営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

自社セミナーの参加者を優良な見込み客に変える3つのポイント

 

法人営業において、自社で開催したセミナーの参加者にアプローチすることは有効です。セミナーに参加したのであれば、自社の製品やサービスに興味を持っているからです。つまり、参加したお客様は、見込み客であるということができます。

 

しかし、もちろんセミナーが終わった後に、アプローチを行なわなければ商談に発展することはありません。参加者に対して個別にフォローすることで、優良な見込み客へ変えることができるのです。

 

ただ、参加者のフォローするときにも、そのお客様にあった効果的で正しいやり方を選ばなければいけません。アプローチの方法を間違ってしまっては、せっかくの優良な見込み客を自ら逃してしまうようなものだからです。

 

そこで、ここでは自社セミナーに参加したお客様に対してフォローする際の3つのポイントについて解説していきます。

 

 1)熱が冷める前にアプローチ
最も重要なポイントが、セミナーが終わってから時間を空けないことです。お客様がわざわざ時間をとってくれたということは、その内容に興味を持っている証拠です。そして、その興味の度合いは、セミナーに参加している瞬間が最も高まっていると考えてください。

 

そして、セミナーが終了してから、お客様の関心は徐々に薄れていきます。だからこそ、時間を空けずにアプローチすることが重要なのです。

 

そのため、少なくても3営業日以内には、電話やメールでコンタクトを取ってください。私が法人営業を行っていたときは、セミナー当日に「お礼のメール」だけを送るようにしていました。そして、受講した講演内容に関する質問を、そのメールの返信で受けれるようにしていました。

 

こうすることで、お客様が感じている悩みや疑問を逃さずにフォローしていたのです。

 

前述のとおり、お客様の関心はセミナーに参加している時点が最も高まっています。だからこそ、その直後に質問をしやすい環境を与えてあげるのです。

 

もちろん、セミナーで説明した商品やサービスに対する質問の受け答えをすることで、商談に発展する可能性が高まることは言うまでもありません。商談を掘り起こすという目的を明確にして、営業マンは参加者のフォローを行ってください。

 

 2)個別にアプローチを行う
二つ目のポイントは、個別にお客様のフォローを行うことです。よくあるケースが、数多くの参加者がいたために、一斉送信のメールで連絡してしまうことです。ただ、これは絶対にやってはいけません。

 

なぜなら、一斉に送られてメールであることに、お客様は簡単に気が付くからです。

 

例えば、逆の立場になって考えてみてください。あなたは自分の名前すら書かれていない一斉送信メールをもらって嬉しいでしょうか。明らかに手を抜いている感じがして、良い気分にはならないはずです。

 

このようなメールで連絡を受けても、返信する気にはならないものです。つまり、アポイントが取れることはないし、商談に発展することはありません。どのようにしたら、お客様からメールの返信がきて、アポイント取得につながるかを考えなければいけません。

 

そのたえめ、セミナー参加者にメールでフォローするときは、必ず個別に送るようにしてください。

 

 3)さらなるメリットの提示
最後のポイントは、個別にアポイントを取るときには、さらなるメリットを提示することです。お客様はセミナーでひととおりの話を聞いているため、同じような話を聞きたいとは思いません。

 

そのため、セミナーでは得ることができなかった新たなメリットを提供する必要があります。そうすることで、お客様の関心を高め、アポイントが取得できる確率が高まります。

 

例えば、セミナーでは話すことのできなかった他のお客様の事例や導入効果などです。既に商品を使っているお客様の「選定した理由」や「実際の使い方」などは、その商品に興味をもっているお客様にとっては非常に有益な情報になります。

 

このような、価値のあるメリットをさらに提供してあげることで、アポイントが取れやすくなります。あなたの会社が実施したセミナーでは、どのようなメリットをさらに提示できるかを考えてください。そうすることで、確実にアフターフォローが実施でき、商談の発展につなげることができます。

 

このように、セミナー参加者のアフターフォローを実施する際は、いくつかの重要なポイントが存在します。そして、セミナー参加者を「見込み客」に変えるには、その後のフォローで決まることを理解してください。

 

優良な見込み客から確実に商談に発展させるために、ここで解説した3つのポイントは必ず実施するようにしてください。


Sponsored Link

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

個人営業と法人営業の違いから、法人営業の攻略ポイントを理解する
法人営業はソリューション営業から課題解決型営業へ
「会うのが難しい担当者」こそ、攻略しなければいけない本当の理由
お客様の稟議が止まっているときに必要な営業マンのアプローチ
ボトルネックへの対処法:法人営業でクロージングを確実にする秘訣
法人営業の攻略の鍵を握る、予算計画とスケジュールを把握する
影響者(インフルエンサー)を攻略して法人営業の成約率を高める
法人営業戦略の基本:キーマンに合わせた商談の進め方を理解する
「競合他社に製品で勝てない」と感じたときの法人営業の対処法
法人顧客のキーマンを戦略的に攻略するテクニック
顧客の「あるべき姿」を理解することで法人営業は上手くいく
法人営業で購買プロセスの「登場人物をおさえる」ことの重要性
確実に法人営業の新規開拓を成功させる2ステップ
法人営業の新規開拓を成功に導く競合他社との差別化の手法
飛び込み営業を成功に導く法人営業の新規開拓メソッド
BtoBコミュニケーションにより顧客とのインフラ環境を構築する
「お客様の声」により継続的に売上をあげる法人営業のメソッド
法人営業で永続的なリピート契約を実現させる仕組みの作りかた
「選択と集中」の営業戦略によりロイヤルカスタマーを創造する
代理店の営業戦略:メーカー担当者を味方につけるメソッド
優良なターゲット顧客を見つけ出す3つのアプローチ手法
展示会やセミナー参加者への効果的なアフターフォロー

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ