営業・セールスを「学問」として体系的に学ぶ

営業マンに必要な「論理的に話す能力」を理解する

 

自分の考えを相手に伝える能力は、ビジネスにおいて重要です。どんなに良いアイデアがあっても、他人が理解できなければ意味がありません。しかし、自分の言いたいことを正確に伝えるのは、とても難しいことです。

 

そこで、重要になるのが論理的に伝える力です。論理的に話すことで説得力が高まり、相手を動かすことができるのです。これは、ビジネスで必須とされる能力です。

 

そこで、論理的に話すことの重要性について、以下の動画で解説しましたので確認してください。

 

 

 「論理的に話す」とは何か
論理的に話すとは、自分の言いたいことを筋道を立てて明確に伝えることです。そうすることで、難しいことも分かりやすく説明することができます。他人を説得し、行動させることが求められるビジネスでは必要不可欠な能力です。

 

論理的に話をする目的は、思いやメッセージを相手に正確に伝えることにあります。そのためには、話の主旨(結論)とその根拠を相手に理解してもらう必要があります。

 

ただ単に言いたいことを伝えても、そこに説得力がなければ相手の心を動かすことはできません。納得してもらうために、根拠をしっかりと伝えるのです。理由付けをすることで、訴求力の高い主張を行うことができます。

 

また、根拠を述べるときは、客観的な事実やデータを使うことで説得力が高まります。あなたの個人的な意見では、信ぴょう性が低いからです。例えば、次のような言葉でプレゼンテーションを行えば、どのように感じるでしょうか。

 

「このように考えるのが当たり前ですので」
「個人的にどうしてもこのプランで実施したい」

 

このような話し方で、聞き手を信用させることができるでしょうか。自分の思い込みで主張したり、感情的に話をしたりしても、相手を納得させることはできません。根拠を明確にして、筋道をたてて伝えることで、プレゼンに説得力がうまれるのです。

 

例えば、次のような説明です。

 

「この複合型コピー機によってコスト削減が可能です。実際に導入した5社で調査したところ、トナー代が年間で15%下がったというデータがあります」

 

このように、論理的に話すことはビジネスではとても重要です。このスキルによって、仕事の成果に大きな差がうまれます。「自分の思いを相手に伝える」ことがビジネスの基本だからです。

 

そして、論理的に伝えるには技術が必要です。これは、基礎を学び、訓練することで誰でも習得することが可能です。ビジネスでの成果を最大限に高めるために、論理的に話す能力を身につけるようにしてください。

 

 なぜ論理的に話すことが重要なのか
営業活動において、自分の意思を的確に伝えることはとても重要です。提案書、プレゼンテーション、交渉など、自分の思いをお客様に伝えるケースが営業では多いからです。

 

あなたの主張が明確で、根拠がしっかりとしていれば説得力が高まります。営業マンの話に納得することで、お客様は購買意欲が湧いてくるのです。論理的に話す能力は、営業活動において必須スキルであるということができます。

 

また信頼関係にも大きく影響をします。相手が理解しやすいように整理をして話をしないと、あなたの考えは伝わりません。説明がまわりくどく、結論が曖昧だと何も理解してもらえません。論理的に話すことができないと、次のような印象を持たれてしまいます。

 

「何を言いたいのか伝わってこない」
「この人の説明を聞いても分からない」

 

このような人と、あなたは一緒に仕事をしたいと思うでしょうか。お客様であれば、このような営業マンからは物を買おうとは考えないはずです。論理的なコミュニケーションが取れない人は、信頼されにくいのです。

 

論理的に話すことで説得力が高まり、相手を動かすことができます。どんなビジネスでも、必須となる能力だといえます。論理的に話すことの重要性を理解して、そのスキルを身につけるようにしてください。

営業を学ぶ無料メールマガジン:営業学





Facebookもチェック

関連ページ

営業マンに求められるコミュニケーションとは
なぜ、お客様との「コミュニケーション・ミス」が生まれるのか
お客様の沈黙が長いほど商談が成功する理由
コミュニケーションのミスを無くして、お客様と信頼を築く方法
お客様に製品の良さが伝わらないのは営業マンに責任がある
営業マンの会話の基本:お客様に気持ちよく話をしてもらうコツ
お客様が話したい話題でどれだけ盛り上がることができるか
会話の「根っこ」を掴むことでお客様との信頼関係を築く
営業マンに求められる積極的に聞く姿勢
お客様を惹きつける営業マンの話し方
営業マンのヒヤリングのマナー:お客様にリアクションを返す
イエス・バット話法:お客様の反論に対する営業マンの正しい対処法
お客様の自尊心を高めて信頼関係を構築する営業マンの聞く技術
IメッセージとYOUメッセージ:迷っているお客様を決断に導く話し方
結論から先に:自分の言いたいことを相手に明確に伝える技術
データを用いた数値化により、提案の説得力を格段に高める方法
他者意識:なぜ、あなたの「言いたいこと」は伝わらないのか
パラフレージング:お客様の本音を逃さないコミュニケーション技術
お客様の心を動かす「製品知識」を身につける方法
アイスブレイクの重要性
初回訪問でお客様と共通話題を必ず見つけるアイスブレイクの極意
アイスブレイクのコツ:お客様と趣味があわないときの対処方法
どんなお客様とも盛り上がる営業マンの話題・雑談ネタの集め方
営業マンが雑談ネタを選ぶときの基本マナーを理解する
営業マンに必要な、話のネタを作って雑談力を高める方法
同じお客様でも会話が盛り上がる、営業マンの雑談ネタの作り方
雑談が苦手な営業マンが苦手意識を克服する方法
営業マンに必要なアイスブレイクの基本を理解する
営業マンのアイスブレイクで必要とされる「お客様への気配り」を理解する

サイトマップ
HOME メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ