営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

お客様に製品の良さが伝わらないのは営業マンに責任がある

 

営業マンは、自分の話がお客様に伝わっているかどうかを感じ取る必要があります。相手の表情やしぐさから、それを読まなくてはいけません。常に、「趣旨が伝わっているか、伝わっていないか」を意識しながら話すことです。

 

多くの営業マンは、自分の説明でお客様は理解してくれていると勘違いをします。そのため、相手に正確に意思を伝えようとする努力をおこないません。

 

しかし、あなたの伝えたいことが、完全にお客様に届くことはありません。営業マンに求められるコミュニケーションは、これを理解することから始まります。

 

 売れない営業マンほど相手の反応を見ていない
多くの営業マンが、製品の説明に多くの時間を使います。「製品の良さを伝えて、何とか買ってもらいたい」という自分の思いが強いからです。

 

なかには、セールストークの練習までする人もいます。そのため、とにかく話さないと気がすまないのです。相手に興味がなくても、自分の都合で話を続けてしまいます。

 

しかし、コミュニケーションは一方通行では成り立ちません。

 

そこで、「今のはどういう意味だろう?」とお客様が感じていることに、気づくことが重要です。話が通じていないことを、相手の反応をみて把握するのですそこから、双方向のコミュニケーションが始まります。

 

例えば、次のように確認することができます。

 

「ファックス機能ですが、先ほどの私の説明で、ご理解いただけましたでしょうか」

 

こうすることで、お互いの意思の疎通が可能になります。そのため、製品の説明をおこないながら、しっかりとお客様に目を向けておく必要があります。わずかな感情の動きでも、感じ取れるようにしておかなければなりません。

 

例えば、ダメ営業マンからは、次のような愚痴がよくでてきます。

 

「ひと通り説明しているのに、どうして分かってくれないのだろうか」

 

これは、お客様に目を向けていないために起こる勘違いです。お客様を意識していないため、相手が理解していないことに気づけないのです。お客様の反応に目を向けない限り、コミュニケーションが成立することはありません。

 

 相手の考えは自分とは違う
考え方は、その人によって異なります。過去の体験や環境、物事の捉え方によって、違いがでます。そのため、あなたが思っているとおりに、お客様も考えているとは限りません。

 

例えば、商品の価格です。あなたが思う「安い」金額を提示していても、お客様は「高い」と感じることがあります。それは、その製品と値段に対する考え方が、お互いで異なるからです。

 

このようなズレが生じているにもかかわらず、話を進めても何も伝わりません。さらに、自分とは違う視点で会話を続けられると、お客様はストレスを感じます。そのため、「相手も同じ認識でいるか」ということに対して、敏感になる必要があります。

 

そこで営業マンは、「お客様の意見は、自分とは違う」という前提で話を進めるべきです。そうすることで、「相手の意思をしっかりと把握しながら進める」という意識がうまれます。

 

例えば、「すでに複合プリンターを持っているということで、これから購入するコピー機には、スキャン機能は必要ないと考えています。この認識で間違いないでしょうか」としっかりと相手の意思を確認することができます。

 

特に、製品選定や価格、導入時期といった、商談を大きく左右するポイントでは、確実に相手の考えを受け止めるようにします。

 

これが、コミュニケーションの密度を濃いものにします。

 

お客様との間でコミュニケーションのミスがあれば、それは営業マンの責任です。お客様の貴重な時間をいただいて、話をさせて戴いているのです。その商談における責任は、全て営業マンにあると捉えることが正しい考えです。

 

コミュニケーションでは、考え方や価値観の違いによる「ズレ」は必ず発生します。それを前提としたうえで、「ズレ」を極力なくすための努力が営業マンには求められます。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業マンに求められるコミュニケーションとは
なぜ、お客様との「コミュニケーション・ミス」が生まれるのか
お客様の沈黙が長いほど商談が成功する理由
コミュニケーションのミスを無くして、お客様と信頼を築く方法
営業マンの会話の基本:お客様に気持ちよく話をしてもらうコツ
お客様が話したい話題でどれだけ盛り上がることができるか
会話の「根っこ」を掴むことでお客様との信頼関係を築く
営業マンに求められる積極的に聞く姿勢
お客様を惹きつける営業マンの話し方
営業マンのヒヤリングのマナー:お客様にリアクションを返す
イエス・バット話法:お客様の反論に対する営業マンの正しい対処法
お客様の自尊心を高めて信頼関係を構築する営業マンの聞く技術
IメッセージとYOUメッセージ:迷っているお客様を決断に導く話し方
営業マンに必要な「論理的に話す能力」を理解する
結論から先に:自分の言いたいことを相手に明確に伝える技術
データを用いた数値化により、提案の説得力を格段に高める方法
他者意識:なぜ、あなたの「言いたいこと」は伝わらないのか
パラフレージング:お客様の本音を逃さないコミュニケーション技術
お客様の心を動かす「製品知識」を身につける方法
アイスブレイクの重要性
初回訪問でお客様と共通話題を必ず見つけるアイスブレイクの極意
アイスブレイクのコツ:お客様と趣味があわないときの対処方法
どんなお客様とも盛り上がる営業マンの話題・雑談ネタの集め方
営業マンが雑談ネタを選ぶときの基本マナーを理解する
営業マンに必要な、話のネタを作って雑談力を高める方法
同じお客様でも会話が盛り上がる、営業マンの雑談ネタの作り方
雑談が苦手な営業マンが苦手意識を克服する方法
営業マンに必要なアイスブレイクの基本を理解する
営業マンのアイスブレイクで必要とされる「お客様への気配り」を理解する

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ