使いが非常に気になる傾向があります。正しい敬語を使うことは、営業マンにとって必須となるビジネスマナーです。

 

そして、普段から正しい敬語を使うことを心がけてください。なぜなら、言葉というのは習慣だからです。お客様と会話をするときだけ意識しても、正しい敬語を使いこなすことはできないのです。

 

そこで、ここでは営業マンが使う敬語で特に間違いの多くいNGワードを3つ挙げて解説していきます。

 

1、「〜のほう」

 

私が多くの営業マンを見てきて、最も多い敬語の間違いが「〜のほう」という言葉です。例えば、次のような話し方です。

 

「お見積書のほうがコチラになります」

 

「納品日が決まりましたらお電話のほうをさせて頂きます」

 

本人にしてみれば、物事を丁寧に伝えようとしているのですが、言葉使いとしては正しくありません。営業マンによっては、クセになっていて多用している人も多いです。正しくは以下のようになります。

 

「お見積書がコチラです」

 

「納品日が決まりましたらお電話させて頂きます」

 

丁寧に伝えようと考え過ぎると、かえって相手を不快にさせてしまいます。あなたも普段の会話で使っていないか振り返ってみてください。

 

2、「〜でよろしかったでしょうか」

 

相手に物事の内容を確認するときの会話です。これも非常に多くの営業マンが使っているNGワードです。例えば、次のような使い方です。

 

「鈴木様もご参加されるということでよろしかったでしょうか」

 

「お見積書の提示は金曜日まででよろしかったでしょうか」

 

丁寧な言葉使いにしようとして、なぜか過去形になっています。現時点での内容を確認するときに過去形にする必要はありません。当然、敬語としても間違えています。正しい使い方は以下の通りです。

 

「鈴木様もご参加されるということでよろしいでしょうか」

 

「お見積書の提示は金曜日までよろしいでしょうか」

 

お客様との会話で、このような表現を使っていませんでしょうか。日々の営業活動を振り返ってみてください。

 

3、「〜になります」

 

特定の名詞を指すときに使われるNGワードです。これも多くの人が無意識に使っていますが、正しい表現ではありません。例えば、次のような話し方です。

 

「こちらが検収書になります」

 

「この商品の契約書がコチラになります」

 

本来、「〜になる」という言葉は、別の状態に変化するときに使われます。例えば、「マネージャーから部長になります」という使い方です。上記の例の場合、とくに変化が伴うわけではなく、言葉使いとしては間違いです。正しくは次の通りです。

 

「こちらが検収書です」

 

「この商品の契約書がコチラです」

 

多くの人は、「〜です」は言葉として短いので失礼ではないかと考えます。そのため、丁寧な言葉にしようと「〜になります」という表現を使っているのです。しかし、言葉使いとして間違っているので気をつけてください。

 

ここで挙げたNGワードは、営業マンの間違えでとくに多い言葉使いです。おそらく、あなたも普段のお客様との会話で使っているのではないでしょうか。お客様の信頼を損ねないためにも、普段の敬語を見直すようにしてください。


Sponsored Link

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業職の身だしなみ(男性)服装・スーツの選び方と着こなし術
営業職の身だしなみ(女性)服装・スーツの選び方と着こなし術
営業職の身だしなみ(男性・女性)ワイシャツの選び方と着こなし術
営業職の身だしなみ(男性・女性)髪型・へアースタイル
営業職の身だしなみ(男性・女性)クールビズの対応と着こなし術
営業職の身だしなみ:ネクタイの選び方と結び方
営業職の持ち物・アイテム小物:鞄・ビジネスバック
営業職の持ち物・アイテム小物:腕時計、手帳、名刺入れ
営業職の持ち物・アイテム小物:折り畳み傘、制汗剤、歯ブラシ
週一回の簡単お手入れ:革靴・シューズのメンテナンス方法
営業は見た目で決まる:お客様の信頼を勝ち取る外見を整える技術
営業マンに求められる名刺交換のビジネスマナーの基本を理解する
名刺交換で営業マンが必ず確認するべきひとつの項目
複数のお客様と名刺交換をしても、すぐに顔と名前を覚えるテクニック
複数人のお客様と名刺交換をしたときの有効な商談の進め方
お客様とエレベーターに乗るときの営業マンに必要とされるマナー
訪問先で営業マンが注意するべきビジネスマナー
打ち合わせで飲み物を出された時の営業マンの正しい3つの気遣い
長期休暇に入ってもお客様の信頼を失わない営業のビジネスマナー
SNSの有効な使い方と営業マンが守るべきビジネスマナー
営業職のビジネス会話:商談に必要とされる会話のマナーを身につける
敬語のビジネスマナー:お客様への正しい言葉遣いを理解する
営業マンのビジネス会話:敬語(尊敬語と謙譲語)を正しく理解する
「クッション言葉」によりビジネス会話をスムーズにする技術
「美化語」によりお客様に好印象を与える営業マンの会話術
顧客に信頼される正しいビジネス会話を身につける秘訣
態度で示す会話のビジネスマナー:お客様に好かれる具体的メソッド
9割の営業マンが知らない電話応対のビジネスマナー
お客様の携帯電話に直接かけるときに注意するべき3つのポイント
社内の同僚が電話をしているときの営業マンのビジネスマナー
商談における携帯電話のマナー:営業マンに求められる気使い
携帯・スマートフォンからお客様へメールするときのビジネスマナー
メールの基本マナー:お客様から返信がこない本当の理由
メール誤送信対策:お客様との信頼関係を守る小さな習慣

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ