営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

イエス・バット話法:お客様の反論に対する営業マンの正しい対処法

 

営業マンが商品の提案をしているとき、お客様に反論されるときがあります。ただ、お客様の考え方や嗜好にあわないければ受け入れられないのは当然のことです。

 

しかし、お客様に拒否をされたままでは、営業マンの話に耳を向けてはくれません。何とか工夫をして、こちらの提案を聞いてくれるようにしなければいけません。

 

このとき、有効なテクニックが「イエス・バット話法」です。イエス・バット話法とは、一旦は相手の意見を受け入れてから、自分の提案を主張するコミュニケーションのメソッドです。

 

ここでは、この「イエス・バット話法」による、お客様に反論されたときの営業マンの正しい対処法について解説していきます。

 

 売り込もうとするほど失敗する
商品を紹介しようとすると、あからさまに拒否をする人がいます。例えば、「私は保険には興味がないので結構です」というようなお客様です。

 

このとき、多くの営業マンはお客様を何とか説得をしようと試みます。そのため、断っているにもかかわらず、何とか話を聞いてもらおうとします。しかし、これはただの売り込みに過ぎません。例えば、次のような言い方です。

 

「いえ、そうのようなことはおっしゃらず、とりあえず話だけでも聞いてください」

 

このように、相手の反論に対して真っ向から反対すると、お客様は不快な思いを感じます。自分の意見を頭ごなしに反対されると、誰でも良い思いはしないものです。

 

そこで、「お客様の反論」に対して、一旦は肯定(YES)で受け入れてあげるのです。そうすることで、お客様は営業マンの話を聞く姿勢になってくれます。その状況になってから、こちらの反論(BUT)を主張するように会話を進めていくのです。

 

 相手の聞く姿勢を作る
具体的な例をあげて、解説をしていきます。例えば、携帯電話の販売員です。オプションの料金プランを提案したとき、お客様が次のように拒否をしたとします。

 

「いえ、あまり通話はしないのでオプション・プランは興味がありません」

 

このとき、「イエス・バット話法」により一旦は、お客様の意向を受け入れてあげるのです。例えば、次のような話し方です。

 

「そうですよね。お客様と同じように通話をほとんどしないお客様は多いのですよ」

 

このように、お客様の反論を全面的に受け入れるのです。そして、その後にこちらの意見を主張するのです。例えば、次のように会話を続けます。

 

「ただ、通話が少ない人でも割引プランの内容を聞いてもらうと、実はほとんどのお客様が加入してもらっているのです」

 

このように、相手の反論を一旦は受け入れてから、自分の反論を行うようにします。そうすることで、お客様も気分を悪くすることなくコミュニケーションを続けることができます。これにより、「話だけなら聞いてもいいかな」というように感じさせることができます。

 

どのような製品であっても、お客様の意見や趣向に合わないことがあります。そのため、営業マンに提案に対して拒否をすることは珍しいことではありません。

 

しかし、お客様が商品やサービスに対して反論したときは、頭ごなしに否定をしてはいけません。「そのように言わずに…」というように反論すると、かえってお客様は背をそむけてしまいます。

 

そこで、一旦はお客様の拒否を、「YES」で受け止めるようにしてください。そうすることで、お客様もこちらの話に興味を持ってくれます。その後に反論を続けることで、初めて商品を提案できるようになるのです。

 

ここで解説したイエス・バット話法を身につけて、お客様の反論に対処して、自分のペースで提案を行えるスキルを身につけてください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業マンに求められるコミュニケーションとは
なぜ、お客様との「コミュニケーション・ミス」が生まれるのか
お客様の沈黙が長いほど商談が成功する理由
コミュニケーションのミスを無くして、お客様と信頼を築く方法
お客様に製品の良さが伝わらないのは営業マンに責任がある
営業マンの会話の基本:お客様に気持ちよく話をしてもらうコツ
お客様が話したい話題でどれだけ盛り上がることができるか
会話の「根っこ」を掴むことでお客様との信頼関係を築く
営業マンに求められる積極的に聞く姿勢
お客様を惹きつける営業マンの話し方
営業マンのヒヤリングのマナー:お客様にリアクションを返す
お客様の自尊心を高めて信頼関係を構築する営業マンの聞く技術
IメッセージとYOUメッセージ:迷っているお客様を決断に導く話し方
営業マンに必要な「論理的に話す能力」を理解する
結論から先に:自分の言いたいことを相手に明確に伝える技術
データを用いた数値化により、提案の説得力を格段に高める方法
他者意識:なぜ、あなたの「言いたいこと」は伝わらないのか
パラフレージング:お客様の本音を逃さないコミュニケーション技術
お客様の心を動かす「製品知識」を身につける方法
アイスブレイクの重要性
初回訪問でお客様と共通話題を必ず見つけるアイスブレイクの極意
アイスブレイクのコツ:お客様と趣味があわないときの対処方法
どんなお客様とも盛り上がる営業マンの話題・雑談ネタの集め方
営業マンが雑談ネタを選ぶときの基本マナーを理解する
営業マンに必要な、話のネタを作って雑談力を高める方法
同じお客様でも会話が盛り上がる、営業マンの雑談ネタの作り方
雑談が苦手な営業マンが苦手意識を克服する方法
営業マンに必要なアイスブレイクの基本を理解する
営業マンのアイスブレイクで必要とされる「お客様への気配り」を理解する

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ