営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

データを用いた数値化により、提案の説得力を格段に高める方法

 

プレゼンテーションには説得力が必要です。いくら正しいことを話していても、相手が実感できなければ意味がありません。十分に納得させなければ、お客様の行動に変化を与えることはできないからです。

 

説得力を高めるためには、話に具体性を持たせることが重要です。そして、あなたの主張の根拠として、データ(数値)を提示することはとても有効です。

 

ここでは、数値化することでプレゼンの説得力を高める手法について解説します。

 

 数値による導入効果の見える化
私がIT業界で営業をやっていたときに、良く行っていた方法が「データを活用する」ことです。提案するシステム開発などは、どれも高額なサービスばかりです。そのため、十分な導入効果が見込めないとお客様は検討してくれません。

 

例えば、「業務システムを導入することで作業時間を短縮できます。現在の残業時間を減らすために導入を検討しませんか」と提案します。このとき、「システム導入による残業時間の削減」というメッセージは非常に明快です。

 

しかし、「残業時間が減る」という提案の根拠に客観性が乏しく、説得力に欠けます。そのため、システム導入を提案するための、取って付けた理由のように感じ取られることがあります。そこで、業務システムの効果を数値化することで具体性を高めるのです。

 

例えば、次のような説明になります。

 

「業務システム導入により貴社の残業時間を毎月45時間減らすことが可能です」

 

さらに、削減できる残業時間の計算根拠を提示します。例えば、次のように説明を続けていきます。

 

「他社で導入したところ残業時間を50時間から20時間へ短縮できております。つまり、60%を短縮できたことになります。貴社の残業が合計75時間ですので、60%にあたる45時間を削減できるという計算になります」

 

このように、数字の根拠を明確にすることで、説得力を格段に高めることができます。

 

 具体性のある根拠がお客様を納得させる
また、数字による効果を発展させることで、提案の根拠をより強いものにすることができます。例えば、投資対効果を数値化することです。先ほどのケースであれば、次のような説明になります。

 

「月に45時間ですから年間で540時間の削減です。仮に残業代が1時間あたり1,500円と計算した場合、年間で81万円の削減ができることになります。このシステム導入費が230万ですので3年間で回収できることになります」

 

このように、可能な限りお客様のメリットを数字に置き換えて表現します。数値によるデータをつけることで、客観性という観点から説得力が高まります。さらに、この投資対効果をグラフや図にすることで訴求力の高い提案資料にすることができます。

 

・コスト削減による投資対効果

データを用いた数値化により、提案の説得力を格段に高める方法

 

営業マンの主観的な主張だけではなく、客観的な根拠があることで信用度が高まります。そのため、プレゼンテーションを行うときは、根拠に具体性を持たせることが大切です。

 

商品やサービスのメリットを数値化できるのであれば、必ずお客様に提示するようにしてください。数字というデータは、客観性や具体性という面から説得力が高いからです。

 

ここで解説した「数字による具体化の手法」を身につけて、誰もが納得する提案を行うようにしてください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業マンに求められるコミュニケーションとは
なぜ、お客様との「コミュニケーション・ミス」が生まれるのか
お客様の沈黙が長いほど商談が成功する理由
コミュニケーションのミスを無くして、お客様と信頼を築く方法
お客様に製品の良さが伝わらないのは営業マンに責任がある
営業マンの会話の基本:お客様に気持ちよく話をしてもらうコツ
お客様が話したい話題でどれだけ盛り上がることができるか
会話の「根っこ」を掴むことでお客様との信頼関係を築く
営業マンに求められる積極的に聞く姿勢
お客様を惹きつける営業マンの話し方
営業マンのヒヤリングのマナー:お客様にリアクションを返す
イエス・バット話法:お客様の反論に対する営業マンの正しい対処法
お客様の自尊心を高めて信頼関係を構築する営業マンの聞く技術
IメッセージとYOUメッセージ:迷っているお客様を決断に導く話し方
営業マンに必要な「論理的に話す能力」を理解する
結論から先に:自分の言いたいことを相手に明確に伝える技術
他者意識:なぜ、あなたの「言いたいこと」は伝わらないのか
パラフレージング:お客様の本音を逃さないコミュニケーション技術
お客様の心を動かす「製品知識」を身につける方法
アイスブレイクの重要性
初回訪問でお客様と共通話題を必ず見つけるアイスブレイクの極意
アイスブレイクのコツ:お客様と趣味があわないときの対処方法
どんなお客様とも盛り上がる営業マンの話題・雑談ネタの集め方
営業マンが雑談ネタを選ぶときの基本マナーを理解する
営業マンに必要な、話のネタを作って雑談力を高める方法
同じお客様でも会話が盛り上がる、営業マンの雑談ネタの作り方
雑談が苦手な営業マンが苦手意識を克服する方法
営業マンに必要なアイスブレイクの基本を理解する
営業マンのアイスブレイクで必要とされる「お客様への気配り」を理解する

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ