営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

営業スキルを向上させるAmazonサイトの活用術

 

インターネットの普及により、ネットから本を買うことができます。忙しいサラリーマンにとっては、24時間オープンのネット書店は非常に助かります。実際の書店に置いてなかった書籍でも、ネットショップに在庫があれば3〜4日で手にすることができます。

 

ネットショップの大手であるAmazonは、品揃えも豊富で送料が無料であり、とても便利なサービスです。しかし、営業マンはただ便利なだけで終わらせてはいけません。

 

営業マンにとっての読書は、スキルアップが目的であるからです。ここでは、私が行っているAmazonショッピングサイトを活用して、営業スキルを磨く方法を紹介します。

 

 あなたの悩みを解決してくれるネット書店
私が考えているネットショップの最大のメリットは、「検索」ができることです。それが、営業スキルの向上に繋がります。

 

例えば、日々の営業活動で「お客様とのうまく話すことが苦手である」と感じているとします。その答えを、ネット書店の中に探し求めます。

 

例えば、「営業 会話」とキーワードを入れて検索します。そうすると、数百冊もの関連書籍が出てきます。膨大な量が表示されるため、あなたの仕事に応用できる本を選びだすことができます。ここにネット書店のメリットがあります。

 

実際の書店では、自分の仕事に合うテーマが見つからないことがあります。例えば、法人営業をしているのに、保険営業マンのノウハウ本は意味がありません。

 

そして、検索結果にでてきた本に、あなたが抱えている悩みの解決策が書かれています。その中から、2〜3冊選んで購入します。それを読むことで、あなたが求めている答え、もしくはそのヒントを掴むことができます。

 

私が営業を始めたころ、「お客様の前でうまく話すことができない」というコンプレックスがありました。打ち合わせでは、すぐに話すことが無くなり、いつも辛い思いをしていました。お客様と良好な関係を築くこともできず、成績も振るいませんでした。

 

そこで、「営業マンの会話について書かれた本を、重点的に読んでみよう」と考えたのです。

 

そして利用したのがAmazonです。まさに前述したとおり、「営業 会話」という検索ワードで表示された書籍の中から5冊を選び、一度に購入しました。そして、一気に読み続けたのです。

 

「同じような本をいくつも読んでも意味がない」と思うかもしれません。しかし、そんなことはありません。むしろ、「同じ本」だからこそ意味があるのです。

 

5冊も同じテーマの書籍を読んでいると、必ず重複している知識やスキルが出てきます。それは、どの著者も認めている、「重要なポイント」であると捉えることができます。それを学ぶことができるのが、ジャンル集中による読書の効果です。

 

そして、私が5冊の書籍から学んだことは、「営業は話すよりも、聞くことが大切」という基本原則です。

 

これを学んだことで、お客様に会いに行くのが怖くなくなりました。「自分が話をしなければいけない」という間違った認識が無くなったからです。そして、「いかにお客様に話をしていただくか」という思考に変わったのです。

 

さらに、お客様の考えを聞き出すことに、強く意識が向くようになりました。その結果、的確にニーズを把握できることが増え、徐々に商談がうまれるようになったのです。

 

このように、テーマを絞り、数冊の本を集中して読むことで、その分野のスキルを強化することができます。例えば、時間管理に悩んでいれば、タイムマネジメントの書籍から学びます。部下の教育に悩んでいれば、リーダーシップの本にヒントを求めます。

 

営業マンの読書は、趣味や暇潰しではありません。スキルの向上に必要なトレーニングです。

 

ここで解説したAmazonサイトの活用法を参考にして、読書により営業スキルを伸ばす手法を身につけてください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ