営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

忙しくて時間がない営業マンが読書の習慣を身につける思考法

 

読書の習慣を身につけることで、さまざまなことを勉強できます。本を出版できるのはそれなりの実績を残した人であるため、学べることは多いです。

 

本を読むことのメリットは、知識やアイデアが増えるだけではありません。多くの文章を読むことで、語彙力や表現力も向上させることができます。このように、読書をすることは人間としての素養を高めてくれます。

 

しかし、「読書の大切さは理解できるが、実際に本を読むまでには至らない」という人は多いです。そこで、ここでは読書を習慣化するための工夫について話をしていきます。

 

 「本を読む時間がない」という人の原因を考える
私は年間で約300冊もの本を読んでいます。全て書店やネットで購入しますので、それなりの書籍代がかかります。なぜ膨大な費用を払って読書をするのかというと、それに見合ったリターンがあるからです。

 

自分のビジネスに関連のある本を読むことで、成功するためのヒントを得ることができます。営業マンであればセールストークやテレアポの手法など、そのまま取り入れることができます。実際に私が行ってきて、その絶大な効果を実感しています。

 

そのため私は、仲の良い友人などには読書を勧めます。しかし、多くの人から次のような返事が返ってきます。

 

「読書が重要なのは分かるけど、忙しくて読んでいる時間がない」

 

毎日仕事で忙しくて、じっくりと本を読む時間がないというのです。しかし、実際は逆です。私に言わせると、「本を読まないから時間がない」のです。

 

それは、他人の経験から学んでいないからです。例えば、ビジネス書には既に仕事で成果をあげた人のノウハウやアイデアが詰まっています。それを自分の仕事に取り入れれば良いのです。

 

うまくいった人のやり方を真似ることで、あなたもうまくいく確率が高まります。自分で考えながら行動するよりも、成功者の手法を取り入れることで時間を短縮することができます。ゼロから試行錯誤するから、仕事がうまく進まず時間がかかるのです。

 

自分ひとりの考え方やアイデアには限界があります。さらに、仕事に行き詰まると柔軟な考え方ができなくなり、一向に打開策が見つからないことがあります。だからこそ、他人の違った考え方を知っておくことが有効なのです。

 

つまり、書籍からさまざまなアイデアを取り入れることで、あなたの仕事を効率化させるのです。「本を読む時間がない」という人は、仕事の効率が悪いために時間がなくなっていることに気づかなければいけません。

 

このように考えると、読書はビジネスの有効なスキルアップの手段であることが分かります。そして私は、この効果を強く実感しています。だからこそ私は、多額の費用を支払って、年間に300冊もの本を購入しているのです。

 

ビジネスにおけるスキルアップを目的として、あなたも読書の習慣を身につけるようにしてください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ